ビートレーディングなら最短12時間で資金調達?注意点も解説!

ビートレーディングってどんなサービスなんだろう?
ファクタリングの利用は初めてなんだけど、安心して使えるサービスなのかな?

初めてファクタリングを利用する方や、他社の利用経験はあってもビートレーディングは利用したことがない方は、こういった疑問や不安が湧きますよね。

ファクタリングサービスの一つであるビートレーディングは、最短12時間で入金というスピードが特長です。

「クラウドサイン」を使ったオンライン契約にも対応しており問い合わせから契約締結までをWeb上で済ませられるなど、素早い対応が望めるでしょう。

ビートレーディングは急を要する場合にも安心して利用できるサービスといえます。

この記事ではビートレーディングについてメリットや注意点を説明した上で利用の流れまでを解説していきます。

【ビートレーディングについて】
運営会社 株式会社ビートレーディング
入金スピード 最短12時間
手数料 2%~
調達可能金額 下限額・上限額の規定なし
契約方法 対面・出張・郵送
個人での利用 可能
備考 最短30分で審査完了
税理士
利用上の注意や流れを把握して、ビートレーディングで素早く資金調達をしましょう。

1.ビートレーディングとは

ビートレーディングは株式会社ビートレーディングが運営するファクタリングサービスです。

メモ
ファクタリングとは売掛債権を売却する資金調達方法のことをいいます。未入金の請求書などの売掛債権を所持している事業者はその債権をファクタリング事業者に売却し、手数料を差し引いた金額を受け取ることで入金日よりも早く現金を調達することができます。ファクタリング会社は売掛先からの入金を回収します。

資金調達にかかる時間は「申し込みから最短12時間」と素早く現金化できるのが魅力です。

またビートレーディングの累計取扱件数は業界全体でもトップクラスで、約2万6,000社との取引実績があります。

2012年の設立から10年以上続く確かな実績は、安心して利用できるサービスであることを裏付けています。

ファクタリングには二者間ファクタリングと三者間ファクタリングがあり、ビートレーディングではどちらも取り扱っています。

二者間ファクタリングと三者間ファクタリングはどう違うのかな?
税理士
二つを簡単にご説明しますね。

二者間ファクタリングとはファクタリング業者とサービス利用者(債権譲渡者)の二者間で行われるファクタリングのことを指します。

二者間ファクタリングでは売掛先が取引に関与することはありません。

利用者はファクタリングを行ったことを取引先に知られることなく、スピーディーに資金を調達できるのです。

一方、三者間ファクタリングは債権の譲渡について売掛先の承諾を得て行います

ファクタリング業者が売掛先から直接売掛金を回収することで未収のリスクが少なくなります。

このため、一般的に二者間ファクタリングより三者間ファクタリングの方が手数料率が低い傾向にあるのです。

ただし売掛先との交渉が必要になるため時間がかかってしまうことが難点だといえるでしょう。

ビートレーディングでも二者間ファクタリングは「最短即日に資金調達」、三者間ファクタリングは「低手数料で資金調達」とうたわれています。

税理士
資金調達にかけられる時間などを考慮してご自身に合った方を選びましょう。

2.ビートレーディングの8つのメリット

いろいろなファクタリングサービスがあるようだけど、ビートレーディングを選ぶとどんなメリットがあるんだろう?

ファクタリングの利用を考えたとき、ご自身にとってどのようなメリットがあるサービスなのかということが気になりますよね。

ビートレーディングには八つものメリットがあり、非常に利用価値が高いサービスといえます。

ここではビートレーディングのメリットについて、それぞれ詳しく紹介していきます。

メリット1 最短12時間でスピード資金調達

ビートレーディングの最大のメリットともいえるのが、「申し込みから最短12時間」という資金調達のスピードです。

ファクタリングを利用して入金が行われるまでには数日かかることが多くあります。

メモ
ファクタリングは売掛債権の売買に当たるため、ファクタリング業者としては買い取った債権が回収できる可能性が高いことを確認する必要があります。債権者が利用を申し込むと、ファクタリング業者はまず売掛先が信頼に値する企業なのか判断する審査を行い、審査に通過した債権者と契約を結んで指定口座に入金します。

審査などの手続きがスムーズに進まないと時間がかかってしまうのです。

資金調達までに数日かかってしまう業者があることを考えると、ビートレーディングの「最短12時間」という素早さは目を見張るものがありますよね。

税理士
急ぎの資金調達でも力強い味方になってくれるでしょう。

メリット2 オンラインでも契約可能

ビートレーディングの契約方法には「対面」「出張」「オンライン」の三つがあります。

なかでもクラウドサインを使ったオンライン契約は、実際にオフィスまで出向いたりご自身の会社まで出張してもらったりするよりも時間がかからず便利です。

クラウドサインとは
電子署名のツールのひとつです。契約を締結する双方が合意した契約書に、第三者である弁護士ドットコム株式会社が電子署名を施し証拠力を担保します。

申し込みや書類のやり取りをWeb上で行えるファクタリング業者は多くありますが、契約まで非対面で行える業者はまだ少ないのが現状です。

資金調達を急いでいる場合、契約に出向くのも来訪してもらうのも時間が惜しいものですよね。

ビートレーディングであればオンライン上で契約が可能なため、対面する時間を大幅に削ることができます

問い合わせから契約の締結まで全てをWeb上で済ませられるので、資金調達を急いでいる方には大変おすすめです。

メリット3 2%〜と低水準の手数料率

ファクタリングでは「売掛債権の額面の○%」という形で手数料が生じます。

手数料率は業者によって異なり、売掛債権の額面や売掛先の信頼性などさまざまな要素を鑑みて決定されます。

ビートレーディングの手数料率は2%〜と低めに設定されています

これは業界内でも低水準といえる手数料率です。

税理士
他社に売掛債権を売却するよりも手元に残るお金が多くなる可能性が高いのはうれしいポイントですね。

メリット4 対応金額の制限なし

多くのファクタリング事業者が対応金額に上限や下限を設けているなかで、ビートレーディング対応金額に制限を設けていません

他社で断られてしまった少額の案件や高額の案件でも、ビートレーディングであれば対応してくれる可能性が高いといえます。

実際、ビートレーディングでは10万〜7億円の買い取り実績があります。

金額の多寡にかかわらず、まずは相談してみると良いでしょう。

メリット5 審査通過率98%

経営が赤字なんだけど、それでも利用できるのかな……?
税金を滞納してしまっているから、審査が不安……。

審査に対してこのような不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

しかしビートレーディング審査通過率98%という高い数字を誇ります。

赤字・債務超過・税金滞納など、さまざまな顧客の事情を踏まえて専任の担当者が相談に乗ってくれるので安心です

そもそもファクタリングは、利用者側の信用情報よりも売掛先の信用情報が重視されるものです。

ご自身の会社の信用情報に不安がある場合でも、まずは相談してみましょう。

メリット6 全国3カ所に支店がある

ビートレーディング東京本社以外にも、仙台、大阪、福岡に支店を持っています

初めてファクタリングを利用するから、対面じゃないと不安……。

このように考える方もいらっしゃいますよね。

首都圏のみにしか支店がない場合、地方にお住まいの方にとっては大変不便なものですよね。

ビートレーディング>であれば東京、仙台、大阪、福岡の4カ所から一番近いところを選ぶことができます

全国対応とはいえ首都圏のみにしか支店がない事業者も多くあるなかで、ビートレーディングは地方にお住まいの方でも比較的に利用がしやすいといえます。

メリット7 債権譲渡登記なしで利用可能

償還請求権を有していない点もビートレーディングのメリットの一つです。

償還請求権ってなんだろう?

譲渡された売掛債権の売掛金が売掛先から入金されず、回収できなかったとします。

このとき債権を買い取ったファクタリング業者が、債権を売却したファクタリング利用者に売掛金分の支払いを請求できる権利を償還請求といいます。

ファクタリング事業者が償還請求権を有している状態では、売掛先からの入金がなかった場合に、利用者がファクタリング事業者に売掛金の分を支払わなければならないリスクを負うことになります。

しかしビートレーディングは償還請求権を持たないので、万一の際も利用者が売掛金の未収を補填(ほてん)する必要はなく、安心して利用できます

ファクタリングを利用する際には「償還請求権なし」と明記されているサービスを選ぶことが重要なのです。

税理士
償還請求権がない状態は「ノンリコース」ともいいます。「リコース」とは償還請求権のことです。

メリット8 個人事業主も利用可能

個人事業主だけど、利用できるのかな?

資金調達の方法が限られてしまう個人事業主の方はこのような不安を持ちますよね。

法人の利用のみしか受け付けていないファクタリング事業者があるのも確かです。

しかしビートレーディングであれば個人事業主の利用も可能と明記されているため、安心して利用ができますよ。

3.ビートレーディングを利用する際の注意点

ビートレーディングを利用するときに注意しなければならないことはあるのかな?

メリットが多く利用価値の高いビートレーディングですが、利用時に注意しなければならないこともあります。

ここから紹介する三つの注意点をしっかりと押さえて、安心してビートレーディングを利用できるようにしましょう。

注意点1 利用は売掛先が法人の場合のみ可能

顧客側はどのような業種でも法人、個人問わず利用可能なビートレーディングですが、売掛先は法人でないと利用できません

相手が個人事業主の売掛債権は買い取ってもらうことができないのです。

しかし、これはビートレーディングに限ったことではありません。

ファクタリング事業者は売掛先が法人の場合のみを条件としていることが多いため、どの事業者を利用するにしても注意しなければならない点といえます。

注意点2 手数料の上限が明記されていない

ビートレーディングの手数料は2%~と記述されており、上限は明記されていません。

手元に残るお金が思っていたより少ない……。

考えていたよりも手数料が高くこのようなことになってしまわないためにも、相談や審査の段階で手数料についてよく聞いておくことが重要です。

契約を結ぶ前に手数料の内訳について質問してみるのも良いでしょう。

注意点3 即日振り込みにならない場合もある

ビートレーディングは可能な限り即日振り込みを行っていますが、場合によっては振り込みが即日にならないこともあり得ます

税理士
ただしこれはビートレーディングに限ったことではありません。100%即日での振り込みが保証されているファクタリング業者は基本的には存在しないといって良いでしょう。

申し込みの時間帯によって振り込みが遅くなるケースや、審査に時間がかかってしまうケースも考えられます。

ファクタリングを利用する際にはできる限り余裕を持って申し込むことが重要です。

4.ビートレーディングを利用する流れ

注意点も分かったし、さっそくビートレーディングを利用してみたいな。実際に利用するときはどんな流れになるんだろう?

ここまでビートレーディングについて、メリットや利用する際の注意点を説明してきました。

実際に利用してみたいと思ったところで気になるのが利用の流れですよね。

ここからはビートレーディングを利用する流れを説明していきます。

税理士
即日で資金調達をしたい場合はしっかりと流れを把握しておくと良いですよ。

STEP1 問い合わせ

まずは問い合わせをして無料査定をしてもらいましょう。

ビートレーディング「スピード見積り」「電話」「メール」の三つの方法から問い合わせることができます。

問い合わせでは簡単なヒアリングと必要資料の案内をしてもらえます。

資金調達を急いでいる場合はスピード見積りが便利です。

ビートレーディングのホームページにスピード見積もりのフォームが設置されているので、必要事項を入力しましょう。

口頭やメールで必要事項を伝えるよりも簡単ですよね。

必要事項を入力した後はオペレーターからの連絡を待ちましょう。

STEP2 必要書類提出

次に本査定に入るための必要書類を提出しましょう。

ビートレーディングの本審査に必要となる書類は以下の3点です。

【本審査の際に必要な書類】
  • ・本査定申込書
  • ・売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2カ月分)
  • ・入金予定の売掛金が確認できる成因証書(契約書・発注書・請求書など)

書類の提出は「Web」「メール」「FAX」「LINE」から選べます。

LINEからでも提出できるんだ。手間がかからなそうでいいなあ。

STEP3 査定結果報告

必要書類を提出した後、最短30分以内に買取金額を提示してくれます。

手数料に対しての疑問などがあったらこの段階で質問してみると良いでしょう。

STEP4 契約

契約内容に納得がいったら、ビートレーディングと契約を結びます。

契約方法は「オンライン」「来社」「訪問」の3通りから選べます。

なかでも資金調達を急いでいる場合はオンライン契約がおすすめです。

クラウドサインを用いてオンライン上で契約の締結させることができるため、対面での契約よりも時間と手間がかかりません

オンライン契約なら問い合わせから契約まで全てWeb上で行えるんだね。

対して「初めてファクタリングを利用するので対面で話がしたい」というような場合は「来社」「訪問」のどちらかを選ぶと良いでしょう。

「来社」はビートレーディングの東京本社、もしくは仙台・大阪・福岡にある支店のうちいずれかに出向く方法です。

「訪問」は専任の担当者がご自身のオフィスなどに出向いてくれます。

なおどの契約方法をとっても、原則として振り込みは即日行われます

注意
ただし15時以降に契約を締結した場合、銀行によっては反映されるのが翌営業日となる可能性もあるため注意しましょう。

素早く契約するためには以下の必要書類をそろえておくと良いでしょう。

【契約に必要な書類】
  • ・登記簿謄本
  • ・印鑑登録証明書
  • ・身分証明書

5.まとめ

ファクタリングサービスの一つであるビートレーディングの強みは、なんといっても入金までのスピードです。

最短12時間で資金調達が可能という速さは、他社ではそうあるものではありません。

最短で資金調達をするためには先に書類をそろえておくことが重要です。

審査、契約それぞれの段階で必要な書類をよく確認しておきましょう。

ビートレーディングとの契約は「オンライン」「来社」「訪問」から、ご自身にとって都合の良い方法を選ぶことができます。

「オンライン」ではクラウドサインを用いており素早く契約可能なため、資金調達を急いでいる場合におすすめです。

ビートレーディングなら問い合わせから契約まですべての手続きをオンラインで済ませることができます

税理士
急ぎで資金調達をしなければならないときの強い味方になってくれるでしょう。

【ビートレーディングについて】
運営会社 株式会社ビートレーディング
入金スピード 最短12時間
手数料 2%~
調達可能金額 下限額・上限額の規定なし
契約方法 対面・出張・郵送
個人での利用 可能
備考 最短30分で審査完了