【税理士監修】個人事業主が持つべきおすすめクレジットカードとは?

「法人クレジットカードを発行したいけれど、どのカードがいいの……?」

と悩んでいませんか?

法人カードは持っていると様々なメリットがありますが、種類が多すぎてどれを選んだらよいか分からない方も多いのではないでしょうか

この記事では、

・そもそも個人事業主が法人クレジットカードを持つメリットは?
・個人事業主はどのカードを作るのがいいの?

などの疑問に詳しくお答えしていきます。

税理士
個人事業主におすすめの法人クレジットカードを知りたい方は「4.個人事業主におすすめのクレジットカード」から読み進めてください。

この記事の監修税理士
監修税理士の税理士法人チェスター代表 福留正明
税理士法人チェスター代表
福留 正明
公認会計士・税理士・行政書士。富裕層の資産税コンサルティングに強みを持つ税理士法人チェスターの代表社員。 相続税申告実績は税理士業界でもトップクラスの年間1,000件以上(累計5,000件以上)を取り扱う。相続税申告サービスやオーダーメイドの生前対策、相続税還付業務等を行う。 資産税関連書籍の執筆や各種メディアから取材実績多数有り。
税理士法人チェスターは、グループ総勢190名以上の税理士事務所です

1.個人事業主が法人カードを使う四大メリット

多くのクレジットカード会社が個人事業主向けの法人カードを提供しています。

法人カードを作れば、お金にまつわる悩みを解決して事業運営を円滑にできるうえに、使用するカードに応じて多様なメリットが受けられます。

まず、個人事業主にとっての法人カード作成の四大メリットをご紹介します

メリット1.お金に関する普段の業務がスムーズに!

「経費だったのか個人的な支出だったのかわからなくなってしまった……」

「会計処理に時間を取られてしまう……」

会計業務に関するこのような問題に悩んだ経験はないでしょうか?

事業関連の支払いを法人カードに一本化すれば、こうした悩みは一気に解決します。

【法人クレカで会計業務がスムーズになる】
  • ・経費の精算を法人クレジットカードで決済することで、会計をややこしくしてしまう公私混同が起きない
  • 明細書をウェブからダウンロードして会計業務を進められるので、業務が一気に楽になる
税理士
会計業務に関して、法人カード導入はいいことずくめです。

メリット2.貯まったポイントの分だけ出費が減る!

クレジットカードには、ポイント還元の機能が備わっています

貯まったポイントは、カード利用代金の値引きや、各種商品・ギフト券などとの交換に利用することができます。

ポイントで事業に必要な備品などを手に入れられれば、結果として出費を削減することができます。

メリット3.引き落としやキャッシングで資金繰りもスムーズに!

これまで現金で支払っていた経費をカード決済にすることで資金繰りも有利に進めることができます。

法人カードで決済した分の利用代金は、まとめて法人口座から引き落とされます。

日々の出費がまとまれば、資金のやりくりもスムーズになるでしょう。

また、個人事業主向けの法人カードには一般的にキャッシング枠がついているため、いざというときの資金調達にも活躍してくれますよ。

メリット4.カードによってさまざまなサービスや特典がついてくる!

クレジットカードには、カードによってさまざまなサービスや特典がついてきます。

【クレジットカードで受けられる特典の例】
  • (1)海外旅行傷害保険が付帯
  • (2)空港や提携ホテルのラウンジを利用できる
  • (3)コンシェルジュサービスを利用できる

このように、カードを持っているだけで受けられる恩恵が多数あります。

さらに法人カードには、一般のカードにはない優待や特典が用意されています。

【法人カードにしかない特典の例】
  • (1)福利厚生を低コストかつ低学で利用できるサービス
  • (2)会計ソフトの利用料金割引
  • (3)従業員用の追加カード発行

それぞれのカードによってサービスの特色は違います。

・提携しているサイトやお店でお得にポイントが貯められる仕組みを提供しているカード
・ETCカードを複数枚発行できるカード

などもあるので、カード選びの際はサービスについても確認してみてください。

2.法人カードの注意点!意外な落とし穴も……

個人事業主にとって、法人カード利用はとてもお得です。

ただ、だからといって闇雲に申請すればよいというものではありません。

ここでは、法人カード初心者の個人事業主が見落としがちな三つの注意点についてご説明します。

【法人カード初心者の個人事業主がハマりがちな三つの注意点】

以上の3点に注意しておかないと、法人カードを作ることが事業にマイナスになってしまうこともあります。

メモ
これらの注意点をクリアしているクレジットカードもあります。

先にカードの詳細を知りたい!という方はこちらをご覧ください。

ここでは、法人カード作成時の注意点についてご説明します

注意点1.実は申請が面倒で審査が難しい

法人カードは個人カードと比べて申請に必要な書類が多く、準備が面倒です。

一般に法人カードを作るためには

・登記簿謄本
・登記事項証明書
・決算書

などの書類提出を求められます。

また、開業から一年を経過していないと申請できないカードも多くあります

注意点2.年会費が大きな出費になってしまうことも

ほとんどの法人カードは年会費がかかります。

カードによっては年会費がかなり高額な場合もあります。

経費削減や事務効率化のために法人カード導入を検討しているのなら、出費がかさんでしまっては本末転倒ですよね。

注意
初年度は年会費を無料にしているカードもありますが、2年目以降の年会費についてもしっかり確認しておくことが重要です。

注意点3.法人カードはポイント還元率が低い

法人カードは一般に個人カードよりもポイント還元率が低いことで知られています。

ポイント還元率1.0%以上のカードはほとんどありません。

注意
「ポイント最大●%還元!」と高い還元率を謳うカードであっても、利用額や利用店舗が限られているなど、ポイント還元の条件が厳しいものがあります。

通常還元率はあまり高いといえないカードもあるので、注意しておきましょう。

3.【比較表】代表的な法人カードの特徴比較

より詳しく知りたいという方のために、ここでは代表的な個人事業主向け法人カードの特徴をご紹介します。

カード名 年会費 ポイント還元率
NTTファイナンスBizレギュラーカード 完全無料 1.0%
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円(税別) 0.5%
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 31,000円(税別) 1.0%
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 12,000円(税別) 0.33~0.4%
JCB法人カード(一般) 初年度無料
2年目以降1,250円(税別)
0.5%
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード 初年度無料
2年目以降1,250円(税別)
0.5%
楽天ビジネスカード 10,000(プレミアムカード)+2,000(ビジネスカード)円(税別) 1.0%
EX Gold for Biz S 初年度無料
2年目以降2,000円(税別)
0.5%
(利用額に応じてアップし、次年度以降は最大1.1%)

今回紹介した代表的な法人クレジットカードの中では、2年目以降も年会費が無料なのは「 NTTファイナンスBizレギュラーカード」だけです。

年会費20,000円(税別)でアメックスブランドを手にすることができる「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」も魅力的なカードです。

特におすすめのクレジットカードについて詳しく解説していきます。

4.個人事業主におすすめのクレジットカード

(1)NTTファイナンスBizレギュラーカード

NTTファイナンスBizカード
年会費無料!一番おすすめのコスパ最強法人カード
NTTファイナンスBizレギュラーカード」は、個人事業主向け法人カードの三つの注意点をしっかりとカバーしています。

年会費無料というだけでも魅力的ですが、このカードの強みはこれだけではありません。

法人カードのメリットをしっかりと押さえながら年会費無料を実現している「 NTTファイナンスBizレギュラーカード」は総合的に見てもバランスの取れた、死角のないカードです。

発行会社 NTTファイナンス
初年度年会費 無料
2年目以降年会費 無料
通常還元率 1.0%
追加カード年会費 無料
ETC発行 500円(税別)
限度額 個別設定

NTTファイナンスBizレギュラーカードの特徴

なんといっても最大の特長は、年会費が完全無料でポイント還元率が1.0%であることです。

ポイント還元率1.0%以上の法人カードはそれ自体が珍しく、あったとしても年会費が高額な傾向にあります。

つまり、年会費無料で常にポイント還元率が1.0%の「 NTTファイナンスBizレギュラーカード」は、ポイント還元の観点から見て非常に優秀な法人カードなのです。

また、その他にも以下のようなメリットがあります。

【NTTファイナンスBizレギュラーカードのメリット】
  • (1)年会費完全無料!2年目以降もずっとゼロ円
  • (2)還元率1.0%!年会費無料の法人カードではトップクラス
  • (3)面倒な書類は不要!オンラインで簡単申請
  • (4)会計業務に役立つ便利なWeb明細!
  • (5)福利厚生サービスの優遇など、付帯サービスも充実!

また、「 NTTファイナンスBizレギュラーカード」は申請がとても簡単です。

一般に法人カード申請には多くの書類が必要ですが、「 NTTファイナンスBizレギュラーカード」はとても簡単にオンラインで申し込みができます

また、会計業務に便利なweb明細システムも必見です。用途によってweb明細を最大10個に分け、いつ何に使ったのかなどメモを追記することができますよ。
会計処理がスムーズに済ませられる機能は、法人カードならではです。

そのほかにも、本来は入会金100,000円が必要な福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」が入会金無料、月々たった数百円で利用できるなど、さまざまなサービスが付帯しています。

年会費無料でこれだけのメリットがあるなんて、発行しない手はありません。

NTTファイナンスBizレギュラーカード」は、初心者にも安心の最強法人カードだといえます。

(2)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
憧れのアメックス(プラチナ)を手頃な価格で入手

法人カード作成を検討している個人事業主の中には、誰もが憧れる圧倒的ブランドのアメックスを手頃な価格で入手できたら……と考えている方もいらっしゃるでしょう。

そんなあなたには「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、誰もが憧れるゴールドカードのさらに上のランク「プラチナカード」にもかかわらず、年会費20,000円(税別)で利用できます。

憧れのアメックスがこの値段で作れる!というのは大きな魅力ですよね。

発行会社 クレディセゾン
初年度年会費 20,000円(税別)
2年目以降年会費 20,000円(税別)
通常還元率 0.5%
追加カード年会費 3,000円(税別)
ETC発行 無料
限度額 個別設定

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

主なメリットは以下の通りです。

【セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット】
  • (1)年会費2万円でプラチナランクのアメックスが作れる!
  • (2)国内、国外の空港ラウンジが無料で利用できる!
  • (3)航空券やホテルの手配などを代行してくれるコンシェルジュサービス!
  • (4)JALマイルへの還元率が1.125%!出張が多い人には嬉しい
  • (5)申請も楽ちん!登記簿・決算書は不要

年会費は手頃ですが、世界各国の空港ラウンジが利用できたり、出張をサポートしてくれるコンシェルジュサービスを受けられたりと、贅沢なサービスがついています。

出張に関するサービスが特に充実しているため、とりわけ出張の多い個人事業主にはおすすめです。

さらに「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の強みは1.125%という驚異のJALマイル還元率です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は法人登記簿や決算書なしで申し込みができるため、申請も簡単なのが嬉しいですね。

メモ
接待が多い方は、アメックスというブランド力のある「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を持つこと自体がメリットになることもあるでしょう。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、ステータス性を重視したり、出張や接待が多い個人事業主にぜひおすすめしたい法人カードです。

(3)アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
持っていればデキる個人事業主の仲間入り?ステータス性抜群のカード
誰もが憧れるステータスカードといえば、なんといっても「アメックス」ではないでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は、ゴールドランクの個人事業主・法人代表者向けアメックスカードです。

取引先の前でカードを出す機会が多い個人事業主にとっては、取引先から少しでも「信頼できる相手だ」と思ってもらえるようなカードを持っておくことは重要です。

発行会社 アメリカン・エキスプレス
初年度年会費 31,000円(税別)
2年目以降年会費 31,000円(税別)
通常還元率 0.5%
追加カード年会費 3,000円(税別)
ETC発行 無料
限度額 個別設定

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」の魅力はステータス性だけではなく、優待の手厚さもハイクラスです

【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット】
  • (1)文句無しのハイステータス!アメックスのプロパーカード
  • (2)経営コンサルタントとの無料相談、福利厚生サービスもアリ
  • (3)空港までの手荷物無料宅配、日本語相談窓口など出張に嬉しい特典!
  • (4)レストランの手配代行もOK!接待でも大活躍

経営コンサルタントを紹介してくれるサービス、福利厚生プログラムなどがあり、ビジネスをサポートしてくれます。

また、空港までのスーツケース無料配送、レストラン予約手配、海外出張時に24時間日本語で相談できる窓口提供など、ハイステータスカード特有の魅力的な特典が多くついています

年会費は31,000円(税別)と少し値が張りますが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」はそれに見合った価値を持つハイステータスカードです

5.法人カードを作るときのよくある疑問

ここからは、法人カードに関するよくある疑問にお答えします。

疑問1.開業したてでも審査って通るの?

カードによっては、開業から一定期間経っていなければそもそも申し込めない場合もあります。

しかし、この記事でご紹介した以下のカードはいずれも開業したてでも申請ができるカードです。

NTTファイナンスBizレギュラーカード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

メモ
一般的に海外のカード会社は起業したてでも審査に通りやすいといわれています。

また、審査に落ちることを避けるコツとしては、キャッシング枠を希望しない、利用限度額を低くする、などの方法があります。

疑問2.カード発行までどれくらいかかる?

カードによって異なりますが、数日から1カ月程度が一般的です。

この記事でおすすめしている

NTTファイナンスBizレギュラーカード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

は数日程度でスピード発行されるカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」の発行にはやや時間がかかり、申し込みから手元に届くまで3週間程度かかるようです。

疑問3.カード発行のために必要な書類は?

提出を求められる書類はカードによりますが、申し込みの際には以下のような書類が必要になることがあります。

【カード申し込みの際に提出を求められる書類の例】
  • ・本人確認書類(必須)
  • ・登記簿謄本
  • ・印鑑登録証明書
  • ・収入証明書
  • ・確定申告書

ただでさえこうした書類をそろえることは面倒ですが、確定申告書などは開業してすぐの人には用意できない書類です。

書類準備に手間取りたくない個人事業主や開業したばかりの個人事業主にはウェブ上で簡単に申請できる「 NTTファイナンスBizレギュラーカード」と「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

これらのカードは申請の際に求められる書類が少なく、なんと本人確認書類のみです。

疑問4.法人カードを作ると確定申告が楽になる?

確定申告が毎年の悩みの種となっている個人事業主は多くいらっしゃいます。

法人カードを導入すれば、青色申告に必要な書類が驚くほど簡単に用意できます。

法人カードに支払いを一本化し、会計ソフトと連携させましょう。

面倒な会計業務が一気に効率化し、簿記の知識がない個人事業主でも簡単に確定申告書を作成することができるようになります。

6.まとめ

個人事業主にとって法人カードの導入は欠かせません。

一番におすすめするのは、年会費完全無料で法人カードのメリットをしっかり押さえたコスパ最強カード「 NTTファイナンスBizレギュラーカードです。

出張や接待が多い個人事業主には、ステータス性と高いコストパフォーマンスをあわせ持った「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」をおすすめします。

ステータスの象徴「アメックス」のゴールドカード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は、取引先の前で支払いをする機会の多い個人事業主におすすめしたい、安心のブランド力を持ったカードです。

税理士
あなたをサポートしてくれる心強い味方である法人カードを発行して、事業をより効率的にスムーズに進めてくださいね。