土地の価格を大幅に減額。特定事業用宅地等の適用要件と注意点

business-land-application
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

亡くなった人が個人事業を営んでいた場合、事業のための土地や建物にも相続税が課税されます。事業用の不動産に高額の相続税が課税されれば、事業が継続できなくなると心配になるのではないでしょうか。

事業のための土地について相続税評価額が減額できる「特定事業用宅地等の特例」を適用すると、相続税を減らすことができます。土地の面積が400㎡までの部分について相続税評価額が80%減額できる、つまり20%にできるので減税効果の大きい特例です。

1.「特定事業用宅地等」とは

「特定事業用宅地等」とは、相続税法で土地の評価額が減額される「小規模宅地等の特例」が適用できる土地の種類の一つです。

亡くなった人が個人事業を営んでいたときの事業用の土地は「特定事業用宅地等」に分類されます。ただし、賃貸アパートや貸駐車場など貸付事業に使用していた土地は「貸付事業用宅地等」に分類されます。

なお、個人事業ではなく、自身がオーナーになっている同族企業に貸し出す形で事業に使用していた場合は、「特定同族会社事業用宅地等」または「貸付事業用宅地等」に分類されます。

business-land-application1

1-1.特定事業用宅地等の特例

相続税の小規模宅地等の特例では、一定の面積を限度に、税額を計算するときの土地の評価額を減額することができます。特定事業用宅地等に対しては、その面積のうち400㎡までの部分の評価額を80%減額することができます。

business-land-application2

このような優遇を行う背景には、相続人の生活を保障する目的があります。

多くの場合、相続人は事業の収益で生計を立てています。その事業のために使用している土地に高額の相続税を課税すると、納税のために土地を処分しなければならないなど、その後の相続人の生活が脅かされる恐れがあります。そのため、一定の要件を定めて、評価額の引き下げを認めています。

評価額が減額されれば、その分相続税を節税することができるため、条件が合えばぜひ適用したいものです。

【例】総面積500㎡の土地の評価額が5,000万円であった場合、特定事業用宅地等の特例を適用すると、評価額はいくらになるか計算します。特例を適用するための要件はすべて満たしているものとします。

特定事業用宅地等の特例が適用できるのは400㎡までなので、500㎡のうち400㎡の部分について評価額を80%減額します。

5,000万円 - 5,000万円 × 400㎡/500㎡ ×80%
= 1,800万円

この土地の相続税評価額は、1,800万円となります。

1-2.他の特例との併用

特定事業用宅地等の特例は、特定同族会社事業用宅地等、特定居住用宅地等や貸付事業用宅地等の各特例と併用することができます。

貸付事業用宅地等がない場合

貸付事業用宅地等がない場合は、それぞれの特例の上限面積まで適用できます。ただし、特定事業用宅地等と特定同族会社事業用宅地等は合わせて400㎡が上限面積となります。

・ 特定事業用宅地等+特定同族会社事業用宅地等≦400㎡
・ 特定居住用宅地等≦330㎡

上記の特例の両方を選択する場合は、最大730㎡まで適用できます。

貸付事業用宅地等がある場合

貸付事業用宅地等と併用する場合は、次の算式で計算される部分の面積の範囲で適用できます。それぞれの特例の上限まで適用できるわけではないため注意が必要です。

business-land-application3

2.「特定事業用宅地等の特例」の 適用要件

特定事業用宅地等の特例を適用すると、土地の評価額を大幅に減額でき相続税の節税に効果があります。
しかし、この特例を適用するにはさまざまな要件を満たす必要があります。

2-1.亡くなった人の個人事業に使用されていた土地であること

特定事業用宅地等の特例が適用できる土地は、亡くなった人の個人事業に使用されていた土地です。主な例は、事務所、工場、倉庫などです。

賃貸アパート・駐車場は適用できない

個人事業であっても、賃貸アパートや貸駐車場の土地には特定事業用宅地等の特例は適用できません。かわりに貸付事業用宅地等の特例が適用できますが、限度面積と減額割合が低くなります(200㎡までの部分が50%減額)。

貸付事業以外でも適用できないことがある

貸付事業以外の個人事業の用途であっても、特定事業用宅地等の特例が適用できないケースがあります。

アスファルト舗装や砂利敷などをしていない青空駐車場や資材置場がその一例です。この特例を適用するためには、土地に建物や構築物があることが求められているためです。

business-land-application4

2-2.相続税の申告期限まで引き続き事業を営んでいること

土地そのものの要件のほか、土地を相続した人に関する要件も定められています。

この特例を適用するためには、相続人が事業を受け継いで、相続税の申告期限まで引き続き事業を営んでいることが必要です。相続税の申告期限は、被相続人が亡くなった日の翌日から数えて10か月以内です。

土地を相続しても、相続人に事業継続の意思がなく申告期限までに事業を承継しなかった場合は、特例は適用できません。また、事業を承継しても、申告期限までに事業をやめてしまった場合も適用できません。

2-3.相続した土地を申告期限まで引き続き保有していること

相続した人に関する要件はもう一つあり、相続人は相続した土地を申告期限まで引き続き保有している必要があります。

事業を引き継いでも、申告期限までに土地を売却した場合は特例を適用することはできません。

2-4.申告期限までに遺産分割を終えて申告書を提出すること

手続きに関する要件として、申告期限までに遺産分割を終えて申告書を提出することが定められています。

特例を適用して税額が0円になったとしても申告書は提出しなければなりません。特例の適用を受けたことで税額が0円になったのか、単に申告していないだけなのか税務署では判断がつかないからです。

3.まとめ

特定事業用宅地等の特例は、面積が400㎡までの部分について評価額が80%減額できる相続税の特例です。亡くなった人が貸付事業以外の事業を個人事業として営んでいた場合の、事業用の土地について適用できます。事業が貸付事業であった場合や、オーナー企業に貸し出す形にしていた場合はそれぞれ別の特例を適用することになるため注意が必要です。

事業オーナーの相続は、遺産相続に事業承継が重なって非常に手間がかかります。特定事業用宅地等の特例の適用でわからない点や相談したいことがあれば、相続と事業承継に詳しい税理士に相談されてはいかがでしょうか。

過去2,000名以上のお客様の満足度は96.6%
知識ゼロでも安心・安全
税理士法人チェスターの相続税申告

一般的な税理士は相続税の申告を年に1~2件、行う程度です。一方でわたしたち税理士法人チェスターは、年間700件以上の相続税申告を毎年行っています。

相続税専門だからこそ、完璧な節税と細かい部分に手の届いたサービス、低コストを実現できます。例えば、私たちはこのような結果を実現しています。

【チェスターの相続税申告の特徴】
  • 税務調査が入る確率が平均30%と言われる中、チェスターの申告書は税務調査率1%という圧倒的な数字で業界の常識を覆すほどの結果を出してきました。

  • 年間700件以上、累計2,000件以上行った相続税申告の知識と経験・専門性を生かし、あなたの税金を極限まで節税・さらに罰金にならないよう安全な申告を10か月以内に行います。

  • あなたはチェスターの指示に従って、相続した遺産を誰にどう分けるか話し合うだけ

  • 報酬の透明化を徹底し事前開示をしています。業界特有の契約後の”不当な追加報酬”は絶対にしないとお約束します。

  • 多くの税理士がその場で答えられないような質問でも相続専門でやっているので即答することが可能です。

  • 品質10年保証。申告後もあなたの申告書の管理・品質を保証します。



もし、あなたが「税理士は誰も同じに見えて迷っている」という場合は、一度、相続専門のチェスターの特徴の詳細をご覧ください。


相続”のみ”を行うからこそできる「8つ」の強みがあります。


相続専門の税理士法人 チェスターの詳細な特徴を見る

SNSで最新情報をチェック