教育資金贈与は令和3年まで延長!一部が相続税3年内加算に改定

教育資金贈与は令和3年まで延長!一部が相続税3年内加算に改定

教育資金贈与とは、0歳~30歳までの直系卑属(子・孫・ひ孫)に、直系尊属(父母・祖父母・曾祖父母)が信託などによって教育資金を一括贈与することを言います。

受遺者1人あたり最大1,500万円(習い事などは最大500万円)まで非課税となるため、相続税対策としても注目を集めています。

教育資金贈与は2021年3月31日まで2年延長が決定しましたが、2019年4月1日以降は「一部の教育資金贈与は相続税3年内加算の対象になる」と税制改正されました。

この仕組みを知らずに相続税対策として教育資金贈与をした場合、相続税の課税対象になる可能性があるので、課税される対象になる条件などを詳しく知っておきましょう。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

1.教育資金贈与の一部が相続税3年内加算の対象に税制改正

教育資金贈与は当初2019年3月31日で終了予定でしたが、2年延長が決定され、2020年3月31日終了予定となりました。
同時に税制改正も行われ、「2019年4月1日以降の教育資金贈与の一部に相続税が課せられる」という項目が追加されました。

国税庁公式パンフレット抜粋
【引用:国税庁公式パンフレット「祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし(令和元年5月)」】

原文が少し難しいのですが、分かりやすく言うと「教育資金贈与から3年以内に贈与者死亡により相続が発生し、一定の条件を満たさない場合、管理残高は相続税の課税対象になる」です。

教育資金贈与の相続税3年内加算について、詳しくはこの記事内で解説していきます。

今から教育資金贈与をしても、確実に相続税の課税対象とならない受遺者の人物の条件をまとめました。
というのも、裏を返せば「相続発生時に条件さえクリアしていれば相続税3年内加算の対象にはならない」ためです。
これから教育資金贈与を相続税対策に利用しようかと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

教育資金贈与をおすすめできる人

また、2019年4月1日以降の教育資金贈与に関しては、「受遺者の所得1,000万円以下」という所得制限も追加されています。
教育資金贈与の詳細や改正による変更ポイントについて、詳しくは以下のページをご覧ください。

<関連記事>教育資金を贈与するなら、普通の贈与?教育資金の一括贈与?
<関連記事>教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置制度の見直し~Q&Aの改訂

1-1.教育資金贈与から3年以内に相続発生すれば相続税3年内加算

教育資金贈与から3年以内に相続が発生すれば、管理残高が相続税3年内加算の対象になる…。
言葉だけでは少し分かりづらいので、イラストで見てみましょう。

教育資金贈与の相続税3年内加算の条件

このモデルケースの場合…
(A)相続税の課税対象にはならない
(B)管理残高が相続税の課税対象となる

一般的に知られている、「生前贈与加算(相続開始前3年以内の贈与分は相続対象に加算)」と同じ対応となりますね。
これは教育資金贈与による相続税対策の駆け込み需要の防止が目的ですが、条件を満たせば(B)教育資金贈与契約から3年以内に相続が発生した場合でも非課税となります。

2.教育資金贈与が3年内加算の対象でも、条件をクリアすれば非課税

「教育資金贈与から3年以内に贈与者の相続が発生した場合」は、教育資金贈与の残高が相続税3年以内加算の対象となります。
ただし以下の条件を1つでも満たしていれば、相続税3年内加算の対象にはなりません。

教育資金贈与残高が非課税になる条件
贈与者の死亡日に…

  1. 受遺者が23歳未満
  2. 受遺者が学校などに在学している場合
  3. 受遺者が教育訓練給付金の支給対象となる職業訓練を受講している場合

例えば、教育資金贈与から3年以内に、贈与者(祖父)の相続が発生したとしましょう。

贈与者(祖父)の死亡日に、受遺者(孫)が23歳未満であれば相続税3年内加算にはなりません。
逆に、受遺者(孫)が24歳会社員で職業訓練なども受講していない場合、教育資金贈与の管理残高は相続税の課税対象となります。

2-1.教育資金贈与の「管理残高」が相続税3年内加算の対象

教育資金贈与開始から3年以内に贈与者の相続が発生した場合、教育資金贈与した分の「管理残高(使い切れていない金額)」が相続税の課税対象になります。
教育資金贈与の残高を含む遺産総額が、相続税の基礎控除を超えていれば相続税申告を行う義務があります。

あるモデルケースを例に挙げて、シミュレーションしてみましょう。

教育資金贈与の管理残高が相続税の3年内加算の対象になるケース

このモデルケースの場合、教育資金贈与の残高1,000万円が相続税3年内加算の対象となり、相続税の課税対象は9,500万円となります。
教育資金贈与の管理残高については、教育資金管理契約を締結している金融機関に問い合わせてください。

CHECK
相続税法第18条では、相続人以外の人への遺贈は「相続税が2割加算」されると定められています。
ここでいう「相続人以外の人(受遺者)」とは、子供が相続人となる場合の孫・ひ孫・子の配偶者・友人・知人などですね。
ただし教育資金贈与では、管理残高が相続税の課税対象となっても、相続税の2割加算は適用されません。

3.教育資金贈与の非課税制度の対象項目やデメリットを解説

教育資金贈与は一部が相続税3年内加算となりますが、相続税対策としてはまだまだ有効です。
国税庁の公式ホームページによると、教育資金贈与の非課税制度の対象は以下の2種類があります。

①学校等に直接支払われる入学金、授業料その他の金銭で一定のもの
②学校等以外の者に、教育に関する役務の提供の対価として直接支払われる金銭その他の教育を受けるために直接支払われる金銭で一定のもの
【引用:国税庁「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税に関するQ&A(令和元年8月)」】

分かりやすく言うと、「①学校などに支払われる資金(最大1,500万円)」と、「②習い事などに支払われる資金(最大500万円)」が非課税になります。

国税庁や文部科学省の公式ホームページを以下に記載しておくので、具体的にどのような項目が非課税になるのか確認してください。

<外部リンク>国税庁「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税に関するQ&A(令和元年8月)」
<外部リンク>文部科学省「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置

3-1.学校などに支払われる教育資金とは

学校などに支払われる教育資金(最大1,500万円)
学校などとは? 保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学・専修学校など(一部外国の教育施設も含む)
教育資金とは? 入学金・授業料・入学試験料・学用品購入費・修学旅行費・給食費など、学校などにおける教育に必要な費用

例えば、小学校で利用するランドセルの購入費用は、どうなるのでしょうか?
学校からの書面が出ていてそれに基づいて購入した場合、学校などに支払われる教育資金となるため非課税になります。

学校などに支払われる教育資金の中には自動車学校なども含まれますが、都道府県の認可の有無によって「学校など」なのか「習い事など」なのか対応が異なるので注意してください。

3-2.習い事などに支払われる教育資金とは

習い事などに支払われる教育資金(最大500万円)
習い事などとは? 教育(学習塾やそろばん)、スポーツ(スイミングスクール・サッカー)、文化芸術(ピアノ・バレエ)などの教育費用
教育資金とは? 入会金・月謝・物品の購入費用・定期代・留学渡航費・転入や編入などの転居の交通費

例えば、子供のスイミングスクールの月謝は対象ですが、スイミングスクールで使用する水着の取り扱いは異なります。
指導者を通して水着を購入すれば教育資金の対象となりますが、個人で購入する水着は教育資金の対象とはなりません。

そして2019年の税制改正により、23歳以上の受遺者の「②習い事などに支払われる教育資金」は非課税の対象外となりました。
ただし教育訓練給付対象となる教育訓練の受講費は、23歳以上でも非課税の対象となります。

3-3.教育資金贈与の非課税制度はデメリットもある

教育資金贈与の非課税制度は相続税対策として活用できるものの、「管理手続きが大変」といったデメリットがあります。
というのも、教育資金贈与は金融機関と信託などの契約が必須で、さらに教育資金を使うごとに領収書などを毎年提出しなければなりません。

そして先ほど解説したのでお気づきの方も多いかと思いますが、教育資金として認められるかの判定が難しく、お金を引き出すのに細かいルールを把握しておく必要があります。

そもそも教育資金は、信託などを利用した一括贈与による非課税制度を利用せず、都度贈与をしても贈与税はかかりません。
教育資金贈与信託などを使って一括贈与すべきか迷っている方は、以下ページで判断基準を知りましょう。

<関連記事>もう迷わない!教育資金贈与をした方が良いかどうかの3つの判断基準

4.教育資金贈与は一部が相続3年内加算だけど、相続税対策としては有効

教育資金贈与は一部が相続税3年内加算の対象となりますが、逆に言えば教育資金贈与から3年以上経過すれば相続税はかかりません。
2019年4月1日以降は「教育資金贈与から3年以内に相続が発生すれば、残高に対して相続税がかかる」と法改正されたものの、条件さえクリアすれば相続税の節税効果はあります。

記事の冒頭でも紹介しましたが、あなたがこれから教育資金贈与を考えていて、受遺者が以下の条件に当てはまるなら教育資金贈与おすすめと言えるでしょう。

教育資金贈与をおすすめできる人

教育資金贈与を相続税対策として利用するには、複雑な手続きなどのデメリットもあります。
本当にあなたが教育資金贈与を利用すれば相続税対策として有効なのか、まずは専門家に相談をしましょう。


専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。
もっと「相続」に関する信頼性高い情報の検索は
(検索ワード+「Enter」キーで検索できます)
もっと「相続」に関する信頼性高い情報の検索は
(検索ワード+「Enter」キーで検索できます)

税理士法人チェスター 全国7拠点



税理士法人チェスター 全国7拠点


年間1,000件以上の申告実績、相続税の専門家が200名以上在籍する全国トップクラスの税理士事務所。相続税申告に関わる初回面談は無料、夜間(20時まで)や土曜日、訪問での対応も可能。