小規模宅地等の特例の「同居要件」とは? 住民票を移すだけではNG・単身赴任はOK
相続税対策

小規模宅地等の特例の「同居要件」とは? 住民票を移すだけではNG・単身赴任はOK

相続税の小規模宅地等の特例は節税効果が大きいので、使えるのであればぜひ使いたい特例です。自宅の敷地に適用する場合は、宅地を相続する人が「配偶者」、「同居していた親族」、「持ち家のない親族」であることが必要です。 ここでは「同居していた親族」が相続する場合に着目して...
記事の続きを読む