【初心者必見】ふるさと納税のやり方は?お得な理由や手続きを解説!

ふるさと納税がお得だって聞いたけど、どういう制度なんだろう?
手続きが面倒なんじゃないの?

このように思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ふるさと納税は所得税や住民税を納めている方であれば誰でも得ができる可能性のある制度です。

毎年1月1日から12月31日までにふるさと納税を利用すると翌年に所得税および住民税の控除が受けられ、各自治体が用意している豪華なお礼の品を受け取ることができる仕組みになっています。

多くの方が利用できるよう制度が工夫されているので、手続きも非常に簡単です。

利用しない手はないといえるでしょう。

この記事では、初めてふるさと納税を利用しようと考えている方向けにふるさと納税の仕組みやお得になる理由、やり方を詳しく解説します。

お金のプロ
ふるさと納税には以下のようなふるさと納税サイトの利用がおすすめです。

【おすすめふるさと納税サイト】
※横にスクロールできます
サイト名 参加
自治体数
返礼品数 貯まるポイント 決済方法
楽天ふるさと納税 1,366 312,921 楽天ポイント ・クレジットカード
・銀行振込
ふるさとチョイス 1,600超 370,000超 なし ・クレジットカード
・Amazon Pay
・d払い
・au PAY
・楽天ペイ
・メルペイ
・PayPal
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・コンビニ決済
さとふる 1,081 407,459 なし ・クレジットカード
・コンビニ決済
・PayPayオンライン決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・auかんたん決済
・ドコモ払い
・ペイジー
ふるなび 837 255,914 ふるなびコイン(Amazonギフト券やPayPay残高に交換可能) ・クレジットカード
・Amazon PAY
ANAのふるさと納税 560 166,711 ANAマイル ・クレジットカード
※2021年12月8日時点

1.初心者必見!ふるさと納税がお得な理由

ふるさと納税ってどんな制度なんだろう?自分でもお得になるのかな?

結論からお伝えするとふるさと納税は所得税や住民税を納めている方であれば誰でも得ができる可能性のある制度です。

ふるさと納税は名前には「納税」と付いていますが、実は制度上は「寄附」に当たります。

もともとは地方の自治体では進学や就職に伴って地元を離れる方が多くそれによって税収が減ってしまうため、離れたところに住んでいる人でも思い入れのある土地に貢献できるように、という意図からつくられたものです。

お金のプロ
生まれ育った故郷に限らず、自分の好きな自治体に寄附できますよ。

ふるさと納税を受け入れている自治体の多くは、寄附者に対して「返礼品」と呼ばれるお礼の品を用意しています。

これがふるさと納税がお得といわれるゆえんです。

まずはふるさと納税とはどのようなものなのか、なぜお得だといえるのか簡単にご説明しましょう。

理由1 寄附額の3割程度の返礼品を受け取れる

寄附制度ならどうしてふるさと納税がお得だといえるの?

単なる寄附制度ではなかなか利用しようという気持ちにはなれませんよね。

そこでふるさと納税を受け付けている各自治体は返礼品と呼ばれるお礼の品を用意しています。

通常自治体に寄附を行った場合には確定申告を行うことで寄附金額の一部が所得税および住民税から控除されますが、ふるさと納税で寄附した金額は自己負担の2,000円を差し引いた全額が所得税および住民税から控除されます。

つまりふるさと納税では、2,000円の自己負担で豪華な返礼品を受け取ることができるのです。

返礼品というといくらやカニなど豪華なお取り寄せグルメのイメージがあるかもしれませんが、食べ物に限らず、その土地の伝統工芸品やその土地の工場でつくられた家電製品、その土地の宿で使える宿泊券など、その自治体にゆかりのあるさまざまなものが用意されています。

自己負担額の2,000円よりも価値のある返礼品を受け取れば、その差額分お得になるといえます。

どれくらい寄附すればどれくらいお得になるんだろう?

というのが気になるところですよね。

ふるさと納税の返礼品の価値には寄附額の3割程度という目安があります。

例えば10,000円寄附すると3,000円相当の返礼品を受け取れると思えば、2,000円の自己負担額を差し引いても1,000円分お得だと考えられますね。

なお複数回寄附を行って複数の返礼品を受け取った場合にも自己負担額は2,000円のままです。

例えば10,000円の寄附を4口行った場合は合計10,000円相当お得になります。

所得税・住民税を納めている方であれば、誰でもお得になる可能性のある制度だといえますね。

お金のプロ
ただしふるさと納税で控除される額には限度があります。それを超えて寄附を行うと自己負担額が増えてしまうので注意が必要です。

メモ
控除とは「差し引くこと」を意味し、税金に関して使う場合には結果として納める税金の総額が少なくなること全般を指す場合と、手続き以後に納める税金が減額されることを指す場合があります。ふるさと納税においては所得税と住民税が控除されるという表現が使われますが、所得税は既に納めたものが返金(還付)されるのに対し、住民税は以降納める額が減額(控除)されるシステムになっています。

理由2 ポイントが貯まる・使える

ふるさと納税の申し込みはふるさと納税サイトと呼ばれるサイトを通じて行うことが一般的です。

ふるさと納税サイトではECサイト(ネット通販サイト)で買い物をする際のように欲しい返礼品を選び、クレジットカードなどで決済を行います。

このとき、決済に使用したクレジットカードなどのポイントが貯まります

またサイトによっては普段貯めているポイントが貯まったり利用できたりするケースもあるので要チェックです。

ふるさと納税では、本来居住自治体や国に納めるべき税金の一部を他の自治体に寄附という形で支払うことになります。

普段から貯めていたポイントを決済に利用すれば実質税金の一部をポイントで支払っていることになりますよね

他の場面でも利用できるポイントプログラムに対応している代表的なふるさと納税サイトには以下のようなものがあります。

サイト名 貯まるポイント
楽天ふるさと納税 楽天ポイント
ふるなび ふるなびコイン(Amazonギフト券、PayPay残高に交換可能 ※1
ANAのふるさと納税 ANAマイル
au PAY ふるさと納税 Pontaポイント
※1 2022年1月よりdポイント、2022年春〜夏より楽天ポイントへの交換も可能になる予定。

楽天ふるさと納税は楽天市場と同様のプラットフォームでふるさと納税を行えるサイトです。

楽天市場と同様にポイントアップも行われるので、キャンペーンなどを駆使すると寄附額の10%のポイントが貯められるなんてこともあり得ます

ふるさと納税を行わず所得税と住民税を所定の方法で納めた場合には当然のことながらポイントは貯まりません。

納税しながら返礼品をもらってポイントも貯められるなんて、自己負担額の2,000円を払っても利用する価値が十分にある制度だといえますよね。

お金のプロ
ポイントが貯まらないふるさと納税サイトでも、寄附額に応じてAmazonギフト券が受け取れるなどのお得なキャンペーンが開催されている場合がありますよ。

2.ふるさと納税のやり方

ふるさと納税がお得なのは分かったけれど、手続きが大変なんじゃない?

このように尻込みしてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかしふるさと納税は多くの方が利用できるよう手続きも非常に簡易に済ませられる制度が用意されています。

ここでは、初めてふるさと納税を行うという方でも分かりやすくふるさと納税のやり方をご説明しましょう。

STEP1 控除の上限額を調べる

ふるさと納税でお得になる寄附額(=税金から控除される金額)には収入や家族構成などによって異なる上限額が設けられています

いくらでも寄附しただけお得になるというわけにはいかないのですね。

上限額を超えて寄附を行うと必要以上に高いお金を支払って返礼品を買っただけという結果になってしまうので、事前にご自身の控除の上限額を把握しておくことが非常に重要です。

自分の上限額はどうやったら計算できるの?なんだか大変そう……。

このように思った方もいらっしゃるかもしれませんが心配はご無用です。

各種ふるさと納税サイトが控除の上限額を簡単に計算できるシミュレーターを用意しています

所得や家族構成、他に利用する控除などを入力するとすぐにあなたの上限額の目安が表示されます。

代表的なふるさと納税サイトのシミュレーターを以下にまとめているのでぜひご利用くださいね。

お金のプロ
シミュレーターの精度はふるさと納税サイトによって異なります。不安な場合はいくつかのサイトのシミュレーターを利用してみると良いでしょう。

STEP2 利用するふるさと納税サイトを決める

控除の上限額が把握できたら、利用するふるさと納税サイトを決めましょう

ふるさと納税サイトはどうやって選んだら良いの?

ふるさと納税サイトを選ぶ際には以下のような点を参考にすると良いでしょう。

【ふるさと納税サイトを選ぶ際のポイント】
  • ・ポイント1 掲載自治体・返礼品の数
  • ・ポイント2 ポイント還元やキャンペーン
  • ・ポイント3 サイトデザイン
  • ・ポイント4 決済方法

ふるさと納税サイトによって参加している自治体や選べる返礼品の数は異なります

そのふるさと納税サイトに参加していない自治体には寄附ができなかったり掲載されていない返礼品は選べなかったりするので、ある程度自治体や返礼品の数が多いサイトを選んでおくのがおすすめです。

またポイント還元やキャンペーンもサイトによって大きく異なります。

ふるさと納税で最大限得をするためにはポイント還元やキャンペーンは見逃せません

そのほかにサイトデザインや普段利用している決済方法が利用できるかといった点も確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードであれば基本的にどのふるさと納税サイトでも利用が可能ですが、Amazonペイやメルペイ、キャリア決済などを利用したいという方は要チェックです。

お金のプロ
それぞれのサイトについては4.おすすめふるさと納税サイト10選でご紹介するのでご確認くださいね。

STEP3 返礼品や寄附先の自治体を選ぶ

利用するふるさと納税サイトが決まったら、そのサイトで自分の欲しい返礼品や寄附したい自治体を選びます。

ネット通販感覚で欲しい返礼品を選び決済に進むことができますよ。

いろいろあり過ぎて、欲しい返礼品がなかなか見つからない……。

このような方は各ふるさと納税サイトの人気返礼品ランキングや特集ページも見てみましょう

人気の返礼品の場合、実際にそれを注文した方のレビューを確認することもできます。

きっと欲しいものが見つかりますよ。

メモ
返礼品の発送までにかかる時間はものによって異なるので、注文時に確認しておきましょう。

またサイトによっては寄附金の用途から寄附先の自治体を探せるので、地方自治体の税収に貢献するという制度本来の目的を果たすこともできます

お金のプロ
ふるさと納税サイトでの決済の際には、「ワンストップ特例制度を利用するかどうか」を選ぶ場面があるでしょう。

ワンストップ特例制度とはふるさと納税による控除を受けるための申請方法の一つです。

ふるさと納税による控除を受けるためには、ワンストップ特例制度か確定申告いずれかの方法で手続きを行う必要があります。

ワンストップ特例制度の対象はふるさと納税以外に確定申告を行う必要がない給与所得者で、1月1日から12月31日までに寄附を行った自治体が五つ以内の方です。

確定申告よりも手続きが簡易なので他の控除制度を利用したいなど確定申告を行う理由がないのであればワンストップ特例制度の利用がおすすめです。

ワンストップ特例制度を利用したい場合はふるさと納税サイトで忘れずにワンストップ特例制度を利用する旨を申告しておきましょう。

メモ
万一申し込み忘れてしまっても、ふるさと納税サイト内でダウンロードできます。また、自治体によっては申請書の郵送に対応しておらず、ふるさと納税サイトからダウンロードする仕組みにしているところもあります。

STEP4 返礼品と必要書類を受け取る

支払い後、所定の期間で返礼品と必要書類が送られてきます

返礼品はふるさと納税の醍醐味ともいえるものですよね。

ぜひ満喫してください。

返礼品が届くのが楽しみだなあ。

また控除の手続きに必要な書類は別途封書で届けられることが一般的です。

ワンストップ特例制度を利用する場合には「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」、確定申告を利用する場合には「寄附金受領証明書」が必要です。

失くしてしまわないよう大切に保管しておきましょう。

STEP5 控除の手続きを行う

ふるさと納税のメリットを享受するためには控除の手続きを忘れず行う必要があります

ふるさと納税の控除手続きにはワンストップ特例制度と確定申告の二つがあり、いずれかを選択します。

確定申告は面倒臭そうだなあ……。

ふるさと納税以外に確定申告を行う理由がなく、1月1日から12月31日までに寄附を行った自治体が五つ以内の給与所得者であれば、手続きの簡易なワンストップ特例制度が利用可能です。

医療費控除など他の控除制度を利用する、個人事業主をしているといった理由から確定申告を行わなければならない場合は確定申告で控除の手続きを行います。

お金のプロ
まずはワンストップ特例制度で控除手続きを行うやり方をご説明しましょう。確定申告を行う予定の方はこちらをご覧くださいね。

CASE1 ワンストップ特例制度を利用する場合

ワンストップ特例制度では、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を利用します。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」はふるさと納税サイトで返礼品を選ぶ際、自治体からの送付を希望することで入手できます。

メモ
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を紛失してしまった場合や当初確定申告を行うつもりで「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の送付を希望しなかった場合などは、ふるさと納税サイトや寄附先自治体のサイト、総務省のサイトからダウンロードして印刷できます。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入し、個人番号(マイナンバー)の確認と本人確認が行える書類のコピーを用意します。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の記入は以下を参考にしてくださいね。

【ワンストップ特例制度の必要書類】
※横にスクロールできます
個人番号確認 本人確認
マイナンバーカードがある場合 マイナンバーカードの裏面のコピー マイナンバーカードの表面のコピー
マイナンバー通知カードがある場合 通知カードのコピー 以下のいずれかのコピー
・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

※顔写真、氏名、生年月日、また住所が確認できるようにコピーする
※写真付きの本人確認書類がない場合は下記のいずれか二つを提出
・公的医療保険の被保険者証(健康保険証)
・年金手帳
・各自治体が認める上記以外の確認書類

どちらもない場合 個人番号が記載された住民票の写し

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」とこれらの書類のコピーを、寄附先の自治体に寄附を行った翌年の1月10日までに郵送します

メモ
書類は例年1月10日必着です。ただし2022年1月10日は祝日であるため、自治体によっては1月11日必着としている場合もあります。事前に確認しておきましょう。

ワンストップ特例制度の控除手続きは以上で終了です。

寄附先の自治体が居住自治体に控除情報を通知してくれるので、寄附を行った翌年の6月から翌々年の5月にかけて納める住民税が控除されます

なお、ワンストップ特例制度を利用する場合、寄附のたびに当該の自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」と必要書類を送付する必要があります。

複数回同じ自治体に寄附を行った場合もその都度書類の送付が必要になるので注意してください。

お金のプロ
また期限までに書類を送付できなかった場合は確定申告を行うことになるので必ず忘れずに送付してくださいね。

CASE2 確定申告を行う場合

確定申告による控除の手続きは、寄附の翌年2月から3月にかけての確定申告期間に行います。

確定申告でふるさと納税の控除を申請する際には寄附先の自治体から送付される「寄附金受領証明書」が必要です。

そのほかに必要な書類は以下のとおりです。

【確定申告の必要書類】
※横にスクロールできます
個人番号確認 本人確認
マイナンバーカードがある場合 マイナンバーカードの裏面のコピー マイナンバーカードの表面のコピー
マイナンバーカードがない場合 ・通知カードのコピー
・個人番号記載のある住民票の写しまたは、住民票記載事項証明書
以下のいずれかのコピー
・運転免許証
・公的医療保険の被保険者証(健康保険証)
・パスポート
・身体障害者手帳
・在留カード

ふるさと納税は自治体への寄附に該当するため、所得控除の「寄附金控除」の欄に記入します。

下は国税庁の確定申告書等作成コーナーの入力画面です。

指示に従って寄附金額を入力すると自動的に控除額が算出されます。

寄附金額10,000円と入力すると、自己負担額2,000円を差し引いた8,000円が控除されることが分かります。

簡単な手続きなので、個人事業主で確定申告を普段から行っているという方は迷うこともないでしょう。

確定申告から1〜2カ月後に所得税からの還付金が指定の口座に振り込まれ、寄附の翌年6月から翌々年5月にかけて納める住民税の控除が行われます

意外と簡単に手続きできるんだ!

3.ふるさと納税を利用する際の注意点

ふるさと納税をする際に気を付けておくべきことはあるのかな?

このように不安に思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ふるさと納税は非常にお得な制度である上、手続きも簡単です。

しかし制度の性質をよく理解しておかなければ、かえって損をしてしまう可能性もあります。

ここではふるさと納税を行う際に注意しておきたい点をお伝えします。

注意点1 控除の上限額を超えて利用すると損になる

ふるさと納税でお得になる額には上限があります。

上限を超えて寄附してしまうと、その分は税金から控除されず損になってしまいます

そのため事前に控除の上限額を把握しておくことが必要です。

また医療費控除や住宅ローン控除など他の控除と併用することで控除上限額が変動する場合があります

ふるさと納税サイトのシミュレーターでしっかり確認しておきましょう。

お金のプロ
不安な場合は上限額ぎりぎりの寄附は行わず、少し余裕を見ておくのが良いでしょう。

注意点2 節税になるわけではない

ふるさと納税で寄附した金額は、自己負担額の2,000円を差し引いた全額が所得税および住民税から控除されます。(ワンストップ特例制度を利用した場合は住民税からの控除のみが行われます)。

すでに納めた所得税が還付されたり、翌年以降に納める住民税が控除されるのは確かですが、節税になるというわけではない点には注意が必要です。

ふるさと納税を利用すると実質的な出費は本来納めるべき税金の額より、自己負担の2,000円分増加します。

その分返礼品を受け取れるのでお得ではありますが、金銭的な負担が軽くなるというわけではないのですね。

注意点3 一時的には出費が増える

ふるさと納税を行うと、その分一時的に出費が増えるということも把握しておきましょう。

ふるさと納税で寄附したことによる税金の還付や控除が受けられるのは寄附の翌年以降になります。

ワンストップ特例制度を利用した場合翌年の6月から翌々年5月にかけて毎月納める住民税が少しずつ控除されます。

確定申告を行った場合は控除額の一部が所得税からの還付として確定申告の1〜2カ月後に所定の口座に振り込まれますが、残りはワンストップ特例制度を利用した場合と同様に住民税から控除されます。

寄附してからそのメリットを享受できるまでに時間が空いてしまうので、ふるさと納税は金銭的に余裕があるタイミングで行うのが良いでしょう。

ボーナスが出たときにふるさと納税を利用してみようかな。

4.おすすめふるさと納税サイト

どのふるさと納税サイトを利用しようかな?

ふるさと納税サイトによって異なる特色があるので、ご自分に合ったサイトを選ぶことでよりお得に便利にふるさと納税を行えます

ここではおすすめのふるさと納税サイトを五つご紹介しましょう。

※横にスクロールできます
サイト名 参加
自治体数
返礼品数 貯まるポイント 決済方法
楽天ふるさと納税 1,366 312,921 楽天ポイント ・クレジットカード
・銀行振込
ふるさとチョイス 1,600超 370,000超 なし ・クレジットカード
・Amazon Pay
・d払い
・au PAY
・楽天ペイ
・メルペイ
・PayPal
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・コンビニ決済
さとふる 1,081 407,459 なし ・クレジットカード
・コンビニ決済
・PayPayオンライン決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・auかんたん決済
・ドコモ払い
・ペイジー
ふるなび 837 255,914 ふるなびコイン(Amazonギフト券やPayPay残高に交換可能) ・クレジットカード
・Amazon PAY
ANAのふるさと納税 560 166,711 ANAマイル ・クレジットカード
※2021年12月8日時点

おすすめ1 楽天ふるさと納税

メリット
楽天ポイントが貯まる・使える
参加自治体数や返礼品数が比較的多い
デメリット
利用できる支払い方法が限られている
こんな人におすすめ!
普段から楽天ポイントを貯めている方
とにかくお得にふるさと納税を利用したい方
参加自治体数 1,366
返礼品数 312,921
貯まるポイント 楽天ポイント
決済方法 ・クレジットカード
・銀行振込 ※自治体による
※2021年12月8日時点

楽天ふるさと納税は楽天の運営するふるさと納税サイトです。

2021年のオリコン顧客満足度調査 ふるさと納税サイト部門において第1位を獲得しており、非常に人気が高く利用しやすいサイトであるといえます。

楽天ふるさと納税の最大のメリットは楽天ポイントが貯まる・使えるという点です。

また楽天ふるさと納税は楽天市場のプラットフォーム上でふるさと納税が行えるシステムになっているため、楽天市場のポイントアップキャンペーンが適用されます。

通常時は1.0%のポイントが貯まりますが、楽天カードを支払いに利用すればポイントは合計3倍になります。

楽天市場の複数店舗でお買い物するとポイントが最大10倍になるRakutenスーパーSALEや毎月5と0の付く日に楽天カードを利用して楽天市場でお買い物するとポイントが5倍になるキャンペーンも利用可能です。

楽天カードを利用してふるさと納税を行えば貯まるポイントで実質的な自己負担額を0円にすることもできます。

楽天ポイントは1ポイント1円相当で楽天市場などの楽天系列のサービスのみならず、日本全国約500万の加盟店で利用することができるので、これまで楽天ポイントを利用したことがないという方もこれを機会に貯めてみるのがおすすめですよ

お金のプロ
楽天ふるさと納税での支払いには楽天カードの利用がおすすめです。新規入会で5,000ポイントがもらえるので併せて申し込むのも良いでしょう。

おすすめ2 ふるさとチョイス

メリット
参加自治体数や返礼品数が比較的多い
特集や検索機能が充実しており欲しい返礼品を見つけやすい
デメリット
ポイントが貯まらない
こんな人におすすめ!
とにかく多くの選択肢から欲しい返礼品を探したい方
参加自治体数 1,600超
返礼品数 370,000超
貯まるポイント なし
決済方法 ・クレジットカード
・Amazon Pay
・d払い
・au PAY
・楽天ペイ
・メルペイ
・PayPal
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・コンビニ決済
※2021年12月8日時点

ふるさとチョイス「お礼の品(返礼品)数No.1」「お申し込み可能自治体数No.1」を誇る日本最大級のふるさと納税サイトです

返礼品数は37万件を超えており、参加自治体も1,600超と日本で最も多くの自治体に寄附が可能です。

そんなにたくさんあったら、どの返礼品を頼めば良いか迷ってしまいそう……。

このようにお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、ふるさとチョイスにはさまざまな角度からおすすめの返礼品を取り上げた特集ページが充実しています。

スタッフ厳選の品や実際に寄附した方の評価が高い品といった王道の特集から、長期保存が可能な食品を集めた特集、保管しやすく使いやすい小分けの食品を集めた特集などかゆいところに手が届く特集が揃っています。

たくさんの選択肢のなかからきっと欲しいものを見つけることができますよ。

非常に多くの決済方法に対応しているため、普段からよく利用している決済方法で支払いできるのもうれしいポイントです。

※ 公式サイトに記載、2021年12月6日確認。

おすすめ3 さとふる

メリット
検索機能が使いやすい
返礼品数が多い
デメリット
ふるさとチョイスや楽天ふるさと納税に比べ参加自治体数が少ない
ポイントが貯まらない
こんな人におすすめ!
たくさんの返礼品のなかから欲しいものを探したい方
普段からPayPayを利用している方
参加自治体数 1,081
返礼品数 407,459
貯まるポイント なし
決済方法 ・クレジットカード
・コンビニ決済
・PayPayオンライン決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・auかんたん決済
・ドコモ払い
・ペイジー
※2021年12月8日時点

さとふるは参加自治体の数はふるさとチョイスや楽天ふるさと納税に劣りますが、返礼品の数は40万件を超えています

非常にたくさんの返礼品があるなかから欲しいものを選ぶのは大変に感じられるかもしれませんが、検索機能や特集が充実しているので何が欲しいのか漠然としていてもきっと欲しいものに出会えるでしょう。

例えば検索タブに何か打ち込むと関連する品物の名前がサジェストされ、マウスオンするとそのなかでも人気の返礼品が画像付きで表示されます。

また独自の特集も多数組まれているので興味のある特集のなかから欲しいものを選ぶのも良いでしょう。

テレビCMやYouTube広告も放映されており、2021年の時点で「ふるさと納税サイトに関するアンケート」において「6年連続認知度NO.1」「6年連続利用したいサイトNo.1」「5年連続会員登録率No.1」を誇っています

さとふるの利用で貯められるポイントがないのがデメリットですが、お得なキャンペーンが開催されている場合もあるので要チェックです。

キャンペーン
2021年12月31日23:59までにさとふるのアプリで寄附を行うと寄附額に応じてPayPayボーナスがもらえるキャンペーンが開催中です。また2022年1月10日までにPayPay残高で支払いを行うと抽選でペイペイ残高が当たるキャンペーンも行われています。
※ 2021年12月8日確認。

おすすめ4 ふるなび

メリット
Amazonギフト券やPayPay残高に交換可能なポイントが貯まる
電化製品などの返礼品が充実
デメリット
ふるさとチョイスや楽天ふるさと納税に比べ参加自治体数が少ない
こんな人におすすめ!
普段からPayPayを利用している方
Amazonをよく利用する方
参加自治体数 837
返礼品数 255,914
貯まるポイント ふるなびコイン(Amazonギフト券やPayPay残高に交換可能)
決済方法 ・クレジットカード
・Amazon PAY
※2021年12月8日時点

ふるなびを利用すると「ふるなびコイン」が貯められます。

ふるなびコインはAmazonギフト券やPayPay残高に交換可能です。

メモ
2022年1月よりdポイント、2022年春〜夏より楽天ポイントへの交換も可能になる予定です。

通常のふるさと納税では寄附額の1%のふるなびコインが貯まり、返礼品のレビューでも別途ふるなびコインが付与されます。

普段からAmazonやPayPayを利用する方は見逃せませんよね。

時期によってはさらにお得なキャンペーンが開催されていることもあるので見逃せません。

キャンペーン
2022年1月31日23:59まで寄附額の最大12%のふるなびコインがゲットできるキャンペーンが開催中です。Amazon Payを利用して決済すると還元率がアップします。

またふるなびでは電化製品の返礼品が充実しているのも特徴です。

日本最大級のふるさと納税サイト・ふるさとチョイスにもない「電化製品」のカテゴリーが設けられているので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

おすすめ5 ANAのふるさと納税

メリット
ANAマイルが貯まる
デメリット
参加自治体数や返礼品数が比較的少ない
こんな人におすすめ!
ANAマイルを貯めている方
参加自治体数 560
返礼品数 166,711
貯まるポイント ANAマイル
決済方法 ・クレジットカード
※2021年12月8日時点

ANAのふるさと納税の最大の特徴は寄附額100円につきANAマイルが1マイル貯まるという点です。

一般的にANAマイルの価値は1マイル3〜5円だといわれています。

一方一般的なふるさと納税サイトの還元率を金銭的な価値で換算すると寄附額の1%程度です。

実質的な還元率で考えると、他のふるさと納税サイトよりもはるかにお得である場合が多いといえるでしょう。

またANAカードで決済した場合にはさらに還元率がアップし、200円につき1マイルが加算されます。

ANAマイルを貯めているという方は見逃せませんよね。

5.まとめ

ふるさと納税は本来居住する自治体や国に納めるべき税金の一部を地方自治体に寄附することのできる制度です。

寄附した金額の3割程度の価値のある返礼品を受け取ることができ、寄附額から2,000円を差し引いた全額が所得税および住民税から控除されます。

つまり2,000円の自己負担で豪華な返礼品を受け取れるお得な制度だといえるでしょう。

控除には上限額がありますが、その範囲内であればいくら寄附しても自己負担額は2,000円のままなので寄附すればするほどお得になります。

手続きが面倒なのではないかと尻込みしている方もいらっしゃるかもしれませんが、控除に必要な手続きも簡単です。

ふるさと納税以外に確定申告を行う必要のない給与所得者で、1年間の寄附先の自治体が五つ以内の方であれば、所定の書類を寄附先の自治体に郵送するだけで控除の手続きが完了する「ワンストップ特例制度」が利用可能です。

また他の理由から確定申告を行う方も寄附金控除を申告するだけで、大きな手間がかかるわけではありません。

所得税や住民税を納めている方であれば誰でも得ができ、手軽に利用できる制度なので利用しない手はないといえるでしょう。

ふるさと納税の申し込みはふるさと納税サイトから行うことが一般的です。

通販感覚で欲しい返礼品を選ぶことができ、普段から利用しているポイントを貯めたり使ったりすることもできますよ。

お金のプロ
以下のおすすめふるさと納税サイトをぜひ活用してくださいね。

【おすすめふるさと納税サイト】
※横にスクロールできます
サイト名 参加
自治体数
返礼品数 貯まるポイント 決済方法
楽天ふるさと納税 1,366 312,921 楽天ポイント ・クレジットカード
・銀行振込
ふるさとチョイス 1,600超 370,000超 なし ・クレジットカード
・Amazon Pay
・d払い
・au PAY
・楽天ペイ
・メルペイ
・PayPal
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・コンビニ決済
さとふる 1,081 407,459 なし ・クレジットカード
・コンビニ決済
・PayPayオンライン決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・auかんたん決済
・ドコモ払い
・ペイジー
ふるなび 837 255,914 ふるなびコイン(Amazonギフト券やPayPay残高に交換可能) ・クレジットカード
・Amazon PAY
ANAのふるさと納税 560 166,711 ANAマイル ・クレジットカード
※2021年12月8日時点