個人事業主でも利用可能なファクタリングサービスおすすめ11選

資金調達にはファクタリングが良いって聞いたけど本当かな?
個人事業主だけど、ファクタリングは利用できるのかな?

このように気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ファクタリングは急な現金調達の必要に迫られた際に便利な資金調達方法の一つです。

入金期日を迎える前の売掛債権があればそれを売却して現金化することができます。

なかには個人事業主でも利用できるサービスもあるので要チェックですよ。

この記事ではファクタリングの仕組みや利用方法のご説明、個人事業主におすすめのファクタリングサービスのご紹介をしましょう。

お金のプロ
個人事業主の方には特に以下のようなファクタリングサービスがおすすめですよ。

おすすめファクタリングサービス5選 ▼
※横にスクロールできます
サービス名 即日対応 特長
ペイトナーファクタリング 振込まで最短10分!スピーディーに現金化
>>公式サイトはこちら
ベストファクター 利用手数料が2%~と低水準!最短即日入金で安心
>>公式サイトはこちら
最短12時間!業界トップのスピード対応
>>公式サイトはこちら
最短即日入金!柔軟な対応が魅力的
>>公式サイトはこちら
PAYTODAY 手数料1桁を保証!最短30分入金
>>公式サイトはこちら

ファクタリングの仕組みや種類など、基礎知識はこちらの記事で詳しく解説しています。

1.そもそもファクタリングとは

ファクタリングってどういうサービスなんだろう?
すぐに現金を調達できるって聞いたけど本当?

このように気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ファクタリングは「売掛債権」の買取サービスです。

売掛債権とは
商品やサービスの売上代金のうち、まだ受け取っていない代金(売掛金)を請求できる権利のことです。

取引先からの入金予定があれば、それが売掛債権といえるでしょう。

ファクタリング業者は売掛債権の買い取りの際、額面の○%という形で手数料を差し引いた額を事業者に支払います

またファクタリング業者は売掛債権を買い取っているので、入金期日に支払われる売掛金はファクタリング業者のものとなります。

売却の際に手数料が差し引かれるので継続的に返済する必要がないのがうれしいですよね。

なおファクタリングはあくまで売掛債権の売却に当たり、借金ではありません。

そのためさまざまな書類を作成し面談して審査を受ける必要のある融資と違い、迅速に資金調達ができるというメリットがあります。

またお金を借りているわけではないのでファクタリング取引では担保は必要なく、信用情報に影響を与えることもありません。

お金のプロ
急いで現金が必要な場合にぴったりの資金調達手段だといえますね。

ファクタリングは「二者間ファクタリング」と「三者間ファクタリング」に分けられます。

二者間ファクタリングとは、その名のとおりファクタリング業者とサービス利用者の二者の間で取引が完結するファクタリングのことです。

売掛金の入金があれば、利用者はそれをファクタリング業者に支払います。

二者間ファクタリングは利用者にとっては売掛債権の売却を売掛先に知られずに資金を調達できるというメリットがある半面、手数料率が高いのがデメリットだといえるでしょう。

二者間ファクタリング

三者間ファクタリングは、ファクタリング業者とサービス利用者、売掛先の三者間で取引が行われるファクタリングです。

三者間ファクタリングでは売掛先に売掛債権の売却について承諾を得た上で契約を結び、売掛金の回収はファクタリング業者が売掛先から直接行います。

ファクタリング業者からしてみれば売掛金の回収をし損なうリスクが二者間ファクタリングよりも低いと考えられるため、手数料率が低い傾向にあります。

一方で売掛先からの承諾を得なければならないこと、そのため二者間ファクタリングよりも契約までに時間がかかると考えられることはデメリットであるといえるでしょう。

三者間ファクタリング
メモ
ファクタリングには入金期日を迎えていない売掛債権をファクタリング業者が買い取る「買取型」の他に、事前に契約を結び入金期日に売掛先から入金がなされなかった場合にファクタリング業者が利用者に売掛金を支払う「保証型」が存在します。単に「ファクタリング」という場合、「買取型」を指すことが一般的です。ここでも買取型のファクタリングについてご説明しています。
お金のプロ
ご自分に合った方式を選ぶことがポイントですよ。

2.個人事業主でもファクタリングは使える?

個人事業主でもファクタリングは利用できるのかな?

このように不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、個人事業主であっても利用できるファクタリングサービスは存在します

ただし売掛先の種類によっては買い取りを断られる場合もあります。

ファクタリングサービスの場合、審査の際に重視されるのは利用者自身の返済能力ではなく売掛先の信頼性です。

売掛金が期日に支払われる見込みが確かであることが重要なのです。

そのため売掛先が個人事業主の債権は買い取ってもらえないケースもあるので注意してくださいね。

お金のプロ
以下のようなサービスなら、個人事業主でも売掛債権の売却が可能です。

おすすめファクタリングサービス4選 ▼
※横にスクロールできます
サービス名 即日対応 特長
ペイトナーファクタリング 振込まで最短10分!スピーディーに現金化
>>公式サイトはこちら
ベストファクター 利用手数料が2%~と低水準!最短即日入金で安心
>>公式サイトはこちら
最短12時間!業界トップのスピード対応
>>公式サイトはこちら
最短即日入金!柔軟な対応が魅力的
>>公式サイトはこちら

3.ファクタリング利用の流れ

ファクタリングを利用するにはどうしたら良いんだろう?

このように気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ファクタリングは手軽に利用できるのもメリットの一つです。

ここではファクタリング利用の流れをご説明しましょう。

ファクタリング利用の流れ

STEP1 利用するファクタリングサービスを選ぶ

まずは利用するファクタリングサービスを決めます。

個人事業主の場合は個人事業主をサービスの対象としているかチェックする必要がありますね。

そのほかにファクタリングサービスを選ぶ際には以下のような点をチェックしておきたいところです。

ファクタリングサービスを選ぶ際のポイント

売掛債権の額面や売掛先の信用度などの観点から、売却する売掛債権によって手数料率は異なります

そのためどのサービスが手数料率が低いと一概にいうことはできませんが、手数料率は要チェックです。

手数料率の上限として示されている数字が小さい、業界最低水準などとうたわれているサービスであれば、手数料率が低いと考えられますよね。

またどれくらいの額面の売掛債権を買い取りの対象としているかはファクタリングサービスによって異なります。

売却したい債権の額面がそのファクタリングサービスの買い取りの対象となるかチェックしておく必要があります。

さらに売掛債権の現金化を急ぐという方は契約方法も確認しておきましょう。

ファクタリングサービスによって契約までの手順はやや異なり、場合によっては対面での契約が必要となるケースがあります。

地方に住んでいる、ファクタリング会社に足を運ぶ暇がない、という方はオンラインで手続きが完結するサービスを選ぶ必要があるといえますね。

現金化を急いでいる場合には入金までにどれだけの時間がかかるのかも要チェックです。

メモ
なかにはファクタリング業者を装ったいわゆる「闇金業者」が紛れているケースもあるので注意しましょう。

金融庁の認可を受けた「登録貸金業者」ではない業者が貸付を行うのは違法行為です。ファクタリング取引はあくまで売却債権の譲渡(売却)であり、貸し付けではないため利子や担保といった概念は存在しません。

お金のプロ
売掛債権の現金化を急ぐ個人事業主の方におすすめサービスが知りたいという方はこちらをご確認ください。

STEP2 必要書類を用意する

利用するサービスが決まったら、手続きに必要な書類を用意しましょう。

必要書類はサービスによって異なるので必ず公式サイトの確認が必要です。

参考までに、ここではおすすめの2サービスの利用時に必要となる書類をご紹介します。

【ファクタリング利用時に必要となる書類の例】
※横にスクロールできます
サービス名 必要書類
ベストファクター ・身分証明書
・売却予定の債権の請求書
・入出金の通帳(WEB通帳可)
・見積書
ビートレーディング ・申込書
・通帳のコピー
・成因証書(売却予定の債権の請求書や注文書など)

サービスによっては確定申告書などの提出を求められる場合もありますが、ベストファクタービートレーディングでは不要です。

書類を用意する手間を省きたいという方は必要書類が少ないサービスに申し込んでみるのも良いかもしれませんね。

STEP3 査定・審査を申し込む

必要書類が揃ったら査定や審査の申し込みを行いましょう。

査定や審査って何のこと?

査定や審査では、その売掛債権がそもそも買取の対象となるか、手数料率がいくらになるのかが判断されます。

お金のプロ
物を売るときにも査定を依頼し、買い取りが可能なのか、いくらで買い取ってもらえるのか判断してもらいますよね。それと同じだといえるでしょう。

ファクタリングサービスを利用して売掛債権を売却すると、利用者には売却代金として売掛債権の額面から手数料が差し引かれたお金が支払われます。

この手数料は売掛債権の額や債務者(売掛先)の規模など状況によって異なります

そこでまず利用者は売掛債権の請求書などを先にファクタリング会社に提出し、ファクタリング会社はその債権の買い取りが可能なのか、いくらで買い取れるのか(手数料率は何パーセントになるのか)を提示する必要があるのです。

ファクタリング会社が提示した手数料に納得がいったら、契約に進みます。

「思ったより手数料が取られてしまうから売るのをやめようかな……」

と思い直すこともできるのですね。

査定や審査の申し込み方法はサービスによって異なります

電話申し込みが中心のサービスからWebでの申し込みが中心のサービス、LINEからでも申し込めるサービスまでさまざまです。

ここでは、ベストファクタービートレーディングの申し込み方法をご紹介しましょう。

サービス名 申し込み方法
ベストファクター ・サイト上からの申し込み
・電話での問い合わせ
ビートレーディング ・サイト上からの申し込み
・電話での問い合わせ

サービスによってはサイト上で簡易な査定が行える場合もあるので活用してみると良いでしょう。

STEP4 契約

審査や査定の結果に納得がいったら、契約に進みます。

サービスによっては対面での契約が必須となるためファクタリング会社に足を運んだり、担当者に出張できてもらったりする必要があります

対面での契約に時間を割けないという方は申し込み時にオンラインや郵送での契約が可能なサービスを選んでおくと良いでしょう。

なお、契約時に必要となる書類はサービスによって異なります。

STEP5 入金

契約が完了したら、ファクタリング会社から売掛債権の売却代金が入金されます。

口座への振り込みが一般的です。

状況によって入金までにかかる時間は異なりますが、申し込みから即日振り込みをうたっているサービスもありますよ。

4.個人事業主におすすめのファクタリングサービス

どのファクタリングサービスを利用すれば良いのかな?

と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ファクタリングはサービスによって個人事業主からの売掛債権の売却は引き受けていない場合もあります。

またなかには悪徳業者が混じっている場合もあるためご自分に合った安全なサービスを選ぶことが重要です。

ここでは個人事業主の方におすすめのファクタリングサービスをご紹介します。

おすすめ1 ペイトナーファクタリング

メリット
最短10分で現金化できる
デメリット
大口の売掛債権には向いていない
初回の利用は25万円が限度額
こんな人におすすめ!
資金調達を急ぎたいフリーランスの方

ペイトナーファクタリング(旧:yup先払い)はフリーランス向けのオンラインファクタリングサービスです。

全ての手続きがオンラインで完結するため売掛債権の現金化までのプロセスが非常にスピーディーで、振込まで最短10分という脅威の対応の早さを誇っています。

「とにかく早く現金を手に入れたい!」

という方にはとても心強い味方ですよね。

手数料も一律で10%に設定されているためいくらになるのか不安に思う心配もありません。

ただし新規登録時は限度額が25万円に設定されているため、大口の売掛債権を現金化したいという方には向いていないので注意してくださいね。

おすすめ2 ベストファクター

メリット
2%〜と低水準の手数料
最短24時間で資金調達可能
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
二者間ファクタリングを低い手数料率で利用したい方

ベストファクターは二者間ファクタリングに強いファクタリング業者です。

ファクタリングには二者間ファクタリングと三者間ファクタリングがあり、三者間ファクタリングは手数料率が低い一方で取引先に知られてしまうというデメリットがあります。

しかし、ベストファクターは二者間ファクタリングのみを行っており、取引先に売掛債権の売却を知られる心配がありません。

また通常二者間ファクタリングは手数料率が高い傾向にありますが、ベストファクター2%〜と比較的低い手数料率で二者間ファクタリングを利用できます

実際どれくらいの手数料率になるかは、ベストファクターの公式サイトに設置された簡易診断シミュレータで確認することができますよ。

また以下の番号から電話での申し込みも受け付けています。

【ベストファクターの電話申し込み】

時間がないときは電話で直接申し込むのも良いでしょう。

ただし取引の下限額が30万円となっており売却したい債権の額が小さい方は利用できないので注意してくださいね。

おすすめ3 ビートレーディング

メリット
最短即日対応
「他社より1万円でも高く買い取る」と公言
対応金額に制限がない
デメリット
手数料の上限が明示されていない
こんな人におすすめ!
実績の豊富なサービスを利用したい方

ビートレーディングは対応金額に制限のないファクタリングサービスです。

10万円から7億円まで幅広く対応実績があり、少額の債権を買い取ってほしい場合にもおすすめですよ。

営業時間内であれば30分〜1時間で査定結果の返答があり、最短即日で入金が行われます。

「他社より1万円でも高く買い取る」と公言しており、手数料率の低さが期待できますよ。

まずは売却したい債権がどれくらいの金額で買い取ってもらえるのか知りたいという方は公式サイトに「カンタン5秒の無料査定」が用意されているので利用してみると良いでしょう。

おすすめ4 TRY

TRY
メリット
資金化まで最短即日
二者間ファクタリング専門で取引先に知られる心配なし
デメリット
手数料率の下限がやや高め
こんな人におすすめ!
現金調達を急ぐ方

TRYは二者間ファクタリング専門のファクタリング業者です。

最短即日での入金をうたっており、取引先に知られることなく迅速に資金調達が行えます。

24時間365日申し込みを受け付けており、電話やサイト上のフォーム、メール、LINEなど連絡手段も多様です。

ご自分に都合の良い方法でアポイントが取れるのがうれしいですよね。

電話で申し込みたい、という方は以下の番号から連絡できますよ。

【TRYの電話申し込み】

またクラウドサインを導入しているため非対面での契約も可能です。

おすすめ5 アクセルファクター

メリット
入金までの対応がスピーディー
デメリット
少額利用だと手数料が割高
こんな人におすすめ!
急いで資金調達をしたい方

株式会社アクセルファクターは驚異の「原則即日入金」を掲げています。

実際に、依頼の半数以上を即日振込で対応しているという実績もあります。

また、アクセルファクターは「“全ての企業のセーフティネットでありたい”という理念」のもと、売掛債権の下限金額を設定していません

手数料は売掛債権額が100万円以下の場合10%~、101~500万円のとき5%~、500~1,000万円のとき2%~と高額になるにつれて安くなります。

おすすめ6 PAYTODAY

メリット
オンライン完結できる
最短30分で現金化
デメリット
アカウントの作成が必要
こんな人におすすめ!
気軽に利用してみたい方

PAYTODAYはオンライン完結型のAIファクタリングです。

審査も全てAIが行うため入金まで最短30分と非常にスピードが早いのが特徴です。

手数料率が1~9.5%と低めに設定されているのもうれしいポイントですよね。

基本的には申し込みから入金まで全てオンライン上で済ませられますが、直接のやり取りを希望する場合は対面や電話での契約も可能です。

ただし、対面形式を希望する場合は出張費実費+事務手数料3万円が発生するので注意してくださいね。

  

      

税理士

      

PAYTODAYについてさらに詳しく知りたい方はこちらのインタビュー記事もお読みください。

    

  

おすすめ7 FREENANCE

メリット
即日振込
1万円という少額の取引から利用可能
フリーランス向けの補償制度あり
デメリット
専用口座の利用が必須
こんな人におすすめ!
少額から利用したい方

FREENANCEはフリーランス・個人事業主を対象としたファクタリングサービスです。

取引額の下限が1万円と明示されており、少額の資金調達でも躊躇わずに利用できます。

また売掛金の入金先をFREENANCEの専用口座にしていると、「フリーナンスあんしん補償」という補償が自動で付帯します。

これは業務が原因で生じた事故や、業務中の過失で生じた賠償の責任を補償してくれるというものです。

会社の保険という後ろ盾がないフリーランスや個人事業主の方には心強いサービスですよね。

また、FREENANCE運営会社は東証一部上場企業のGMOクリエイターズネットワークです。

信頼して利用できるサービスなのがうれしいポイントですよね。

おすすめ8 日本中小企業金融サポート機構

メリット
一般社団法人による非営利での運営
非対面で契約を結べる
デメリット
ファクタリングをメインとする業者ではない
こんな人におすすめ!
信頼できる団体に資金調達を依頼したい方

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構は経営サポートの一環としてファクタリングサービスを提供する一般社団法人です。

団体名には「中小企業」とありますが、個人事業主もサービスの対象となっているのでご安心くださいね。

一般社団法人は株式会社などとは違い、営利目的の活動はしてはならないとされています。

そのため、1.5〜10%と手数料率が比較的低めに設定されています。

また全国どこからでも非対面での契約を受け付けているのもメリットといえるでしょう。

他にも、金融機関の紹介や事業再生などの支援も行っているため、事業の運営全般について相談ができますよ。

おすすめ9 QuQuMo

メリット
最短2時間で資金調達できる
オンラインで手続きが完結する
デメリット
利用手数料の幅が大きい
こんな人におすすめ!
ネット上で手続きを済ませたい方

QuQuMoの最大の魅力は必要書類(請求書・通帳)がそろっていれば最短2時間で資金調達できるというスピード感にあります。

2時間の内訳は申し込みに10分、審査に30分、契約と振り込みに1時間です。

対面での面談などは不要で、手続きはすべてオンラインで完結します。

弁護士ドットコムが運営する「クラウドサイン」という電子契約サービスを採用しており、セキュリティー面も万全です。

おすすめ10 トップ・マネジメント

メリット
銀行の営業時間外や夜間の現金受け取りが可能
顔写真付きでのスタッフ紹介があり安心して利用できる
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
とにかく迅速に現金を調達したい方

トップ・マネジメントは「顔の見えるファクタリング会社」をうたっており、公式サイトにスタッフの顔写真が掲載されているのが特徴的です。

創業10年を超えており、日本ではまだあまり馴染みのないファクタリングという事業においては老舗といえる点も安心できますね。

オンラインで契約を済ませることができるため、遠方でも最短即日で取引が完了できるのも大きな魅力です。

おすすめ11 OLTA

メリット
24時間以内で審査完了、即日振込
取引額の下限設定無し
業界最大規模、大手企業とも多数提携
デメリット
売掛先が個人事業主の売掛債権は取り扱い対象外
こんな人におすすめ!
ネット上から簡単に資金調達を済ませたい方

OLTAの強みはなんといっても審査から入金まですべてのプロセスがネットで完結していることです。

請求書やその他の必要書類をネットにアップロードすれば、24時間以内に審査が完了します。

全国どこにいてもスピーディーに債権を現金化できるので、都市部に出向けない事情のある方でも使いやすいですね。

また手数料が2〜9%と明示されており、他のサービスと比較しても低い水準に設定されているのも大きな魅力です。

ファクタリング業者のなかでは規模が大きく、日本郵政のグループ会社やメガバンクなど、知名度の高い数多くの企業と取引があるので信頼性が高いのもうれしいポイントですよね。

5.まとめ

ファクタリングは売掛債権の買取サービスです。

入金期日より早く債権を売却して現金化することでキャッシュフローの改善が見込めます。

融資と違い、ファクタリングでは担保は必要なく、信用情報に影響を与えることもありません。

「すぐに現金が必要」「融資が下りなかった」といった場合にぴったりの資金調達手段であるといえますね。

「個人事業主でも使えるのかな?」

と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、個人事業主向けのサービスを提供している業者もあるのでご安心ください。

お金のプロ
以下のようなサービスがおすすめですよ。

おすすめファクタリングサービス5選 ▼
※横にスクロールできます
サービス名 即日対応 特長
ペイトナーファクタリング 振込まで最短10分!スピーディーに現金化
>>公式サイトはこちら
ベストファクター 利用手数料が2%~と低水準!最短即日入金で安心
>>公式サイトはこちら
最短12時間!業界トップのスピード対応
>>公式サイトはこちら
最短即日入金!柔軟な対応が魅力的
>>公式サイトはこちら
PAYTODAY 手数料1桁を保証!最短30分入金
>>公式サイトはこちら