1. 新着順
  2. 人気順

#10 地方の高利回り物件で失敗する?相続対策でうまくいかない理由とは

2020.08.13

  収益物件には一定の相続対策効果がありますが、地方の高利回り物件で相続対策をしようとすると失敗するケースも出てきます。 相続対策の節税効果は、実は土地のエリアや建物の築年数によっても異なります。ではなぜ地方の […]

#9 少額での相続対策で活用できる!不動産小口化商品とは?

2020.08.07

  近年、不動産小口化商品を使った相続対策が増え始めています。一口100〜500万円程度の不動産小口化商品も登場してきたことから、一般の人でも気軽に不動産小口化商品を購入できるようになってきました。 不動産小口 […]

#8 相続対策におすすめのマンションは?区分or中古一棟or新築一棟で徹底比較

2020.07.31

  賃貸マンションは、主に「区分所有」や「中古一棟」、「新築一棟」の3種類に分けられます。 これらの賃貸マンションは全て相続税を節税することが可能です。しかしながら、その効果には違いがあり、相続対策として投資を […]

#07 少子化問題は不動産投資市場をどう変える?選ぶべき物件を解説

2020.07.22

  不動産投資を検討する上で、やはり少子化問題が気になるという方も多いと思います。不動産投資は1つの建物で40~50年間に渡り収入を得ることになるため、長期的な動向をしっかりと意識していくことが重要です。 少子 […]

#06 東京オリンピック後の不動産投資市場はどう変わる?市場予測を解説

2020.07.17

  新型コロナウイルスの影響により、東京オリンピックは2021年に延期されました。不動産投資市場は東京オリンピックに向けて活況を呈していましたので、少し腰を折られた印象です。 オリンピックが延期されたことにより […]

#05 不動産投資のアフターコロナはどうなる?2020年の相続市場とは

2020.07.07

  新型コロナウイルスの影響により、企業の業績悪化のニュースが連日報道されています。内閣府が2020年4月23日に公表した月例経済報告でも11年ぶりに「悪化」の表現が使われました。コロナ禍の影響によって、今後の […]

#04 人口減少や五輪開催の反動、コロナの影響は?不動産に関する懸念材料とその見通し

2020.06.30

  少子高齢化、ポスト五輪、コロナ禍などの懸念材料を整理 まとまった資金を注ぎ込むことになるだけに、不動産投資を行うべきか否かについては、慎重に検討を進めるのが賢明です。ここでは今後や現状において考えられる懸念 […]

#03 相続対策に適した不動産選びのポイントを解説

2020.06.18

  不動産を活用すると相続対策をすることができます。 しかしながら、不動産投資はリスクも伴うため、全ての不動産が相続対策に適しているわけではありません。 残された相続人も安心できるようにするには、相続対策に適し […]

#02 課税額が現金の10分の1になるケースも…現金と不動産では相続税がこんなに違う!

2020.06.10

  相続税と不動産活用の基礎知識はこちら>>> 【相続税のプロ】【不動産投資のプロ】に相談したい方はこちらよりお問合せください>>> 相続税を計算する際に、不動産は現金よりも […]

#01 生前贈与や生命保険と比べても抜群に効果的!不動産が相続対策に最適と言われる理由とは?

2020.06.01

  2015年の法改正を機に、相続税の課税対象者が大幅に拡大 2015年1月から法律が改正され、相続税の課税対象者が大幅に増えました。それまで「5000万円+法定相続人の数×1000万円」となっていた「基礎控除 […]