セゾンアメックスはダサくない?アメックスとの決定的な違い徹底比較!

「セゾンアメックスってどんなカードなんだろう?発行してメリットはあるのかな?」

「セゾンアメックスって本当にアメックスなの?正直、人前で使って格好悪くないかが気になる……」

といった疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

セゾンアメックスは、日本のクレジットカード会社クレディセゾンとアメックスが提携しているクレジットカードです。

券面も機能もアメックスが自社で発行する「プロパーカード」と非常に似通っており、自分で違いを比べるのは大変ですよね。

そこで、この記事ではセゾンアメックスとアメックスの違いを解説し、サービスや優待を5つの観点から比較していきます。

お金のプロ
この記事を読めば、セゾンアメックスがあなたにとって作る価値のあるカードかどうかが分かるはずですよ。

メモ
ちなみに、さまざまな観点からセゾンアメックスとアメックスを比較した結果を先にお伝えしておくと、セゾンアメックスはランクによってはアメックスに負けず劣らず高機能な上、年会費がアメックスに比べて安価という魅力的なクレジットカードだといえるでしょう。

▼ セゾンアメックスのカードはこちら! ▼

※横にスクロールできます
カード名 券面 年会費 還元率 ポイント
セゾンプラチナ・アメックス 20,000円(税別) 0.675% 最上級のサービスを最低限のコストで受けられる
セゾンゴールド・アメックス 10,000円(税別)※1 0.675% ゴールドカードのサービスを体験してみたい方必見
セゾンブルー・アメックス 3,000円(税別) 0.45% 便利な機能多数、コストパフォーマンス抜群のカード
セゾンパール・アメックス 1,000円(税別)※3 0.45% コスト0で使い続けられる、最初のカードならこちら

※1 初年度年会費無料。
※2 初年度年会費無料。また25歳以下の方は26歳になるまで年会費無料。
※3 初年度年会費無料。以降も前年にカード利用があれば無料。

1.セゾンアメックスとアメックスの違いとは?

セゾンアメックスといわゆる「アメックス」の代表的な違いは発行元です。

一般的にクレジットカードは「国際ブランド」の決済システムを使ってクレジットカード会社が発行しています。

国際ブランドとカード会社の関係
国際ブランドとは
クレジットカードの決済機能を国際的に提供している会社のこと。「決済機構」ともいいます。現在はVISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯、Discoverの7つが国際ブランドと呼ばれています。

セゾンアメックスはクレジットカード会社のクレディセゾンがアメリカン・エキスプレスと提携して発行するクレジットカードです。

一方、ハイステータスカードといわれているいわゆる「アメックス」はアメリカン・エキスプレスが自社で発行する「プロパーカード」のことです。

プロパーカードとは
国際ブランドが他社と提携せず、自社で発行するクレジットカードのことです。
セゾンアメックスとアメックスプロパーの違い

セゾンアメックス以外にもアメックスの決済システムを使っている他社発行のクレジットカードは多数存在しています。

しかし、セゾンアメックスは、プロパーカードを除き日本国内で唯一、アメックスのシンボルである「センチュリオン」があしらわれたカードです。

セゾンプラチナとアメックスプラチナ
あのシンボル、格好いいですよね。「センチュリオン」っていうんだ!
お金のプロ
古代ギリシア軍の「百人隊長」をイメージしているそうですよ。センチュリオンはいわばアメックスである証のようなものです。高級感溢れるデザインが魅力的ですよね。

2.徹底比較!セゾンアメックスとアメックスのスペック

アメックスはハイステータスってよく聞くけど、セゾンアメックスはアメックスが発行するものではないんですよね?やっぱり、サービスが全然違うんじゃないですか?
お金のプロ
決してそんなことはありません。セゾンアメックスとアメックスの機能やサービスを徹底比較してみましょう。

自分にぴったり合ったクレジットカードを選ぶためには、多角的な観点から比較・検討することが重要です。

以下の5つの観点から、セゾンアメックスとアメックスの機能やサービスを比較してみましょう。

【機能やサービスを比較するための5つの観点】

2-1.実質的な還元率はセゾンアメックスの方が高い!

まずは、還元率を比較してみましょう。

日々の利用で貯まっていくポイントは、カードを選ぶ上で重要な観点となります。

結論からお伝えすると、還元率はセゾンアメックスの方が優れているといえるでしょう。

ポイントの還元率を確認する場合は、利用金額いくらで何ポイント付与されるかだけでなく、そのポイントが何円相当の価値を持つのかもチェックすべきです。

まず、利用金額に対して、どれだけのポイントが付くかというポイントの付与率をチェックします。

セゾンアメックスの場合は、カードランクによって通常1,000円の利用につき1〜1.5ポイントが付与されます。

アメックスの場合は、カードランクを問わず通常100円の利用につき1ポイントが付与されます。

えっ、ちょっと待ってください。それなら、アメックスの方が断然還元率が高くありませんか?
お金のプロ
一見そう考えられますが、実はそんなことはありません。

貯まったポイントをカード利用代金の決済に利用すると、セゾンアメックスの場合は1ポイントは4.5円相当、アメックスの場合は1ポイントは0.3〜0.5円相当(会員種別により変動)で換算*1されます。

*1 ポイントの価値は常に一定というわけではなく、何に交換するかによっても変動する場合があります。

そのため、このレートに基づいて計算すると、セゾンアメックスの実質還元率は0.45%〜アメックスの実質還元率は0.3%〜となります。

具体的に個々のカードの還元率を確認してみましょう。

発行元 カードランク 実質還元率
セゾン セゾンパール 0.45%
セゾンブルー 0.45%
ゴールド 0.675%
プラチナ 0.675%
アメックス グリーン 0.3%
ゴールド 0.3%
プラチナ 0.3%

また、セゾンアメックスの利用で貯めることができる「永久不滅ポイント」は、その名のとおり有効期限が存在しない点も大きな特徴といえるでしょう。

注意
後述する「SAISON MILE CLUB」に入会し永久不滅ポイントではなくJALマイルを付与された場合はJALマイルの有効期限が適用されます。

一方、アメックスのポイントは入会日を起点として3年が経過した時点で、初年度に獲得されたポイントが失効します。

ただし、一度でもアイテムと交換するか、年会費3,000円(税別)*2の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録するとポイントは無期限となります。

*2 アメックス・プラチナの場合は無料。

なるほど、還元率はポイントにどれだけの価値があるかが重要なんですね。でも、ポイント還元率ならもっと高いカードもあるし、年会費やサービスの方が大事じゃないかなあ。
お金のプロ
その他のサービスも比較していきましょう。

2-2.年会費はセゾンアメックスの方が圧倒的に安い!

続いて、年会費の比較をしてみましょう。

セゾンアメックスは、アメックスのプロパーカードに比べて年会費が圧倒的に安く設定されています。

例えば、同じゴールドカードでも、セゾンゴールド・アメックスは10,000円(税抜)、アメックス・ゴールドは29,000円(税抜)です。

ゴールドカードに限らず、セゾンアメックスとアメックスプロパーカードでは、かかる年会費には大きな差があります。

※表は左右にスクロールできます

カード名 初年度年会費(税別) 2年目以降会費(税別)
セゾン パール 無料 1000円(前年に1回以上カードの利用があれば無料。)
ブルー 無料 3,000円(26歳になるまで年会費無料。)
ゴールド 無料 10,000円
プラチナ 20,000円 20,000円
アメックス グリーン 12,000円 12,000円
ゴールド 29,000円 29,000円
プラチナ 130,000円 130,000円

セゾンアメックスはアメックスプロパーより年会費が手頃なことは明らかです。

さらに、セゾンアメックスのパール、ブルー、ゴールドの場合、初年度は年会費無料で発行できる点も見逃せません。

でも、年会費が安い分、サービスの質も落ちてしまうんじゃないですか?
お金のプロ
一概にそうとはかぎりません。アメックスプロパーに似ている優待や、アメックスのプロパーにはないサービスも用意されていますよ。

2-3.旅行関連サービスはほぼ同等?!

アメックスは、T&Eカード(Travel and Entertainmentカード)と呼ばれ、旅行時や娯楽時に活躍してくれるカードだといわれています。

セゾンアメックスも、ランクの高いカードは特に海外旅行に出かける際のサービスが充実しています。

例えば、海外旅行傷害保険などがその代表格だといえるでしょう。

海外旅行傷害保険?クレジットカードと関係があるんですか?
お金のプロ
実は、クレジットカードのなかには海外旅行中にケガや病気で治療を受けたり、死亡したりした際に保険金を支払ってくれる保険が付いているものがあるのです。セゾンアメックスの一部のカードと、この記事でご紹介するアメックスのプロパーカードの全てに海外旅行傷害保険が付帯しています。

そのほかにも、旅行の際に便利なサービスがたくさん付いていますよ。

ここでは、セゾンゴールド・アメックスとアメックス・ゴールド(プロパー)に付帯している旅行関連サービスを比較してみましょう。

海外旅行傷害保険のほか、国内旅行傷害保険、空港のラウンジが利用できるサービス、国際線利用時*1に自宅・空港間の手荷物配送を無料で行ってくれる「手荷物無料宅配サービス」などがそれぞれ用意されていますよ。
*1 成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港のみ。

また、セゾンアメックスにはアメックスのプロパーにはない海外キャッシング機能も付いています。

         

セゾンゴールド アメックス・ゴールド
海外旅行傷害保険 傷害死亡最高5,000万円 傷害死亡最高5,000万円、旅行費用のカード決済で保険金増額
国内旅行傷害保険 傷害死亡最高5,000万円、入院・通院時にも保険金支払い 傷害死亡最高5,000万円
国内空港ラウンジ利用 国内31カ所、海外1カ所無料で利用可 国内31カ所、海外1カ所無料で利用可
海外空港ラウンジ利用 プライオリティ・パス*1を優待価格で購入可能 プライオリティ・パス*1 スタンダードが無料付帯の上、年2回まで利用できる
手荷物無料宅配 国際線利用時、復路のみスーツケース1個を無料宅配 国際線利用時、往路・復路ともにスーツケース1個を無料宅配
海外キャッシング 不可

*1プライオリティ・パス 世界600都市1,300ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるサービスの会員権。本来はスタンダードで$99、プレステージで$429の年会費がかかる。

微妙にちょっとずつ違うんですね……。
お金のプロ
そのとおりです。ここから詳しく確認していきましょう。

2-3-1.海外旅行傷害保険

セゾンゴールド・アメックス、アメックス・ゴールド(プロパー)ともに海外旅行傷害保険は自動付帯です。

自動付帯とは
クレジットカードに付帯する保険の適用条件。有効な当該カードを所持しているだけで、自動的に保険の保障対象となること。

持っているだけで保険適用の対象となるため、海外旅行先で突然ケガや病気をした場合でも安心です。

ただし、アメックス・ゴールド(プロパー)には旅行費用の決済に当該カードを利用していた場合、保険金額が増額されるというメリットが設けられています。

特に傷害(ケガ)によって死亡した場合の保険金は最高5,000万円から最高1億円に増額されるため、非常に大きいように感じられます。

えっ、保険金1億円!?じゃあアメックス・ゴールドの方が絶対に安心じゃないですか?
お金のプロ
実は、死亡保険金よりも重視すべき保障項目があるのです。

海外旅行中に死亡する確率は非常に低いといえるため、海外旅行傷害保険で特に重視すべき項目は傷害死亡保険金よりもむしろ、ケガや病気で受診した際に保障してくれる保険です。

メモ
外務省が発表した2018年「2018年(平成30年)海外邦人援護統計」によれば、2018年の海外渡航者18,954,031人のうち、犯罪被害・事故・災害・疾病・自殺で死亡した人の数は466人です。つまり、自殺者を含めても海外に渡航中に死亡した方はわずか0.003%であることが分かります。

ケガや病気で受診した際の出費をカバーしてくれる保険金は、傷害治療費用・疾病治療費用・救援者費用の3項目です。

【旅行傷害保険の保険金項目】
  • 傷害治療費用……ケガをして治療を受けた際に治療費用を補填する保険金
  • 疾病治療費用……病気になって治療を受けた際に治療費用を補填する保険金
  • 救援者費用……旅行中にケガや病気で入院し親族などが救援者として現地に足を運んだ場合の航空運賃や宿泊費を補償する保険金

これらの3項目は、セゾンゴールド・アメックスの自動付帯の保険と、アメックス・ゴールド(プロパー)のカード決済によって増額した場合の保険で同じ額の保険金が設定されています。

それぞれの詳しい保険金の額は、以下の表をご覧ください。

セゾンゴールド
(代金決済の有無を問わず)
アメックス・ゴールドf
旅行代金決済なし 旅行代金決済あり
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円 最高1億円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円
賠償責任 最高3,000万円 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害 最高30万円 1旅行中最高50万円 1旅行中最高50万円
救援者費用 最高300万円 保険期間中最高200万円 保険期間中最高400万円
300万円も治療費を保障してもらえるんだ!アメックスの利用付帯で増額した分とも同額だし、自動付帯な分セゾンゴールド・アメックスの方が魅力的かも……。

2-3-2.国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険は、セゾンゴールド・アメックス、アメックス・ゴールド(プロパー)ともに利用付帯となっています。

航空券をカード決済した飛行機搭乗中、宿泊費をカード決済したホテルの宿泊中、代金をカード決済したツアーの参加中などに死亡した場合などが保険適用の対象となります。

傷害死亡・後遺障害の保険金はセゾンゴールド・アメックスもアメックス・ゴールド(プロパー)も同じ5,000万円ですが、セゾンゴールド・アメックスに付帯する保険の特長として、死亡時だけでなくケガで入院・通院した場合も保険金が支払われるという点があります。

セゾンゴールド・アメックスの方が国内旅行傷害保険は優秀だといえますね。

セゾンゴールド・アメックス アメックス・ゴールド
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円
入院日額 5,000円 なし
通院日額 3,000円 なし

2-3-3.国内空港ラウンジ利用

セゾンゴールド・アメックス、アメックス・ゴールド(プロパー)ともに国内主要空港31カ所およびハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジを無料で利用することができます。

空港ラウンジとは
特定の会員または利用料金を支払った人しか利用することのできない空港の待合室のこと。搭乗ゲート前に設けられているケースが一般的です。ラウンジ内では軽食やドリンクのほかWi-Fi、パソコン、コピー機、新聞などが提供されます。
空港ラウンジ

利用の際は対象ラウンジに足を運び、カードを提示するだけです。

出国前の時間を静かにゆったりと過ごすことができますよ。

忙しいビジネスパーソンの方にもぴったりですね。

空港の待合室や飲食店はどこも混んでいるから、ゆっくりできる場所があるのはありがたいですね!

2-3-4.海外空港ラウンジ利用

特に海外から帰国する際は疲れも溜まっていて、静かなラウンジで搭乗前の時間を過ごしたいと思いますよね。

「プライオリティ・パス」があれば海外でも空港ラウンジを利用することができます。

空港ラウンジ2

プライオリティ・パスはセゾンゴールド・アメックスでもアメックス・ゴールド(プロパー)でも利用できますが種類と価格が異なるので注意が必要です。

プライオリティ・パスとは
世界600以上の都市にある1,300カ所の空港ラウンジを利用することができる会員権のこと。

利用ごとに$32がかかる年会費$99の「スタンダード」、10回まで無料で利用でき11回目以降は1回の利用につき$32がかかる年会費$299の「スタンダード・プラス」、何度でも無料で利用できる年会費$429の「プレステージ」の3種類が用意されています。

セゾンゴールド・アメックスの場合、通常年会費が$429(約46,000円)の「プライオリティ・パス プレステージ」を年間10,000円(税別)の優待価格で購入することができます。

一方、アメックス・ゴールド(プロパー)の場合は、通常年会費が$99の「プライオリティ・パス スタンダード」が無料で付帯している上、通常は毎回支払う利用代金が2回まで無料となります。

セゾンゴールド・アメックスの優待価格でプライオリティ・パス プレステージを購入すると、定価より約35,000円も安いんですね!
お金のプロ
そのとおりです。また、セゾンプラチナ・アメックスならプライオリティ・パスがさらにお得に利用できます。

プライオリティ・パスの利用を検討されている方は、セゾンプラチナ・アメックスの発行がおすすめです。

セゾンプラチナ・アメックスの場合、プライオリティ・パス プレステージが無料で付帯しています。

セゾンプラチナ・アメックスセゾンゴールド・アメックスとの年会費の差額は10,000円(税別)なので、初めからセゾンプラチナ・アメックスを発行してプライオリティ・パスを無料でゲットした方が、プラチナカードならではの優待も利用できるのでお得だといえます。

一度プライオリティ・パス プレステージを手に入れれば、その年は何度でも対象の空港ラウンジを無料で利用できます。

年に何度も海外へ行くという方ならセゾンゴールド・アメックスもしくはセゾンプラチナ・アメックスの方がお得かもしれませんね。

2-3-5.手荷物無料宅配

海外旅行の際、重たい荷物を持って自宅と空港を行き来するのは億劫ですよね。

空港と自宅の間をスーツケースを無料で配送してくれる「手荷物無料宅配」は必見です。

手荷物無料宅配とは
空港・自宅間の手荷物配送サービスを無料で利用することができるクレジットカードの優待のこと。成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港の国際線利用時が対象です。

こちらのサービスはセゾンゴールド・アメックスとアメックス・ゴールド(プロパー)に共通して用意されています。

しかし、セゾンゴールド・アメックスよりアメックス・ゴールド(プロパー)の方が手厚いといえるでしょう。

帰国時にしか利用できないセゾンゴールド・アメックスに対して、アメックス・ゴールド(プロパー)なら往路・復路ともに利用することができるためです。

なお、セゾンゴールド・アメックスで往路も手荷物宅配を利用したいという場合はスーツケース1個につき100円割引という優待価格が適用されます。

こんな便利なサービスがあるんだ!どうやって使うんだろう?

セゾンアメックス・アメックスプロパーともに帰国時に利用する場合は、クレジットカードと自宅まで配送したい手荷物を持って空港のJALカウンターに足を運ぶだけです。

出国時の利用は、事前にカードデスクもしくは専用ウェブサイトから申し込んで集荷してもらい、出国当日に空港カウンターで手荷物を受け取ることになります。

2-3-6.セゾンアメックスなら、海外キャッシングも利用できる

セゾンアメックスには、アメックスのプロパーカードにはない海外キャッシングの機能が付いています。

海外キャッシングとは
海外現地ATMから現地通貨をキャッシングすることができる機能。返済は翌月以降のカード引き落としで行われる。

世界各地でキャッシュレスが進んでいるとはいえ、海外旅行の際に現地通貨は欠かせませんよね。

急に入用になった場合でも、海外キャッシング機能付きのクレジットカードなら最寄りの対応ATMで口座からお金を下ろすときのように簡単に現地通貨を引き出すことができます

お金のプロ
空港などで日本円を両替するよりも現地のATMで現地通貨をキャッシングする方が、一般的にレートが有利だといわれています。

2-4.マイル還元率ならセゾンのハイランクカード!

クレジットカードのなかには、マイルを貯めたり、カードのポイントをマイルに移行したりできるものも少なくありません。

マイルを貯めれば、無料で海外旅行ができる「特典航空券」などの豪華商品と交換できます。

セゾンカードではJAL・ANAのマイル、アメックスカードはANAを中心とした15の提携航空会社のマイルを貯めることができます。

結論からお伝えすると、セゾンゴールド・アメックスセゾンプラチナ・アメックスは、アメックスのプロパーカードよりも還元率が高く、コストを抑えてマイルを貯めることができるといえます。

お金のプロ
セゾンアメックスの場合は、マイルを貯めるにはゴールドプラチナのいずれかがおすすめです。アメックスのプロパーカードはどのランクのカードでもマイルを貯められます。

セゾンアメックス(ゴールドプラチナ)にせよ、アメックスのプロパーカードにせよ、効率よくマイルを貯めるためには有料サービスへの加入が必須であることに注意が必要です。

有料サービスに加入することで、以下のようにマイル還元率がアップします。

セゾンアメックス(ゴールドプラチナ アメックスプロパー全般
通常のポイントをマイルに移行する場合 200ポイント=500マイルのレートで移行可能 年会費5,000円(税別)*1の「メンバーシップ・リワード ANAコース」への加入が必須で、2,000ポイント=1,000マイルのレートで移行可能
有料サービスでマイル還元率をアップさせる場合 年会費4,000円(税別)*1の「SAISON MILE CLUB」に加入すると通常のポイントの代わりに1,000円ごとに10マイルが貯まり、さらに2,000円ごとに1ポイント付与されるポイントを200ポイント=500マイルのレートで移行可能 「メンバーシップ・リワード ANAコース」への加入に加えて年会費3,000円(税別)*3の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入すると、移行レートが1,000ポイント=1,000マイルにアップ

*1 セゾンプラチナ・アメックスの場合は無料。
*2 アメックス・プラチナの場合は無料。
*3 アメックス・プラチナの場合は無料。

アメックスプロパーの場合、ポイントをマイルに移行するだけでカード年会費に加えて年間5,000円を支払って「メンバーシップ・リワード ANAコース」に加入しなくてはなりません。

マイル還元率をアップさせたい場合にはさらに年会費3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入する必要があります。

非常にコストがかかってしまうということですね。

カード利用代金に対するマイル付与数の実質的なマイル還元率と、貯めるのにかかるコストをまとめると以下のようになります。

発行会社 カードランク 通常時 マイル還元率アップ時
マイル還元率 コスト(税別) マイル還元率 コスト(税別)
セゾン ゴールド 0.375% 10,000円 1.125% 14,000円
プラチナ 20,000円 20,000円
アメックス グリーン 0.5% 17,000円 1.0% 20,000円
ゴールド 34,000円 37,000円
プラチナ 130,000円 130,000円

*表中の「コスト」とは、カード年会費やマイル移行・マイル還元率アップにかかるサービスの年会費を足し合わせたものです。

セゾンゴールド・アメックスセゾンプラチナ・アメックスでSAISON MILE CLUBに加入すれば、1.125%もの還元を受けられます。
低コストで効率よくマイルを貯められることが分かりますね。

これはJALマイルを貯めることができるクレジットカードのなかでも、トップクラスに高い還元率であるといえます。

メモ
2020年3月現在、通常のショッピング利用で貯まるJALマイルの還元率が最も高いクレジットカードは年会費31,000円(税別)のspg.アメックス(1.25%)ですが、セゾンゴールド・アメックスセゾンプラチナ・アメックスはそれに次ぐ還元率を誇っています。

また、アメックスとJALが提携して発行しているJALカードのゴールドカード「JAL CLUB-Aカード」は年会費が16,000円(税別)で100円につき1マイルが貯まるという、還元率1.0%のカードです。

アメックスの方がずっとコストがかかるののに、セゾンアメックスの方が還元率が高いんですね!
お金のプロ
JALマイルを貯めるなら、セゾンゴールド・アメックスまたはセゾンプラチナ・アメックスの利用が断然おすすめです。

2-4-1.セゾンゴールド・セゾンプラチナならJALマイルがこんなに貯まる!

マイル還元率が高いのは分かったけど、具体的にいくら使うとどれくらいマイルが貯まって、何ができるんですか?
お金のプロ
これから詳しく解説していきましょう。

セゾンゴールド・アメックスもしくはセゾンプラチナ・アメックスで「SAISON MILE CLUB」に登録すると、カード利用1,000円ごとに通常のセゾン永久不滅ポイントに代わって10マイルが貯まり、さらに2,000円につきセゾン永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。

永久不滅ポイントは200ポイント=500マイルのレートでJALマイルに移行することができます。

メモ
「SAISON MILE CLUB」は、セゾンゴールド・アメックスの場合年会費4,000円(税別)が必要となります。

セゾンプラチナ・アメックスなら年会費無料です。

この場合、年間120万円利用すると、13,500ものマイルを貯めることができます。

13,500マイルあれば、なんとグアムの片道特典航空券もゲットできてしまうのです。

セゾンマイルクラブ
日頃の買い物にカードを使っているだけで、無料で旅行に行けちゃうんだ!
お金のプロ
そのとおりです!生活費の決済に利用していれば、あっという間に特典航空券と引き換えられるだけのマイルが貯まってしまいますよ。

注意
セゾンパール・アメックスやセゾンブルー・アメックスの場合、「SAISON MILE CLUB」への加入はできません。

2-5.その他の優待も要チェック、セゾンなら西友5%オフも!

クレジットカードは毎日の生活で使うものですから、旅行時に活躍してくれるサービスだけではなく、日頃から使える優待も要チェックです。

クレジットカードの優待は、発行会社などの特性によって大きく異なります。

元々西武百貨店・西友などを中心とするグループ会社を母体とするクレディセゾンが発行するセゾンアメックスはステータス性だけでなく日頃のお買い物に嬉しい優待も付帯しています。

2-5-1.セゾンアメックスなら西友などのスーパーで5%オフ

セゾンアメックスなら、西友・リヴィン・サニーで毎月第1・第3土曜日の恒例開催日及び特別開催日に5%オフでお買い物ができます。

日用品や食料品が安く購入できるなんて嬉しいですよね。

もちろん、お買い物金額に対してポイントも付与されます。

なるほど、アメックスプロパーにはない優待も魅力的ですね!

3.あなたにぴったりなセゾンアメックスはどれ?カード徹底紹介

セゾンアメックスは、アメックスのプロパーカードに劣らない魅力的なカードであることが分かりましたね。

それでは、セゾンアメックスカードの種類と付帯サービスの内容をご紹介しましょう。

セゾンアメックスには4種類のカードがあります。

きっとあなたにぴったりなカードが見つかりますよ。

             

種類 券面 初年度年会費(税別) 2年目以降年会費(税別) ポイント還元率 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 国内空港ラウンジ利用 海外空港ラウンジ利用 手荷物無料宅配 マイル還元率
パール セゾンパール 無料 1,000円*1 0.45% 不可 不可 0.375%
ブルー セゾンブルー 無料 3,000円*2 0.45% 自動付帯 利用付帯 不可 不可 0.375%
ゴールド セゾンゴールド 無料 10,000円 0.675% 自動付帯 利用付帯 可*3 0.45〜1.125%*4
プラチナ セゾンプラチナ 20,000円 20,000円 0.675% 自動付帯 自動付帯 可*5 0.45〜1.125%*6

*1 前年に1回以上の利用があれば無料。
*2 26歳になるまで年会費無料。
*3 世界600都市1,300ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス プレステージ」の会員権を優待価格で購入可能。
*4 年会費4,000円(税別)の「SAISON MILE CLUB」への登録で還元率が1.125%にアップ。
*5 世界600都市1,300ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス プレステージ」の会員権が付帯。
*6 年会費無料で「SAISON MILE CLUB」への登録で還元率が1.125%にアップ。

メモ
法人カードの作成をご検討されている方は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの利用がおすすめです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

種類1.豪華な優待を受けたいならコスパ抜群のセゾンプラチナ・アメックス

セゾンプラチナ
コストパフォーマンス最強のプラチナカード!
セゾンアメックスの中で最高ランクのカードとなるセゾンプラチナ・アメックスは、最上級のサービスを最小限の出費で受けられるカードです。
初年度年会費(税別) 20,000円
2年目以降年会費(税別) 20,000円
ポイント還元率 0.675%
海外旅行傷害保険 自動付帯
国内旅行傷害保険 自動付帯
国内空港ラウンジ利用
海外空港ラウンジ利用 可*
手荷物無料宅配
マイル還元率 0.375〜1.125%*2

*1 世界600都市1,300ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス プレステージ」の会員権が無料で付帯。
*2 無料でSAISON MILE CLUBに加入すると還元率が1.125%にアップ。

ポイント① プラチナカードのなかでは年会費格安

セゾンプラチナ・アメックスの魅力の一つは、年会費が格安であることです。

一般的にプラチナランクのカードを利用するためには高額の年会費を支払う必要があります。

【代表的なプラチナカードの年会費】

カード名 年会費(税別)
セゾンプラチナ 20,000円
JCBプラチナ 25,000円
三井住友カードプラチナ 50,000円
アメックス・プラチナ 130,000円

セゾンプラチナ・アメックスは年会費がたった20,000円です。

お金のプロ
他のカードの年会費と比べると、セゾンプラチナ・アメックスの年会費がプラチナカードとしては破格だということがわかりますね。

②国内でも海外旅行時も大活躍の充実した優待

もちろん、充実した優待を受けられるのが魅力のプラチナカードですから、年会費が安いというだけではおすすめできません。

セゾンプラチナ・アメックスの優待は、年会費をはるかに上回る豪華な内容だといえます。

例えば、セゾンプラチナ・アメックスには24時間年中無休のコンシェルジュ・サービスがついています。

航空券やホテルの手配、旅行のプランについてなど、いつでも相談できるというのはプラチナ会員の特権です。

また、空港・自宅間のスーツケース無料宅配サービスや、空港ラウンジの利用が無料など、旅行時に活躍してくれる優待がたくさん付帯しています。

海外旅行傷害保険はカードを所有しているだけで適用される自動付帯で、保険金額も大きく設定されています。

日本国内で活躍してくれるサービスも多様で、家事代行サービスやスポーツクラブ、高級旅館の宿泊、各種のチケット予約などを優待価格で利用することができますよ。

本来は年会費4,000円(税別)であるJALマイルの還元率が大幅にアップするサービス「SAISON MILE CLUB」への登録が無料なのも嬉しいポイントです。

ポイント③ プライオリティ・パス プレステージの年会費が無料

また、セゾンプラチナ・アメックスの保持者は世界600都市1,300カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パス プレステージの年会費が無料となります。

通常、プライオリティパスのプレステージ会員になるためには、$429(約46,000円)の年会費が必要です。

セゾンプラチナ・アメックスなら、年会費20,000円(税別)で非常にお得な優待を多数受けられることが分かりますね。

【まとめ】ココがおすすめ!
  • プラチナカードのなかでは年会費格安
  • 国内でも海外旅行時も大活躍の充実した優待
  • プライオリティ・パス プレステージの年会費が無料
\ コストパフォーマンス最強のプラチナカード /

種類2.ハイステータスカードの優待を体験したいならセゾンゴールド・アメックス

セゾンゴールド
初年度年会費無料のゴールドカード!
ゴールドカードの豪華なサービスを体験してみたい、という方は必見です。初年度年会費無料でハイステータスカードの実力を発揮してくれます。
初年度年会費(税別) 無料
2年目以降年会費(税別) 10,000円*1
ポイント還元率 0.675%
海外旅行傷害保険 自動付帯
国内旅行傷害保険 利用付帯
国内空港ラウンジ利用
海外空港ラウンジ利用 可*
手荷物無料宅配
マイル還元率 0.375〜1.125%*2

*1 世界600都市1,300ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス プレステージ」の会員権を優待価格で購入可能。
*2 年会費4,000円のSAISON MILE CLUBに加入すると還元率が1.125%にアップ。

ポイント① 初年度年会費無料で発行できる

セゾンゴールド・アメックス初年度年会費無料で発行できるゴールドランクのカードです。

ゴールドカードに付帯するサービスを体験してみたい方はまず無料でセゾンゴールド・アメックスを作ってみると良いでしょう。

ポイント② ゴールドカードならではの優待も充実

ゴールドカードならではのさまざまな優待は要チェックです。

海外旅行傷害保険は自動付帯で、国内旅行傷害保険も旅行費用をカード決済しておくことで利用できます。

また、国際線で帰国時の手荷物無料宅配サービスや国内28空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが無料できるサービスも付帯しています。

旅行時に大活躍してくれるカードであることが分かりますね。

国内の各種サービスが優待価格で利用できる会員限定サービスも必見です。

ポイント③ JALマイルがザクザク貯まるコスパ最強カード

セゾンゴールド・アメックスは、JALマイルの還元率が非常に高いクレジットカードです。

年会費4,000円(税別)の「SAISON MILE CLUB」に登録すると、 JALマイルの還元率が1.125%となります。

例えば年間120万円利用した場合、単純計算で13,500マイルが貯まり、グアム片道特典航空券と引き換えることができます。

JALマイルを貯めたいなら、セゾンゴールド・アメックスは必見ですよ。

【まとめ】ココがおすすめ!
  • 初年度年会費無料で発行できる
  • ゴールドカードならではの優待も充実
  • JALマイルがザクザク貯まるコスパ最強カード
\ 初年度年会費無料のハイステータスカード /

種類3.25歳以下の方必見、コスパ抜群のセゾンブルー・アメックス

セゾンブルー
25歳以下なら年会費無料、以降も年会費3,000円(税別)で実用性の高いカード
セゾンブルー・アメックスは、年会費が手頃ながら充実したサービスが付帯するコストパフォーマンスの高いカードです。
初年度年会費(税別) 無料
2年目以降年会費(税別) 3,000円*1
ポイント還元率 0.45%
海外旅行傷害保険 自動付帯
国内旅行傷害保険 自動付帯
国内空港ラウンジ利用 不可
海外空港ラウンジ利用 不可
手荷物無料宅配
マイル還元率 0.375%

*1 26歳になるまで年会費無料。

ポイント① 25歳以下年会費無料、以降も年会費格安

セゾンブルー・アメックスは、26歳になるまで年会費が無料のクレジットカードです。

26歳以上であっても初年度の年会費は無料なので気軽に使い始めることができます。

また、以降の年会費も3,000円(税別)と手頃です。

ポイント② 海外旅行保険など便利なサービスが多数

セゾンブルー・アメックスには、海外旅行保険が自動付帯しています。

この海外旅行傷害保険には300万円の傷害・疾病治療補償が付いているため、セゾンブルー・アメックスを持っていれば旅行中の万一の事態にも安心です。

国際線で帰国時に空港から自宅まで手荷物を無料で宅配してくれるサービスも付帯しています。

この手荷物無料宅配サービスは、ゴールドカードに付帯していることが一般的なサービスです。

センチュリオンが大きくあしらわれた落ち着いた券面も魅力的ですよね。

25歳以下の方は特に、今すぐ発行すべきクレジットカードだといえますよ。

最短3営業日発行なので、申し込みから手元に届くまですぐなのも嬉しいポイントですよね。

【まとめ】ココがおすすめ!
  • 25歳以下年会費無料、以降も年会費格安
  • 海外旅行保険など便利なサービスが多数
\ 26歳になるまで年会費無料 /

種類4.無料でセゾンアメックスを使い続けられるセゾンパール・アメックス

セゾンパール
セゾンアメックスの年会費最安カード
セゾンアメックスのなかで年会費が最安のカードです。初年度の年会費は無料、翌年以降も無料で使い続けることができます。
初年度年会費(税別) 無料
2年目以降年会費(税別) 1,000円*1
ポイント還元率 0.45%
海外旅行傷害保険 自動付帯
国内旅行傷害保険 自動付帯
国内空港ラウンジ利用 不可
海外空港ラウンジ利用 不可
手荷物無料宅配
マイル還元率 0.375%

*1 前年に1回以上の利用があれば翌年年会費無料。

ポイント① コスト0で使い続けられる

セゾンパール・アメックスは、とにかくコストを抑えてセゾンアメックスを利用したい方に最適のカードです。

初年度の年会費は無料、翌年以降もコスト0で使い続けることができます。

年に1回でもカードを利用すれば、翌年の年会費が無料になるシステムです。

ポイント② 日常遣いにぴったり

セゾンパール・アメックスを利用すると、もちろんクレディセゾンが提供する「永久不滅ポイント」が貯まります。

また、毎月第1・第3土曜日の恒例開催日及び特別開催日に西友・リヴィン・サニーで5%オフでお買い物ができるなど、その他のクレディセゾンが発行するカードに特有のサービスを利用することができます。

アメックスが提供する、国内や海外でさまざまなサービスが優待価格で利用できるアメリカン・エキスプレス・コネクトも利用可能です。

海外旅行傷害保険や空港ラウンジ利用、手荷物無料宅配など海外旅行向けサービスは付帯していませんが、日常遣いで活躍してくれる質実剛健なクレジットカードだということができるでしょう。

セゾンアメックスが気になっている、という方はまずセゾンパール・アメックスから発行してみるというのも一つの手ですよ。

【まとめ】ココがおすすめ!
  • コスト0で使い続けられる
  • 日常遣いにぴったり
\ 実質コストゼロで使い続けられる /

4.まとめ

セゾンアメックスは、クレディセゾンが発行するアメックスのクレジットカードです。

アメックスのプロパーカードに比べて年会費が非常に安価に設定されていますが、アメックスのシンボルであるセンチュリオンがあしらわれた券面には高級感があります。

特にセゾンプラチナ・アメックスセゾンゴールド・アメックスは非常に充実した優待を利用できるハイステータスカードにもかかわらず、年会費が手頃に設定されています。

JALマイルがザクザク貯まる、日常遣いに活躍してくれるクレディセゾンのサービスが利用できるといった点も見逃せません。

アメックスが気になっているが年会費の高さから発行を躊躇っている、という方には特におすすめのクレジットカードです。

コストパフォーマンスとステータス性の高さが両立できるのが魅力ですよ。

初年度年会費無料のセゾンゴールド・アメックス>>

コストパフォーマンス抜群のセゾンプラチナ・アメックス>>