QuQuMo(ククモ)なら最短2時間で資金調達!注意点はない?

QuQuMoってどんなサービスなんだろう?
安心して利用できるのかな?

ファクタリングの利用を検討している方で、こういった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

QuQuMoはオンライン完結型のファクタリングサービスです。

最短2時間で現金化できるスピード感が特徴で、資金調達を急いでいる方に適しているといえます。

面談不要で必要書類も少なく手軽に申し込めるので、初めての方でも利用しやすいでしょう。

【QuQuMoについて】
運営会社 株式会社アクティブサポート
入金スピード 最短2時間
手数料 1~14.8%
調達可能金額 制限なし
契約方法 オンライン
個人での利用 可能
備考 必要書類は請求書と通帳コピーのみ
フリーランスも利用可
税理士
この記事ではQuQuMoを利用するメリットや注意点、実際に利用する際の流れなど詳しく解説していきます。

1.QuQuMoとは

QuQuMoは株式会社アクティブサポートが運営するファクタリングサービスです。

メモ
ファクタリングは売掛債権の買取サービスです。未入金の請求書などの売掛債権をファクタリング業者に売却することで、入金期日よりも早く売掛債権の額面から手数料を差し引いた金額を受け取ることができるため、短期的な資金調達方法として活用できます。

全ての手続きがオンラインで完結することが特徴で、売掛債権を最短2時間で現金化できる驚異的な入金スピードが魅力です。

また二者間ファクタリングのみに対応しているため、売掛先に売却した事実を知られる心配がありません。

二者間ファクタリングとは、ファクタリング業者とサービス利用者である売掛債権を売却する側の二者間で行われるファクタリングのことです。

【二者間ファクタリングの仕組み】

二者間ファクタリングでは、サービスを利用するにあたり売掛先の承認を得る必要がなく、スピーディーに売掛債権の売却が行えます

売掛債権をファクタリング業者に売却したサービス利用者は、入金期日に売掛先から回収した代金をファクタリング業者に支払う仕組みになっています。

メモ
二者間ファクタリングの他に「三者間ファクタリング」という取引方法もあります。三者間ファクタリングでは、ファクタリングを利用するにあたり売掛先の承諾が必要なため、売掛債権が現金化されるまで時間がかかる傾向があります。

2.QuQuMoを利用するメリット

QuQuMoを利用するメリットってなんだろう?

ご自身に合ったファクタリング業者を選ぶためにはメリットも知っておきたいですよね。

QuQuMo他社サービスと比べ特長が多く、幅広いニーズに対応している数少ないサービスです。

ここでは、QuQuMoのメリットを八つ厳選してご紹介していきます。

【QuQuMoを利用するメリット】
QuQuMoメリット

メリット1 オンライン完結・面談不要

QuQuMoの特長の一つとして、面談不要で手続きが全てオンラインで完結する点が挙げられます。

パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境があれば、申し込み、審査、契約、入金など全ての手続きを簡単に済ませることができます。

他社では審査や契約の際に直接会って面談が必要になるケースもあり、店舗に訪問するかファクタリング業者に出張してもらって手続きを行います。

またその際に事務手数料として買取料を差し引かれてしまうことがあります。

しかしQuQuMoであれば面談先に出向く手間や費用がかからないので、手軽に利用できるといえるでしょう。

税理士
ファクタリングの手続きに時間をかけられない方や手軽にファクタリングを利用したい方にとってうれしいポイントですね。

メリット2 最短2時間で入金

QuQuMo最短2時間で入金できる点も大きなメリットといえるでしょう。

同業他社と比較しても圧倒的に入金スピードが早く、業界トップクラスの早さを誇ります。

最短即日をうたっているファクタリング業者でも、審査のみが即日の対応で、申し込んでから入金が完了するまでに数日かかる場合もあります。

必要書類が多かったり、売掛先の審査に時間がかかったりすると手続きがスムーズに進まず「資金が必要な日までに調達ができなかった……。」といったことも起こり得ます。

しかしQuQuMo必要書類がそろっていれば、申し込みに約10分、審査に約30分、契約して入金されるまで約1時間という早さで迅速に対応してくれます。

税理士
急いで資金を調達する必要のある方は、QuQuMoの利用を検討してみると良いでしょう。

メリット3 審査の必要書類が2点のみ

QuQuMo審査の際に必要な書類が少ないのも魅力の一つです。

主に必要な書類は以下の二つです。

【審査に必要な書類】
  • ・直近3カ月分の入出金明細
  • ・請求書

通常、ファクタリングを利用する際には「決算報告書」や「印鑑登録証明書」などが必要な場合が多く、申し込むまでに手間と時間がかかることもあります。

書類の準備が手間だからとファクタリングの利用を諦めていた方もQuQuMoなら手軽に利用することができるでしょう。

メモ
個人事業主の方は開業届または青色、白色の確定申告書一式と健康保険証の提出が必要です。

メリット4 売掛債権の金額に制限なし

QuQuMoでは売掛債権の金額に制限が設けられていないのもメリットの一つといえるでしょう。

多くのファクタリングサービスでは、売掛債権の金額に下限額や上限額を設けています。

業者によっては少額の売掛債権やあまりにも大きな額の売掛債権は、買い取ってもらえないケースもあります。

そういった売掛債権の場合でもQuQuMoは対応しているので、他社で買取を断られた方も安心して利用することができますよ。

メリット5 1~14.8%と業界低水準の手数料

QuQuMo手数料は1~14.8%と業界のなかでもトップクラスの低さです。

そもそもファクタリングの手数料の相場ってどれくらいなの?

このように気になる方もいらっしゃるでしょう。

QuQuMoのような二者間ファクタリングの場合、手数料の相場は売掛債権の額面に対して10〜20%程度といわれています。

QuQuMoの手数料は、相場と比較しても安めに設定されていることが見て取れますよね。

また他のファクタリングサービスのなかには「手数料率〇%~」と上限を明確に示していないサービスもありますが、QuQuMo手数料の上限が示されていて良心的といえるでしょう。

税理士
少しでも高く売掛債権を売却したいといった方にもおすすめのサービスです。

メリット6 償還請求権なし(ノンリコース)

償還請求権のないノンリコースで契約を行う点もQuQuMoの特長の一つです。

償還請求権(リコース)とは
売掛先の倒産や廃業などにより売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング業者が債権を売却したサービス利用者にその代金の返還請求を行える権利のことを指します。ノンリコースはその権利を持たないことを意味します。

ノンリコースの契約であれば、万一ファクタリング業者が売掛金を回収できなかったとしても、未入金の代金が請求される心配はありません

ファクタリングを利用する際には、ノンリコースで契約が行えるかどうかも必ず確認しておきたいですね。

税理士
QuQuMoは、ノンリコースなので安心して利用することができます。

メリット7 債権譲渡登記不要

QuQuMoでは債権譲渡登記が必要ない点も大きなメリットといえます。

債権譲渡の登記とは
文字どおり、債権が譲り渡されたことを法務局に申請して登記することです。売掛金などの債権を譲渡した事実を公にすることで、ファクタリング業者はサービス利用者が債権を複数のファクタリング業者に譲渡し、二重に代金を得ようとする行為を防ぐことができます。

サービス利用者が複数の業者に売掛債権を譲渡すると、債権を所有しているのが誰なのか判断が難しくなり、ファクタリング業者は売掛金を回収できる可能性が低くなってしまいます。

そのため、ファクタリングサービスを利用する際には債権譲渡の登記が求められることがあります。

しかしサービス利用者にとっては、債権譲渡登記を行うことにより登記費用がかかったり手続きの時間が長くなったりするといったデメリットがあります。

また債権譲渡が行われたことが法務局の登記簿に記載されるので、売掛先が登記簿を見てしまうと、売掛債権を売却した事実が知られる可能性が高くなります

税理士
QuQuMoでは債権譲渡登記が不要なので、債権譲渡したことを知られたくない方やスピーディーに売掛金を現金化したい方でも利用しやすいといえます。

メリット8 個人事業主やフリーランスも利用可

QuQuMoのファクタリングサービスは事業形態に関係なく利用することができます

なかには、法人のみ対応可能といったように利用可能な対象者が限定されているファクタリングサービスは少なくありません。

個人事業主やフリーランスは、法人に比べて売掛債権の額や社会的信用度が低い傾向にあると見なされやすく、サービスによってはファクタリングの利用が難しいこともあります。

しかしQuQuMoは、売掛債権さえあれば誰でも利用できるので、個人事業主やフリーランスの方にとってはうれしいメリットといえるでしょう。

3.QuQuMoを利用する際の注意点

メリットについては分かったけどQuQuMoの利用時に注意することはあるのかな?

実際に利用する上で気を付けておくことはないか確認しておきたいですよね。

QuQuMoには大きく分けて三つの注意点があります。

【QuQuMoを利用する際の注意点】
税理士
以下の注意点を知っておけば、安心して利用できるので事前にチェックしておきましょう。

注意点1 手続きはオンラインでのみ

QuQuMoはWeb上で手続きが完了するサービスなので、対面での手続きは行っていません

どうしても業者と直接会って手続きをしたいという方やインターネット環境が確保できない方などにとっては適していないサービスといえるでしょう。

あるいはインターネット環境があっても「オンライン上での契約は慣れない……。」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

基本的にはオンラインの契約にのみ対応していますが、QuQuMoの公式サイトにあるお問い合わせフォームでいつでも相談ができるので、不安のある方は利用してみると良いでしょう。

平日の9時から19時の間であれば、電話で相談することも可能です。

注意点2 手数料が1~14.8%で幅がある

QuQuMo手数料には1~14.8%と幅があるため注意が必要です。

手数料率はさまざまな要因を考慮して判断されますが、審査が完了するまで正確に知ることはできません。

「思っていたよりも手数料が高くて資金が足りなかった……。」ということのないよう、手数料率に幅があることを認識しておきましょう。

万が一、手数料を含む査定結果に納得がいかない場合でも、契約するかどうかじっくり考えることができるので、不安なく利用できます。

注意点3 場合によっては電話でのヒアリングがある

審査の状況によってはQuQuMoのサポート窓口から電話がかかってくることがあります。

基本的にはオンライン完結型のサービスであるため、必要書類を参考に審査が行われオンライン上で審査の結果が表示されます。

しかし電話でヒアリングを行う可能性もゼロではないので、電話を受けられる状態にしておくと良いでしょう。

4.QuQuMoを利用する流れ

実際に利用する際にはどういった手順で利用するのかな?

このように手続きの流れが気になる方もいらっしゃるでしょう。

そこでここではQuQuMoを利用する手順を以下の三つのステップに分けて紹介していきます。

【QuQuMoを利用する流れ】

QuQuMo利用の流れ

税理士
事前に流れを押さえておけば、スムーズに手続きが完了しますよ。

STEP1 申し込み・必要書類の提出

まずQuQuMoの公式ページで申し込みをします。

申し込みの所要時間は10分程で、具体的には会員登録をして必要事項の入力を行い、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出します。

営業時間が平日の9時から19時なので、早く資金調達する必要のある方は午前中など早い時間帯の申し込みがおすすめですよ。

STEP2 審査

本人確認書類の登録が完了すると、利用可否の審査と売掛債権の譲渡代金の見積もりをしてもらいます。

会員ページ内で申請をし、審査するにあたり必要な書類をアップロードします。

審査に必要な主な書類は以下のとおりです。

【審査に必要な書類】
  • ・直近3カ月分の入出金明細
  • ・請求金額・入金日が確定している請求書

必要書類のアップロードが完了したら30分程で審査結果が出るので、見積もりの結果を確認しましょう。

見積もり結果や条件に同意できない場合は、契約を見送ることも可能です。

STEP3 契約・入金

見積もり結果や条件に同意したら、契約を行います。

QuQuMoではオンライン上で契約締結をする「クラウドサイン」を利用して契約します。

契約の際には免許書やパスポートなどの本人確認書類を準備しておきましょう。
契約を締結してから1時間程で入金されるので、スピーディーに手続きが完了しますよ。

クラウドサインとは
電子契約サービスの一つで、業界シェア約8割を占めています。弁護士監修のもとで提供されており、万全のセキュリティー体制が整っています。

5.まとめ

QuQuMo全ての手続きがオンラインで完結し、最短2時間で売掛債権を現金化することができるファクタリングサービスです。

面談もなく審査に必要な書類はたった2点のみと手軽に利用できる点が魅力です。

売掛債権の金額に制限は設けられておらず、売掛債権を持っている人であれば誰でも利用できるので、個人事業主やフリーランスの方も安心して利用できるでしょう。

手数料は1~14.8%と幅がありますが、二者間ファクタリングの手数料の相場よりも安く設定されているので良心的なサービスであるといえます。

「オンライン上での契約は慣れない……。」という方は、公式サイトのお問い合わせフォームやLINEで相談してみると良いでしょう。

営業時間内であれば、電話で相談することも可能です。

総合的に見てQuQuMoは、幅広いニーズに対応した非常に利用価値の高いファクタリングサービスといえます。

税理士
公式ホームページから手軽に申し込むことができますよ。

【QuQuMoについて】
運営会社 株式会社アクティブサポート
入金スピード 最短2時間
手数料 1~14.8%
調達可能金額 制限なし
契約方法 オンライン
個人での利用 可能
備考 必要書類は請求書と通帳コピーのみ
フリーランスも利用可