RogerMayhem / Pixabay
その他

「地積規模の大きな宅地の評価」で広大地の評価はどう変わる?改正前と改正後を徹底解説

平成30年から、面積が広い宅地の相続税評価の方法として「地積規模の大きな宅地の評価」が適用されます。面積が広い宅地については「広大地の評価」として相続税評価額を減額していましたが、対象となる宅地と評価額の計算方法の見直しが行われました。 この記事では、これまで適用...
記事の続きを読む