フリーランスでもファクタリングは可能?おすすめ10業者と選び方

フリーランスでもファクタリングで資金調達できるのかな?
どんなファクタリングサービスを利用すればいいんだろう?

フリーランスの方であれば、このように疑問を持つこともあるのではないでしょうか。

簡潔にいうと、ファクタリングとは未入金の売掛債権をファクタリング会社が買い取り、現金化してくれるサービスのことです。

フリーランスの方でも、対応している業者を選べばファクタリングを利用することが可能です。

しかし、どうやってファクタリングサービスを選べばよいのか分からずお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

そこでこの記事では、フリーランスの方がファクタリングを利用する際に気を付けるべきポイント、おすすめのファクタリング業者、実際に利用する流れなどを具体的に紹介していきます。

お金のプロ
「今すぐフリーランスでも利用できるサービスで資金調達が必要」という方は以下のサービスがおすすめですよ。

即日対応可能!フリーランスにおすすめサービス3選 ▼
サービス名 オンライン完結 特徴
最短60分!1万円から取引可能
>>公式サイトはこちら

最短2時間!対応可能額の制限なし
>>公式サイトはこちら
手数料1桁を保証!最短30分で資金調達
>>公式サイトはこちら

1.フリーランスでもファクタリングは利用可能?

資金調達にファクタリングが良いって聞いたけどフリーランスでも利用できるのかな?

こういった疑問をお持ちのフリーランスの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、フリーランスの方でも利用可能なファクタリングサービスはあります

働き方が多様化し、フリーランスの方が増加したことに伴ってフリーランスにも対応したファクタリング業者が増えてきています。

ファクタリングは未入金の請求書などの売掛債権をファクタリング業者に売却することで、売掛債権の額面から手数料を差し引いた金額を受け取ることができるというものです。

売掛債権を現金化するものであるため、借り入れを行う場合と違って返済計画を立てたり、面談を受けたりする必要がなく、審査にも通りやすいというメリットがあります。

フリーランスの方でも売掛先の信頼性があれば利用が可能だといえるのです。

なお、ファクタリングには大きく分けて「二者間ファクタリング」と「三者間ファクタリング」の二つの種類があります。

二者間ファクタリングは取引先(売掛先)に通知することなく売掛債権の売買契約ができるので、フリーランスの方でも利用しやすいといえます。

【二者間ファクタリングの仕組み】

一方、三者間ファクタリングは取引先(売掛先)への通知が必要になります。

【三者間ファクタリングの仕組み】
お金のプロ
この記事では主にフリーランスの方が利用しやすい二者間ファクタリングについて説明していきます。

ファクタリングの仕組みや種類など詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご確認ください。

2.ファクタリングを利用する際のポイント

ファクタリング業者はどんなことに気をつけて選んだらいいんだろう?

このように思った方もいらっしゃるでしょう。

フリーランスの方がファクタリングを利用する際、押さえておいた方がいいポイントが大きく分けて四つあります。

【ファクタリングを利用する際のポイント】
お金のプロ
大事なポイントを押さえて失敗しないファクタリング業者選びをしましょう。

ポイント1 手数料

ファクタリングを利用する際は売掛債権の○%という形で手数料が発生します。

二者間ファクタリングの場合、手数料の相場は売掛債権の額面に対して10〜20%程度といわれています。

最終的に受け取ることができるのは売掛債権の額面から手数料を差し引いた金額です。

ファクタリングの手数料

サービスや売掛債権の金額によって手数料は異なるので、必ずチェックしておきましょう。

また、フリーランスの方が利用する場合、法人よりも手数料が高額になるケースもあるので注意が必要です。

メモ
手数料は売掛債権の額や売掛先の信用度などを考慮して決められます。基本的には、未収リスクが低く、売掛債権の額が大きいほど手数料率は低くなるといわれていますが、業者によって大きく異なる場合があります。

3.フリーランスにおすすめのファクタリング業者」にて各業者の手数料をまとめているので、気になる方はこちらの比較表をご確認ください。

お金のプロ
業者によっては公式サイト上で見積もりを出してくれるので確認しておきましょう。

ポイント2 対応可能な金額

ファクタリング業者によって対応可能な売掛債権の金額が異なるため、ご自身の状況に合った業者を確認しておきましょう。

買い取る売掛債権の金額に制限を設けているファクタリング業者もあるのです。

「〇〇万円から〇〇万円まで」というように上限金額と下限金額の両方を設定している業者もあれば、上限金額、下限金額のどちらかのみ設定している業者などさまざまです。

お金のプロ
少額の売掛債権を買い取ってほしい場合は、金額に制限のない業者など自分の売掛債権に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

ポイント3 入金スピード

ファクタリング業者によって入金されるまでの時間が異なるため、入金されるタイミングもチェックしておきたいポイントです。

ファクタリングはスムーズに手続きが進めば、最短即日で現金化することができるスピーディーな資金調達方法といえます。

ただし、即日とうたっている業者でも審査のみが即日対応で、入金は即日でない場合や入金までに数日かかるケースもあります。

そのため、即日入金が本当に可能なのかどうか必ずチェックするようにしましょう。

即日入金を希望するなど急いでいる場合は、以下の項目を踏まえスムーズに手続きを進めましょう。

【スムーズにファクタリングの手続きを進めるコツ】
  • ・必要書類の準備をしておく
  • ・二社間ファクタリングで申し込む
  • ・早い時間に相談する
  • ・契約方法はオンライン完結を選ぶ

ポイント4 運営会社

ファクタリングを初めて使う方などは、サービスの安全性について不安に思うこともあるかもしれませんね。

なかには貸し付けと同様の方法をとっている悪質な業者も存在しています。

手数料があまりにも高額であったり、契約書の内容が詳しく記載されていなかったりする場合には悪質業者の可能性があるすぱんので十分注意しましょう。

ファクタリングを利用する際はサービスを運営している会社が信頼できる企業かどうかを確かめる必要があります。

具体的にどうやって確かめたらいいの?
お金のプロ
信頼できる会社かどうかを確かめるポイントは以下の通りです。

【ファクタリング業者を見極めるポイント】
  • ・上場企業が運営しているのか
  • ・実績のある会社であるか
  • ・電話窓口はあるのか
  • ・公式サイトなどで企業情報が正確に確認できるか
  • ・契約書の内容が詳しく記載されているか
  • ・契約書は受け取れるか

運営会社の情報は各ファクタリングサービスの公式サイトから簡単に確認することができます。

利用前に必ず公式サイトをチェックするようにしましょう。

また、ファクタリングを利用する際の契約書の内容で確認すべきポイントについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

3.フリーランスにおすすめのファクタリング業者

選ぶポイントは分かったけど、実際にどんなサービスを選べばいいんだろう…

数あるファクタリング業者のなかから、自分にぴったりの会社を選ぶのは大変ですよね。

そこでこの章では、フリーランスの方も安心して利用できるファクタリング業者を厳選して紹介していきます。

各ファクタリングサービスの特徴を詳しく比較して以下の表にまとめました。

お金のプロ
ご自身の状況に合ったサービスを選ぶ参考になさってくださいね。

【フリーランスにおすすめのファクタリング業者の比較表】
※横にスクロールできます
サービス名 手数料 上限・下限額 入金スピード オンライン完結
ペイトナーファクタリング 10% 1万円から 最短10分
QuQuMo
1.0~14.8% なし 最短2時間
PAYTODAY 1~9.5% 10万円から5,000万円まで 最短30分
アクセルファクター 2~20% 30万円から1億円まで 最短即日
FREENANCE 3~10% 1万円から 最短即日
ビートレーディング 2%から なし 最短12時間 ×
ベストファクター 2~20% 30万円から1億円まで 最短即日
トップ・マネジメント 3.5~12.5% 30万円から3億円まで 最短即日
日本中小企業金融サポート機構 1.5~10% 上限なし 最短3時間
TRY 5%から 上限なし 最短即日 ×

おすすめ1 ペイトナーファクタリング

メリット
最短10分で現金化
オンライン完結で手続きが簡単
デメリット
初回の上限額が25万円
こんな人におすすめ!
とにかく早く現金化したい方

ペイトナーファクタリング(旧:yup先払い)はフリーランス向けのファクタリングサービスで、入金まで最短10分と非常にスピード感のある手続きが特徴的です。

手数料は額面に関係なく一律10%で分かりやすいのもうれしいポイントですね。

ただし一つ注意しておきたいのは、初回利用時の売掛債権の上限金額が25万円に設定されている点です。

大口の取引を希望されている方は、初回利用時には買い取ってもらえないので気をつけましょう。

その後は、月に一度のペースで利用状況に応じて限度額が変わる仕組みになっています。

おすすめ2 QuQuMo

メリット
最短2時間で現金化
オンライン完結できる
売掛債権の金額に制限なし
デメリット
手数料が1~14.8%と幅が大きい
こんな人におすすめ!
とにかく手軽にオンラインで済ませたい方
早めに入金が必要な方

QuQuMoは申し込みから入金までが最短2時間で完了するスピーディーなファクタリングサービスです。

面談不要で全てオンラインで完結するのでファクタリングが初めての方でも手軽に利用できます。

また、利用時に必要な書類は未入金の請求書と通帳のコピーの2点と少ないため書類を準備する時間がない方にもおすすめです。

ただし、手数料の幅が大きいため、手数料の安さを重視される方は契約前に無料見積もりをしてもらってから判断するとよいでしょう。

おすすめ3 PAYTODAY

メリット
オンライン完結できる
最短30分で現金化
デメリット
アカウントの作成が必要
こんな人におすすめ!
気軽に利用してみたい方

PAYTODAYはオンライン完結型のAIファクタリングであり、審査も全てAIが行うため入金まで最短30分と非常にスピードが早いことが特徴です。

基本的には申し込みから入金まで全てオンライン上で行いますが、対面や電話での契約も可能です。

ただし、対面形式を希望する場合は出張費実費+事務手数料3万円が発生するので注意しましょう。

また、売掛債権から差し引かれる手数料は1~9.5%であり、初期費用や月額費用は不要です。

おすすめ4 アクセルファクター

メリット
丁寧かつ迅速な手続き
専属担当の手厚いサポート
デメリット
売掛債権の下限額が30万円からと少し高め
少額利用だと手数料が割高
こんな人におすすめ!
できるだけ早く安心して利用したい方

アクセルファクターは買取申込額290億円を超える実績があり、個人情報の厳重管理・法令順守を徹底して行っている信頼のおけるサービスです。

問い合わせから審査、契約まで専属の担当者が対応してくれるので安心して利用できますね。

また、入金までのスピード感が特徴で、半数以上の方に即日入金しているという実績があります

さらに、対面、郵送、オンラインとさまざまな契約方法に対応しているので、ご自身の状況に応じた申し込みが可能です。

おすすめ5 FREENANCE

メリット
最短即日で現金化
フリーランスの事故補償をしてくれる「あんしん補償」付き
1万円からの売掛債権に対応可能
デメリット
個人間の請求書は取り扱い不可
こんな人におすすめ!
少額から利用してみたい方
フリーランスで業務上の補償がほしい方

FREENANCEはフリーランス向けのファクタリングサービスで、1万円から対応可能なので少額の債権を売却したい場合も気兼ねなく利用できます

手数料は3~10%で、安心して利用できる料金設定です。

また、FREENANCEの最大の特徴は「あんしん補償」が無料で付いていることです。

情報の漏えいや著作権侵害などのフリーランス特有の事故も最高500万円まで補償してくれるので、大変助かりますよね。

日本最大総合インターネットグループの一つである「GMOインターネットグループ」の傘下「GMOクリエイターズネットワーク」が運営しているので、信頼性が高い点もポイントです。

おすすめ6 ビートレーディング

メリット
最短12時間で現金化
売掛債権の金額に制限なし
デメリット
オンライン完結はできない
こんな人におすすめ!
できるだけ早く安心して利用したい方

ビートレーディングは、累計契約社数が26,000社以上と業界トップクラスの実績を誇るファクタリングサービスです。

ビートレーディングでは専任の担当者が迅速に対応にあたるため、申し込んでから最短12時間で入金される例もあります。

必要資料も規定の申込書、通帳のコピー、未入金の請求書の3点で忙しい方でも利用しやすいのがうれしいですよね。

売掛債権の対応可能額に制限は設けられていませんが、10万~7億円の取引実績があると明示されています。

そのため、少額のファクタリングでも利用できる可能性が高いといえます。

まずは公式サイトでスピード見積もりをしてみると良いでしょう。

おすすめ7 ベストファクター

メリット
オンライン完結できる
最短即日で現金化
デメリット
売掛債権の対応額が30万円からと少し高め
こんな人におすすめ!
30万円以上の売掛債権で継続利用したい方

ベストファクターは手数料率を柔軟に設定することで、業界最高水準の92.25%の審査通過率を実現しているファクタリングサービスです。

また、柔軟な対応を実施しており最短即日で入金も可能なため、資金調達を急いでいる方にもおすすめです。

最大の特徴は、継続利用することにより売掛債権の手数料率が下がるという点です。

ただし、ベストファクターでは売掛債権の下限額が30万円に設定されているので注意しましょう。

受付時間であれば、電話で相談すると5分で買取可能かどうかを診断できます。

時間外でも24時間対応の簡易診断シミュレーターがあるので、利用してみるとよいでしょう。

おすすめ8 トップ・マネジメント

メリット
最短即日で現金化
現金の手渡しや夜間のデリバリー対応
長期の売掛金にも対応
デメリット
売掛債権の金額が30万円からと少し高め
こんな人におすすめ!
銀行の営業時間外にしか申し込みできない方

トップ・マネジメントは過去の取引件数が45,000件を超える実績豊富なファクタリングサービスです。

業界屈指のスピードを誇るトップ・マネジメントでは迅速な対応で審査が最短30分で完了し、即日に入金も可能です。

トップ・マネジメントの最大の魅力は、夕方に申し込んでも条件を満たしていれば、夜間に現金を受け取ることができる点です。

日本全国どこでも出張可能で、オンラインでの面談も行っているので地方の方も気軽に相談できますね。

おすすめ9 日本中小企業金融サポート機構

メリット
オンライン完結できる
最短3時間で現金化
デメリット
売掛債権の下限額が明示されていない
こんな人におすすめ!
できるだけ早く安心して利用したい方

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人として運営しているファクタリングサービスです。

非営利法人なので手数料を高く要求される心配もなく、安心して利用できるといえます。

また、業界最速の取引をうたっており、請求書があれば最短3時間での入金が可能です。

対面や郵送での契約も可能ですが、オンラインにも対応しているので忙しい方にもおすすめです。

ただし、売掛債権の限度額が明示されていないため、少額の売却を考えている方は公式ホームページの無料見積もりで事前に確認しておきましょう。

おすすめ10 TRY

メリット
丁寧で経験豊富な担当者のサポート
最短即日で現金化
デメリット
売掛債権の限度額が明示されていない
こんな人におすすめ!
丁寧に安心して手続きしたい方

TRYは「お客様に真摯に寄り添う対応」を強みとしているファクタリングサービスです。

また、365日24時間いつでも問い合わせ可能で、入金までも最短即日と非常にスピーディーに対応してくれます。

LINEでの相談にも対応しているので気軽に相談してみたい方も気兼ねなく利用できます。

また、「簡単シミュレーション」といって売掛債権の見積もり額を瞬時に出してくれるサービスも公式サイトにあるので気になる方はチェックしてみましょう。

なおオンラインでの契約はできませんが、出張での対応が可能なので地方に住んでいる方でも利用できます。

4.ファクタリングを利用する流れ

ファクタリングを利用して入金されるまでにはどんな手続きがあるんだろう?

このように具体的な手続きの流れが気になる方もいらっしゃるでしょう。

ファクタリングを利用する一般的な手順は以下のようになります。

お金のプロ
大まかな流れや必要書類について知っておくとスムーズに手続きできますよ。

STEP1 申し込み・必要書類の提出

利用するサービスを選んだら、申し込みをして査定の際に必要な書類を提出します。

申し込みの方法については主に対面、電話、メール、オンラインなどがありますが、業者によって対応可能な方法が異なるため事前に確認することが重要です。

また、提出する必要書類も業者によって異なるため、併せてチェックしましょう。

参考までに、フリーランスの方におすすめのサービス三つの必要書類を紹介します。

【ファクタリング利用時に必要な書類の例】
サービス名 必要書類
QuQuMo ・売却予定の債権の請求書
・入出金明細(通帳コピーなど)
ビートレーディング ・査定申込書
・通帳のコピー(表紙付き2カ月分)
・成因証書(契約書、請求書など)
日本中小企業金融サポート機構 ・機構規定の申込書
・通帳のコピー(3カ月分)
・売却予定の債権の請求書
・身分証明書

このように利用にあたって必要な書類はサービスによって異なります。

お金のプロ
どんな書類が必要になるのか、早めに確認しておくとスムーズに手続きが進みますよ。

STEP2 査定

必要書類の提出が終わったら、審査・査定が行われます。

基本的には提出した書類に基づき、ファクタリングの利用可否や手数料率などが決定されます。

審査・査定にかかる時間や方法は各業者異なります。

ファクタリング業者によっては、審査中に書類の内容について確認のため電話がかかってくる場合があります。

また、審査・査定が完了すると、ファクタリング業者から電話やメールなどで連絡がくるので必ず対応できる状態にしておきましょう。

STEP3 契約・入金

審査・査定が完了したら、いよいよ契約に進みます。

必ず契約書を確認し、内容に不明な点があれば担当者に聞いておきましょう

もし、ファクタリング業者の提示した内容で納得のいかない部分があれば、契約をしないことも可能です。

なお、契約書の控えは必ず忘れずに受け取りましょう。

メモ
ファクタリング業者のなかには実際に会社へ足を運んだり、出張してもらったりして対面で契約手続きを行うところもあるため、非対面を希望する場合は業者が対応してくれるかどうかを事前に確認しておいてくださいね。
お金のプロ
契約締結すれば、一般的に指定の口座に売却代金が振り込まれます。

5.まとめ

ファクタリングは入金期日より前に売掛金をスピーディーに現金化することができるサービスです。

融資や助成金、補助金などの利用では「手続きが面倒で時間がかかってしまう…」「審査に通らなかった」といったように悩まれる方もいらっしゃるでしょう。

その点、ファクタリングは手続き・審査も簡単でスピーディーに資金調達ができるためフリーランスの方の強い味方であるといえます。

ただし、ファクタリングサービスを選ぶ際、フリーランスの方が気を付けておくべきポイントがあります。

業者によっては法人のみ対応しているケースや、少額利用の際に手数料が高くなるサービスもあるのでフリーランスに対応したサービスを選ぶようにしましょう。

お金のプロ
急いで資金調達をする必要がある場合には、以下のようなサービスがおすすめですよ。

即日対応可能!フリーランスにおすすめサービス3選 ▼
サービス名 オンライン完結 特徴
最短60分!1万円から取引可能
>>公式サイトはこちら

最短2時間!対応可能額の制限なし
>>公式サイトはこちら
手数料1桁を保証!最短30分で資金調達
>>公式サイトはこちら