資金調達を即日でする方法は?おすすめファクタリング業者を紹介!

「どうにかして今日中に資金調達ができる方法はないかな?」

「審査に時間がかかるんじゃない?受かるかどうかも心配……」

即日で資金調達をしたいが、どんな方法を使えばいいか分からずお悩みの方は多いでしょう。

また、事態が一刻を争う場合、申し込んだ審査に落ちてしまうといったタイムロスも避けたいですよね。

そこでおすすめの方法が売掛債権の買取サービスである「ファクタリング」です。

ファクタリングは融資ではないため、利用できる可能性が他の方法と比べて高いのです。

この記事では即日で資金調達できる可能性が高いファクタリングの仕組みと信頼できるファクタリング業者を紹介します。

税理士
スムーズにファクタリングを利用するポイントもあわせて解説しますよ。
この記事の監修税理士
監修税理士の税理士法人チェスター代表 福留正明
税理士法人チェスター代表
福留 正明
公認会計士・税理士・行政書士。富裕層の資産税コンサルティングに強みを持つ税理士法人チェスターの代表社員。 相続税申告実績は税理士業界でもトップクラスの年間1,500件以上(累計7,000件以上)を取り扱う。相続税申告サービスやオーダーメイドの生前対策、相続税還付業務等を行う。 資産税関連書籍の執筆や各種メディアから取材実績多数有り。
税理士法人チェスターは、グループ総勢200名以上の税理士事務所です

1.資金調達を即日でする方法は?

今日中に資金を調達しないと、支払いに間に合わない……。
なんとしてでも即日で資金調達できる方法を知りたい……。

とお困りの方もいらっしゃるでしょう。

資金調達が即日でできるとされている方法には以下のようなものがあります。

資金調達を即日でする方法

「どれを利用すれば確実に即日で資金調達できるの?」

という点が最も気になるポイントですよね。

残念ながら「必ず即日で資金調達できる」と断言することはできません。

しかし、自分が置かれている状況に応じてなるべく可能性が高い方法を選択することは可能です。

したがって、即日で資金調達する可能性を上げるためにはそれぞれの調達方法について詳しく知っておく必要があるといえます。

税理士
まずはそれぞれの仕組みと、メリット・デメリットを確認しましょう。

方法1 二者間ファクタリング

「二者間ファクタリング」は即日で資金調達できる可能性がある方法の一つです。

二者間ファクタリング?初めて聞いたなあ……。
税理士
ファクタリングそのものを初めて知ったという方も多いでしょう。

ファクタリングは簡単にいえば売掛債権の買取サービスです。

売掛債権とは
顧客に提供したサービスや商品に対する代金のうち、未払いのものを請求する権利のことです。未入金の請求書などが該当します。

ファクタリングには主に利用者とファクタリング業者の間で完結する「二者間ファクタリング」と、売掛先に売掛債権を売却することの承諾を得てから行う「三者間ファクタリング」があります。

即日での資金調達を目指す場合は取引先とのやり取りが不要である「二者間ファクタリング」の利用がおすすめです。

二者間ファクタリング

二者間ファクタリングは迅速に資金調達できる可能性が高いだけではなく、取引先にファクタリングしたことを知られにくいというメリットもあります。

二者間ファクタリングのデメリットは手数料が高めであることです。

手数料の相場は10~20%であるといわれています。

資金繰りが苦しいのに、そんなに高い手数料払えないよ……。
税理士
なかには相場よりも安い手数料で二者間ファクタリングできる業者もありますよ。

即日で対応してくれる可能性があり、手数料を低水準で設定しているファクタリング業者はこちらで詳しく紹介します。

メモ
ファクタリングは入金期日を迎えていない売掛債権を売却する「買取型ファクタリング」と、事前に契約を結んでおき、入金期日を過ぎても売掛先から入金がなかった場合にファクタリング業者が売掛金を支払ってくれる「保証型ファクタリング」などに分けられます。単に「ファクタリング」というときは買取型ファクタリングを指すことが一般的であり、この記事でも買取型ファクタリングを指す言葉として使用しています。

方法2 ビジネスローン

ビジネスローンは「事業資金としての利用に特化したローン商品」です。

融資を受けたいけど、担保にできるような不動産がない……。
保証人になってくれる人がすぐには見つからない……。

とお困りの方でも、無担保・無保証で融資を受けられるビジネスローンなら利用できる可能性があります。

銀行に申し込んだ場合、審査期間は3~5日程度かかるとされていますが、ノンバンクなら即日で融資をしてくれるところもあります。

ノンバンクとは
消費者金融会社、クレジットカード会社など銀行以外の金融機関の総称です。ノンバンクではお金を預かる「預金業務」を行わない点に銀行との違いがあります。

ただし、ノンバンクであってもビジネスローンは審査に通過しなければ利用することができません。

返済が完了していない融資があったり、税金を滞納していたりする場合、審査に落ちて利用できない可能性が高くなってしまいます

また、無事に審査をクリアしてノンバンク系のビジネスローンを借りられたとしても注意すべき点がいくつかあります。

ビジネスローンの金利は通常の融資よりも高いため、返済が長引くと大きな負担となってしまいます。

さらに、ノンバンクのビジネスローンは今後の融資に悪影響を及ぼす恐れもあります。

ビジネスローンの借入先は決済書に記載されるため、ノンバンクから借り入れをしたという事実は金融機関に知られてしまいます。

ビジネスローンの利用は「ノンバンクからの融資歴があるということは、資金繰りが苦しいのでは?」と金融機関に判断される原因となり、審査の際に不利になってしまうのです。

方法3 カードローン

専用のカードを使って銀行やコンビニのATM、インターネット上で手軽に借り入れをできるのが「カードローン」です。

カードローンはビジネスローンと異なり「使用用途を問わないローン」であるといわれています。

しかし、事業に使うお金は一般のカードローンでは借りることができません

じゃあ、カードローンでは資金調達はできないってこと……?
税理士
カードローンで借り入れたお金を生活費とし、生活費を会社の資金に回すという手がありますよ。

カードローンは提供元によって「銀行系カードローン」「消費者金融系カードローン」「信販系カードローン」などがあります。

メモ
「信販系カードローン」とはいわゆるクレジットカード会社が扱うカードローンのことです。クレジットカードに付帯するキャッシング機能を指します。

これから申し込みをする場合、即日で融資を受けられる可能性があるのは消費者金融系のカードローンです。

借り入れの際は無担保・無保証で利用できますが、申し込み時に審査を受ける必要があります。

過去に携帯電話料金やクレジットカードの利用料金の滞納があるなどの問題が信用情報に記録されている場合、審査に通過することは難しくなります

方法4 手形割引

手形割引とは、手形を所有している会社が満期となる前の手形を手数料や利息を差し引いた金額で第三者に買い取ってもらう資金調達の方法です。

手形とは
商品やサービスの提供を受けた会社が一定の期間の後に記載してある金額を支払うことを約束して発行する書面です。提供元の会社が現金を受け取るのは一般的に1~4ヶ月後になります。

手形割引の仕組みを図示すると以下のようになります。

手形の仕組み

手形割引業者によっては最短即日で手形を現金化できる場合もあるため、手形を持っている場合は資金調達の方法として重宝します。

なんだかファクタリングと似ている気がするなあ。
税理士
確かに、手形割引とファクタリングは混同されやすい手段です。2つの違いを確認しましょう。

まず、手形割引を利用するためには取引先と手形での取引をしている必要があります。

請求書を現金化するファクタリングと比べて、手形割引は利用できる人が限られているといえるでしょう。

また、手形割引とファクタリングの大きな違いは、「償還義務」の有無にあります。

手形割引の利用者には、手形を発行した「振出人」が倒産などの理由で手形金の支払いができない(手形が「不渡り」となった)場合、手形の「引受人」である手形割引業者に対して手形金の支払いを行う義務が課されるのです。

上記の義務を償還義務といいます。

一方、ファクタリングでは償還義務なしで利用することも可能です。

手形割引の場合、手形が不渡りになったらまた資金調達に苦しめられることになるのか……。

また、手形割引は「手形を担保にした融資」であるため手形割引業者による審査に通過しなければ利用できません。

利用者の信用情報が良くない場合、手形割引に応じてもらえない可能性もあります。

方法5 知人から借りる

友人にお金を貸してくれないか頼んでみようかな……。
税理士
親族なら複雑な手続きが必要ないから、すぐに資金調達できるかも……。

このように知人や友人、親族からお金を借りたいとお考えの方は多いでしょう。

しかし、たとえ近しい間柄だとしても口約束でお金の貸し借りをするのはトラブルの元となるので避けるべきです。

借り入れの際は必ず「借用書」もしくは「金銭消費賃借契約書」を作成しましょう。

借用書/金銭消費賃借契約書とは
誰が誰に対していくら貸したのか、返済期限はいつなのかなどを証明する書類です。借用書は借主が署名し貸主が保管しますが、金銭消費貸借契約書は借主と貸主の両方が署名し双方が保管します。契約書としては金銭消費貸借契約書の方がより厳格です。

利息の有無や支払いが遅れた場合の遅延損害金などを明文化しておくことで、トラブルが発生するリスクを軽減することができますよ。

万が一トラブルに発展して裁判沙汰になってしまった場合、借用書や金銭消費賃借契約書を証拠として提出することもできます。

また、親子間で書類の取り交わしをせずに金銭の貸借をしてしまうと「贈与」と見なされ贈与税が課されてしまう場合もあります

メモ
贈与税は個人間で高額の資産の移動があった場合に課される税金です。1年間に110万円を超えるお金をもらうと課税の対象となります。

そうならないためにも、親子間であっても借用書や金銭消費賃借契約書はしっかりと作成しましょう。

2.資金調達を即日でしたいならファクタリングがおすすめ

融資の審査に受かるかどうか不安になってきた……。
資金調達の方法は分かったけど、結局どの方法で資金調達をしたらいいの?

このようなお悩みをお持ちになった方もいらっしゃるかもしれません。

結論からいえば、資金調達を即日でしたい場合はファクタリングがおすすめです。

その理由はファクタリングの仕組みと特有の審査基準にあります。

金融機関から融資を受ける場合は、当然のことながら借りたお金を後に返済しなければなりません。

金融機関は利用者に返済してもらえなければ貸し倒れになってしまいますから、申し込み時に利用者の返済能力を審査します。

そのため、利用者の信用力に問題がある場合、金融機関に「貸し倒れリスクが高い」と判断され利用を断られてしまう可能性があるのです。

一方、ファクタリングは融資や貸し付けではなく「売掛債権の買取サービス」です。

そのため、売掛先と売掛債権の金額が主な審査の対象となります。

融資や借り入れの場合と異なり、利用者の会社の規模や信用情報、法人であるかどうかはそれほど重視されません。

メモ
なかには個人事業主の利用が不可となっているファクタリング業者もあります。個人事業主がファクタリングを利用する際の流れ、おすすめの業者についてはこちらの記事でも詳しく解説していますよ。

税金の滞納があったり、返済中の融資があったりして融資の審査に落ちた方でも、ファクタリングなら利用できる可能性があるのです。

3.即時対応可!おすすめファクタリング業者9選

ファクタリングがおすすめなのは分かったけど、どの業者を利用すればいいか分からないよ……。
対応が早い代わりに、高い手数料を取られるんじゃないの?

このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。

迅速に対応してくれるのはもちろん、手数料をなるべく低く設定している業者を知りたいですよね。

そこで、ここからは公式サイトで「即時対応可」をうたっており、手数料を相場よりも安く設定しているファクタリング業者9社をご紹介します。

おすすめ1 OLTA

OLTA
メリット
24時間以内で審査完了、即日振込
取引額の下限設定なし
業界最大規模、大手企業とも多数提携
デメリット
売掛先が個人事業主の売掛債権は取り扱い対象外
こんな人におすすめ!
資金調達をオンラインでスピーディーに済ませたい方

OLTAはオンライン完結でファクタリングができるサービスです。

申し込みから契約まで、対面での面談が一切不要であるため資金調達にかかる時間を大幅に短縮することができますよ。

また、OLTAでは手数料を2~9%と非常に低い水準に抑えています

一般にファクタリングでは売掛債権の額が小さいほど手数料が高額になる傾向がありますが、OLTAなら最大でも9%なので手数料が負担になりにくいといえます。

メガバンクや日本郵政グループの会社など数多くの大企業と取引があることからも、信頼性の高い会社であることが分かります。

ファクタリングの利用に不安をお持ちの方でも、安心して利用できるサービスです。

おすすめ2 anew

メリット
24時間以内で審査完了、即日振込
ネットで1,000万円以上の調達が可能
新生銀行とOLTAが共同運営元で安心
デメリット
個人事業主は利用できない
こんな人におすすめ!
ネットではやく簡単に資金調達を済ませたい方
銀行が運営母体の安心感のあるファクタリングサービスを利用したい方

anew(アニュー)は2020年2月にOLTAと新生銀行が共同で運営を開始した新しいファクタリングサービスです。

「ファクタリングのサービスってなんだか怪しい……」

という不安をお持ちの方でも、東証一部上場している金融機関である新生銀行が運営に携わっていれば安心して利用できますよね。

銀行が提供するファクタリングサービスであるにもかかわらず、手数料が2~9%と一桁台に抑えられているのもうれしいポイントです。

OLTAと同様、オンラインで契約が完結するため迅速な資金調達が期待できますよ。

ただし、anew(アニュー)では法人の利用に特化しているため個人事業主の方は利用できないことに注意しましょう。

おすすめ3 ベストファクター

メリット
取引先への通知を一切行わないことを明言
2%〜と低水準の手数料
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
取引先に知られずにファクタリングを利用したい方

ベストファクターは二者間ファクタリング専門のファクタリング業者です。

契約の際には訪問もしくはスタッフが出張というかたちでの面談が必須となりますが、近くにお住まいの方であれば即日で資金調達できる可能性もあります。

公式サイトに審査と契約に必要な書類が明示されているため、手続きをスムーズに進めることができますね。

【ベストファクターの審査に必要な書類】
  • ・本人確認書類
  • ・出入金の通帳
  • ・請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)
【ベストファクターの契約に必要な書類】
  • ・納税証明書
  • ・印鑑証明書
  • ・登記簿謄本

ベストファクターでは営業時間内(平日10:00〜19:00)であれば電話で5分以内に債権が買い取り可能か答えを得ることができるので、資金調達を急ぐ事業者にもぴったりのサービスだといえるでしょう。

以下の番号から受け付けているので、売掛債権を買い取ってもらえるか知りたい、いくらで売れるのか知りたいという方はまず電話してみましょう。

【ベストファクターの電話申し込み】

おすすめ4 ビートレーディング

メリット
最短12時間!業界トップのスピード対応
契約方法は郵送・出張・対面の三種類から選択可能
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
30万円以上の売掛債権をスムーズに現金化したい方

ビートレーディングの強みは何といっても入金までのスピードです。

ファクタリング業者のなかには「即日入金」と書かれていても申し込みへの返答や審査に時間がかかってしまうケースもあります。

しかしビートレーディングなら、受付時間内に申し込みを行えば専任の担当者が迅速に対応してくれます。

書類が揃っていれば、そのまま最短12時間での資金調達が可能なのです。

取引額にも制限はなく、高額の資金調達も迅速に行えます。

申し込みから契約まで面談の必要が一切ないのもうれしいですよね。

担当者の顔が直接見たいという方は東京・仙台・大阪・福岡に店舗を構えているので足を運んでみるのも良いでしょう。

おすすめ5 TRY

TRY
メリット
最短即日入金!スピーディーな対応
24時間年中無休で問い合わせ受付
デメリット
手数料の下限がやや高め
こんな人におすすめ!
東京都内に拠点がある方
自分の状況に合った柔軟な対応をしてほしい方

TRYの強みは経験豊富なスタッフによるアフターフォローの手厚さです。

今後もファクタリングを継続して利用すべきかどうか、資金繰りを改善するためにはどうしたらいいかを相談できる「コンサルティングサービス」や、TRYの利用者同士を引き合わせる「マッチングサービス」を利用できます。

契約の際には訪問かスタッフの出張による面談が必須ですが、近くにお住まいの方であれば即日で資金調達できる可能性があります。

また、TRYでは「債権譲渡登記」なしのファクタリングが可能であるため、ファクタリングしたことを取引先に知られてしまう可能性が低いといえます。

債権譲渡登記とは
誰が、誰に対していつ売掛債権の譲渡を行ったのかを公的に証明できるようにする制度です。可能性は低いものの、取引先が売掛債権の情報を確認したときにファクタリングした事実を知られてしまう恐れがあります。

24時間365日申し込みを受け付けており、電話、サイト上のフォーム、メール、LINEなどさまざまな連絡方法を使用できます。

口頭でやりとりを済ませたいという方は以下の番号に電話してみましょう。

【TRYの電話申し込み】

クラウドサインを導入しており非対面での契約も可能なので、地方で足を運べないという方にもぴったりです。

おすすめ6 QuQuMo

メリット
最短2時間で資金調達できる
オンラインで手続きが完結する
デメリット
利用手数料の幅が大きい
こんな人におすすめ!
オンライン完結でスピーディーに資金調達を済ませたい方

QuQuMoはオンライン完結でファクタリングできる業者のうちの一つです。

公式サイトには「申し込みに10分、審査と見積もりに30分、契約・送金に1時間」と、スムーズにいけば非常に短時間で資金調達できることが示されています。

また、必要書類は通帳と請求書の2点のみで、少ない時間で揃えられるところもうれしいですよね。

債権譲渡登記なしでファクタリングすることができ、ファクタリングした事実を取引先に知られたくない方にもおすすめです。

おすすめ7 トップ・マネジメント

メリット
銀行の営業時間外や夜間の現金受け取りが可能
顔写真付きでのスタッフ紹介があり安心して利用できる
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
銀行の営業時間後に現金を調達したい方
オンラインであっても顔を見て契約したい方

入金の方法に銀行振り込みを採用している多くのファクタリング業者では、銀行の営業時間が終了してしまったらその日のうちの資金調達は難しくなってしまいます。

トップ・マネジメントの強みは「現金のデリバリーサービス」を行っていることです。

スタッフが直接現金を持ってきてくれるので、銀行の営業時間外であっても資金調達が可能です。

また、時間短縮のために契約はオンラインで完結させることができます。

スタッフの顔写真を公式サイトに掲載するなど「顔が見える安心感」を大切にしており、オンラインであってもZoomやMeetを利用した面談でスタッフと対面しているかのような安心感を得ることができますよ。

おすすめ8 アクセルファクター

メリット
入金までの対応がスピーディー
デメリット
少額利用だと手数料が割高
こんな人におすすめ!
実績を明示している業者を利用したい方

「即日入金をうたっているサービスはたくさんあるけど、利用してみたら違うんじゃないの?」

と疑わしさを感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

アクセルファクターは「原則即日入金」という理念を掲げて営業している業者です。

公式サイトには「半数以上は即日完遂」という実績が明示されており、信頼性が高いといえるでしょう。

「全ての企業のセーフティネットでありたい」という理念から、売掛債権額に下限を設けていないのもうれしいポイントです。

おすすめ9 K2ソリューションズ

K2ソリューションズ
メリット
最短即日で現金化できる
業種を問わず個人事業主も利用可能
デメリット
買取下限額が30万円と個人事業主には少し高め
こんな人におすすめ!
他のファクタリング業者を利用できなかった方

「業種を理由に審査に落とされるかもしれない……」

という不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

K2ソリューションズの公式サイトには、法人に対する売掛債権を持っていれば「基本的に業種や代表者様の履歴は審査のポイントとしておりません」と明記されています。

また、K2ソリューションズは「介護ファクタリング」にも対応しています。

介護ファクタリングとは
介護事業者の方が国民健康保険団体連合会(国保連)に請求する介護給付費をファクタリング会社が前払いするサービスです。通常受け取るまでに2ヵ月ほどかかる介護給付費を、約1.5ヵ月早く受け取ることができます。

4.スムーズにファクタリングを利用するためのコツ

少しでも早くファクタリングを利用するにはどうしたらいいんだろう?

状況が切羽詰まっている場合、なんとしても今日中にファクタリングができる方法が知りたいですよね。

確実にファクタリングを即日で利用する方法はありませんが、迅速に資金調達をする上で押さえておきたいポイントはあります。

税理士
ここからは、スムーズにファクタリングを利用するためのコツを解説しますよ。

4-1.オンラインで完結できるサービスを選ぶ

ファクタリング業者のなかには対面での契約を必須とするところもあります。

しかし、時間がない場合は申し込みから契約までの手続きをすべてオンラインで完結できるサービスを選ぶのがおすすめです。

オンラインで完結できるサービスであれば、近くにファクタリング会社がない地方にお住まいの方でもすぐに契約を結ぶことができますね。

なかには地方にお住まいの方のためにスタッフが出張してくれるサービスもありますが、スタッフを待つ時間や出張費がもったいないですよね。

もちろんファクタリング会社が近くにある都市部にお住まいの方にとっても、わざわざ出かける手間が省けるのはうれしいですよね。

税理士
OLTAなどのオンラインで完結できるファクタリングサービスは、時間的・金銭的なコストを減らしたい方におすすめです。

4-2.早い時間に相談する

何時までに申し込めば、その日のうちに入金してもらえるのかな?

ということが気になっている方は多くいらっしゃるでしょう。

審査にかかる時間はサービスによって違うため、一概に「何時まで」と明示することはできません。

しかし、即日の現金化を目指すのであればなるべく早い時間に相談するように心がけるべきでしょう。

現金を銀行振り込みしてくれるサービスの場合、銀行の営業時間が終わる前に契約を完了しなければその日のうちに現金を手にすることは難しくなります。

審査に時間がかかっても焦らないために、できれば当日の朝10時くらいまでには申し込みを済ませておくのが望ましいでしょう。

税理士
対面での面談を必要とするサービスを利用する場合は、移動時間も考慮した上で朝一番に訪問しましょう。

4-3.必要書類を準備しておく

申し込みの前に、何か準備しておくべきものはあるのかな?

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

手続きに必要な書類を事前に揃えておくとスムーズにファクタリングを利用することができます

多くの場合、ファクタリングを申し込む際には最低限以下のような書類を提出する必要があります。

【ファクタリングの申し込みに必要な書類】
  • ・身分証明書
  • ・売却予定の債権の請求書
  • ・通帳のコピー

上記の書類に加えて、前年度の決裁書一式などを求める業者もあります。

提出した書類に基づいて審査を行うため、不備があると審査が遅れてしまいます。

提出前には必要な書類が全て揃っているか念入りに確認しましょう。

業者によっては、公式サイトに必要書類を明記していない場合もあります。

必要書類の確認のためにも、問い合わせは早い時間に行いましょう。

税理士
必要書類を完璧に用意できていれば、資金調達にかかる時間を短縮できますよ。

5.まとめ

即日での資金調達に利用できる方法はいくつかありますが、そのなかで最もおすすめの方法がファクタリングです。

ファクタリングとは未入金の売掛債権を買い取ってくれるサービスです。

そのため、一般的な借り入れとは異なり、利用者の返済能力より取引先の信用情報や売掛債権の金額などが重視される傾向にあります。

したがって、他の借り入れ方法と比較するとその日のうちに資金調達できる可能性が高いといえます。

時間がない方にとって、ファクタリングは心強い味方となってくれるでしょう。

手続きをオンラインで完結できるサービスを選べば、スムーズにファクタリングを利用することができますよ。

税理士
事前に書類を揃え、早い時間に問い合わせをすることで即日の資金調達を目指しましょう。