相続税申告

相続税の税務調査で通帳は何年分まで遡って見られる!?
相続税申告

相続税の税務調査で通帳は何年分まで遡って見られる!?

相続税の税務調査で、税務署は亡くなった人(被相続人)の生前の財産状況を調べます。 税務署の財産の調べ方としては、税務署内で蓄積した情報や金融機関への調査です。 金融機関への調査を行うことで、税務署は、過去10年前まで遡って、預金の移動を調査することが可能です。 ...
記事の続きを読む