Tanuj_handa / Pixabay
その他

共有地を地積規模の大きな宅地として評価する方法

面積が広い宅地の相続税評価の方法として、平成30年1月1日から「地積規模の大きな宅地の評価」が適用されています。 地積規模の大きな宅地の評価を適用するには、宅地の面積が一定以上あることが必要です。宅地を共有している場合は、各自の持分の面積で判定するか全体の面積で判...
記事の続きを読む