PayPay(ペイペイ)をお得に使う方法とは?キャンペーンも紹介

PayPayを利用しようと思っているんだけど、お得に使う方法を知りたいな。
PayPayには支払い方法がたくさんあるみたいだけど、どれがお得なの?

PayPayの利用を検討している方や既に使っている方のなかでこのように思っている方もいらっしゃるでしょう。

業界最大手のコード決済サービスの一つであるPayPayでは、方法次第でポイントの還元率を上げたりさまざまな割引特典を受けたりすることができます

複数の方法を組み合わせれば通常還元率の何倍ものポイントを獲得することも可能なので、お得に利用するコツを知っておかないと損だといえるでしょう。

そこでこの記事ではPayPayをよりお得に使うための具体的な方法や詳しいキャンペーンの内容などを紹介していきます。

お金のプロ
簡単に設定できる方法も多くあるので実践しましょう。

1.PayPayとは

そもそもPayPayってどういったサービスなのかな?
スマホで支払いができるのは知っているけど、どうやって使えばいいの?

PayPayを利用したことのない方であれば、基本的な機能や使い方などが気になるのではないでしょうか。

PayPayはスマートフォンで店の専用QRコードを読み取ったり、スマホに表示されるバーコードを読み取ってもらったりして支払いをするキャッシュレス決済サービスです。

PayPayアプリをインストールして、電子マネーをチャージまたは指定の支払い方法を設定すればすぐに利用を開始できます

PayPay加盟店は全国に366万件以上(2022年3月時点)もあり、コンビニや飲食店、スーパー、ネットストアなどのさまざまなお店で利用できます。

なおPayPayの利用者は、サービスが開始された2018年10月以降から現在まで以下のように継続的に増えており、人気の高さがうかがえます。

PayPay利用者の増加を示すグラフ

登録の費用も一切かからず利用するたびにPayPayポイントが貯まるので、現金で支払うよりもPayPayで決済する方が断然お得だといえるでしょう。

お金のプロ
続いてはPayPayの基本的な機能を紹介しますね。

1-1.PayPayの主な機能

PayPayには普段の買い物や支払いを便利にしてくれる機能が多数あります

主な機能を以下の表にまとめました。

【PayPayの主な機能】

機能 補足
PayPay加盟店での支払い 店舗やネットストアでの支払いができる。
請求書払い 請求書のバーコードをスキャンすると、税金や公共料金の支払いができる。
送金・割り勘 PayPay IDや電話番号などを知っている相手に指定した額の電子マネーを送ることができる。
デリバリーの注文 アプリ内にあるUber Eatsで料理を注文・宅配してもらうことができる。
テイクアウトの注文 お店に行く前に料理の注文や支払いができる。
ポイント運用 有価証券の保有を伴うことなく、貯まったポイントで疑似的に運用できる。

他にも1DAY保険といって1日単位で加入できる「PayPayほけん」やPayPayポイントをお得に獲得できるオンラインショッピングサイトの「PayPayモール」、ふるさと納税などのサービスも利用できますよ。

1-2.PayPayの支払い方法

PayPayの支払い方法は以下の三つから選ぶことができます。

お金のプロ
ポイントの付与率も含め、それぞれの支払い方法について詳しく紹介しますね。

1-2-1.PayPay残高にチャージして支払う

PayPay残高にあらかじめチャージしておくことで、加盟店での決済に利用することができます。

チャージする方法には主に以下の五つがあります。

【PayPay残高へのチャージ方法】

チャージする方法 チャージ限度額 オートチャージ
PayPayカード
(クレジットカード)
20,000円(過去24時間)
50,000円(過去30日間)
×
銀行口座 50万円(過去24時間)
200万円(過去30日間)
セブン銀行・ローソン銀行
ATMの利用
×
ヤフオク!・PayPayフリマの
売上金
×
ソフトバンク・ワイモバイル
まとめて支払い
最大10万円(毎月1日〜末日) ×
「PayPay」公式サイトを参照し執筆者作成

PayPay残高でショッピングなどの決済をした場合、PayPayポイントが0.5%還元されます。

ただしPayPayカードでチャージした場合のみ、クレジットカード利用分のポイントも加算されるのでポイントの還元率が高くなります。

お金のプロ
PayPayカードのポイントの基本還元率1.0%が加算されて、合計1.5%還元されるというわけです。

また「PayPayステップ」という制度を利用すると、さらにポイントを獲得することができます。

PayPayステップとは
決められた条件を多く達成すればするほど、ポイントの付与率が上がるPayPayのキャンペーンです。

PayPayステップの達成条件に「PayPay残高払いを含む対象の支払い方法で毎月300円以上の買い物を30回以上および50,000円以上利用する」と「対象の関連サービスのうち3サービスを利用する」という項目があり、二つの条件を満たすと1.0%のポイントが上乗せされます。

PayPayカードでチャージを行い、PayPayステップの適用条件を満たせば基本還元率を最大2.5%まで上げることができますよ。

1-2-2.PayPayあと払いで支払う

PayPayのアプリ内にある「PayPayあと払い」のサービスを利用して支払う方法もあります。

PayPayあと払いとは
一カ月分の利用額を翌月にまとめて支払えるサービスです。

PayPayあと払いを利用すればPayPay残高へチャージする手間もかからず、手軽に支払いができます

またPayPayステップの一定条件を満たすと最大で1.5%のポイントを獲得することが可能です。

さらにポイント還元率が1.0%上乗せされるキャンペーン(2021年12月1日~2022年6月30日)も行われているので、最大で2.5%のポイントが付与されます。

なおPayPayあと払いには審査が設けられているため、事前に申し込み手続きをしておくのがおすすめです。

お金のプロ
PayPayあと払いを利用する際にも年会費などのコストは一切かかりません。

1-2-3.クレジットカードで支払う

PayPayにクレジットカードを登録して支払いをする方法もあります。

本人名義のクレジットカードで、VISAまたはMastercardのブランドのカードであれば、PayPayに登録可能です。

注意
海外で発行したクレジットカードやプリペイドカードは登録できないケースがあります。

PayPayに紐づけできるクレジットカードにはさまざまなものがありますが、特にPayPayカードの利用をおすすめします

PayPayにPayPayカードを紐づけて利用すると、PayPayとPayPayカードの利用分、PayPayステップの特典のポイントを合わせて最大2.5%のポイントを受け取ることができるのです。

さらに対象の支払い方法で決済をすると1.0%が戻ってくるキャンペーン(2021年12月1日~2022年6月30日)で上乗せされるポイントを足すと、最大3.5%も獲得できます。

なおPayPayカード以外のクレジットカードの場合には、PayPayポイントやPayPayステップの特典は適用されないため、還元されるのはカード利用分のポイントのみとなります。

PayPay残高にチャージする場合や、クレジットカードと紐づけて利用する際にはPayPayカードがお得なんですね。

2.PayPayをお得に使う7つの方法

PayPayをもっとお得に利用する方法はないのかな?

せっかくPayPayを使うなら日々の支払いやショッピングでお得に利用したいですよね。

便利な決済サービスであるだけでなく、お得なキャンペーンや特典が充実している点もPayPayの魅力だといえます。

PayPayをお得に利用する方法を知っておけば、組み合わせ次第で通常の何倍ものポイントを獲得することができますよ。

この章では以下の七つの方法をお伝えしていきます。

方法1 PayPayカードと連携させる

PayPayをよりお得に利用するためにはまずPayPayカードとの紐づけを行いましょう。

PayPayを介してPayPayカード支払いをすると特典やキャンペーン分のポイントも加算されるのです。

PayPayカードを連携させた場合に最大で獲得できるポイントの内訳を以下にまとめました。

【PayPayとPayPayカードを連携した際に付与されるポイント】

付与されるポイント ポイント還元率
PayPay利用時の基本付与 0.5%
PayPayカード利用時の基本付与 1.0%
PayPayステップ条件達成での付与 ※1 0.5~1.0%
PayPayあと払いキャンペーンの付与 ※2
(2021年12月1日~2022年6月30日)
1.0%
合計 3.0~3.5%
メモ
※1 該当するPayPayステップの達成条件は「PayPay残高払いを含む対象の支払い方法で毎月300円以上の買い物を30回以上および50,000円以上利用する」と「対象の関連サービスのうち3サービスを利用する」です。「PayPay残高払い」や「PayPayあと払い」で決済した場合にも適用されます。
※2 「PayPayあと払い」と「PayPayを介したPayPayカード支払い」で決済した場合に適用されます。

PayPay残高払いの場合の付与率は0.5%ですが、クレジットカードを利用した場合には最大で3.5%となるため、通常の6~7倍 のポイントをゲットできます

なおPayPayカードを新規で発行すると、入会特典としてPayPayポイントが最大8,000円相当のPayPayポイント(2022年6月1日~2022年7月31日)も付与されますよ。

お金のプロ
PayPayカードは通常還元率が1.0%と年会費無料のクレジットカードのなかでも高く、PayPayと連携させるとポイントが上乗せされるお得なカードなのです。

方法2 ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでチャージ

ソフトバンクやワイモバイルユーザーの方は、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを活用してチャージする方法もあります。

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを選択し、クレジットカード決済でPayPay残高にチャージするとPayPay残高の利用時に付与される0.5%のポイントとクレジットカードのポイントを二重取りできます

お金のプロ
ポイントの二重取りをするには、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いをクレジットカード決済に設定しておく必要があります。

方法3 PayPayあと払いを利用する

PayPayをお得に利用する方法として、PayPayあと払いで支払いをするのもおすすめです。

お金のプロ
PayPayあと払いはPayPay残高にチャージする必要なく支払いができるサービスで、申し込みが完了すれば誰でも利用することができます。

PayPayカード同様、PayPayあと払いを利用した場合にも特典やキャンペーン分のポイントが加算されるのです。

また2021年12月1日~2022年6月30日の間はPayPayあと払いキャンペーンが実施されているので、さらにポイント1.0%が上乗せされます。

PayPayあと払いを利用した際に最大で獲得できるポイントの内訳は以下のとおりです。

【PayPayあと払いを利用した際に付与されるポイント】

付与されるポイント ポイント還元率
PayPay利用時の基本付与 0.5%
PayPayステップ条件達成での付与 ※1 0.5~1.0%
PayPayあと払いキャンペーンの付与 ※2
(2021年12月1日~2022年6月30日)
1.0%
合計 2.0~2.5%
メモ
※1 該当するPayPayステップの達成条件は「PayPay残高払いを含む対象の支払い方法で毎月300円以上の買い物を30回以上および50,000円以上利用する」と「対象の関連サービスのうち3サービスを利用する」です。「PayPay残高払い」や「PayPayを介したPayPayカード支払い」で決済した場合にも適用されます。
※2 「PayPayあと払い」と「PayPayを介したPayPayカード支払い」で決済した場合に適用されます。

なおPayPayあと払いの毎月の利用額は翌月の27日に指定の口座からまとめて引き落としされます。

方法4 PayPayステップを活用する

決済方法にかかわらずよりお得にPayPayを利用するためにはPayPayステップを最大限活用しましょう。

PayPayステップでは決められた条件を達成すればするほど、ポイントの付与率を上げることができます

PayPayステップの達成条件は以下のとおりです。

【PayPayステップの達成条件と付与率】

達成条件 加算される付与率
対象の支払い方法で毎月300円以上の買い物を30回以上
および50,000円以上利用する
来月のPayPay決済利用時
+0.5%
以下の対象サービスのうち3サービスを利用
・PayPayモールまたはYahoo!ショッピング
・PayPayフリマまたはヤフオク!
・Yahoo!トラベル
・ebookjapan
・LOHACO by ASKUL
来月のPayPay決済利用時
+0.5%
以下のいずれかを達成する
・Yahoo!プレミアムの会員登録
・ソフトバンクユーザーはスマートログイン設定
・ワイモバイルユーザーはY!mobileサービスの初期登録
PayPayモールまたはYahoo!ショッピングでの次回
支払い時に
+2.0%
PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDを連携

PayPayモールでの次回支払い時に
+2.0%

PayPayステップはエントリーする必要はなく、自動的に利用状況が反映されます。

なおPayPayステップの達成状況を確認したい場合には、簡単にPayPayアプリで確認することができますよ。

お金のプロ
手軽に達成できる条件もあるので、ポイントをより多く獲得するために実践してみましょう。

注意
PayPayステップの達成条件は定期的に変更されるので、随時公式サイトで確認することをおすすめします。

方法5 マイナポイントに登録する

PayPayとマイナポイントを紐づけることでお得にポイントをもらえるキャンペーンが実施されています。

マイナポイントとは
総務省が行っているポイント還元施策で、マイナンバーカードと対象のキャッシュレス決済サービスをアプリに登録し、条件を満たすとポイントが付与される仕組みになっています。

具体的な達成条件と付与されるポイントを以下の表にまとめました。

【マイナポイントとPayPayの紐づけによるキャンペーンの達成条件と付与されるポイント】

達成条件 付与されるポイント
PayPay残高にチャージまたはPayPayカードで支払いを行う PayPayポイント
5,000ポイント
マイナンバーカードの健康保険証としての利用を申し込む
(2022年6月30日~)
PayPayポイント
7,500ポイント
公金受取口座の登録をする
(2022年6月30日~)
PayPayポイント
7,500ポイント

詳しく知りたい方はPayPay公式サイトで詳細をご確認ください。

全ての条件を満たすと最大で20,000ポイントも付与されるので、非常にお得な特典だといえるでしょう。

マイナンバーカードを既に持っている方であれば、マイナポイントアプリですぐに登録手続きができますよ。

方法6 定期的なキャンペーンに参加する

PayPayでは随時、期間限定のキャンペーンが企画されています。

サービスをよりお得に利用するためには、PayPayが実施しているキャンペーンに積極的に参加するのがおすすめです。

PayPayで決済すると抽選で利用額の最大100%が戻ってくる「ペイペイジャンボ」や、期間内に対象のお店やオンラインストアで利用するとポイントやクーポンが付与される「超PayPay祭」など多数のキャンペーンがあります。

気軽に参加できるので、定期的にキャンペーンの情報をチェックしておきましょう

お金のプロ
キャンペーンの情報はPayPayアプリや公式サイトで確認することが可能です。

方法7 PayPayクーポンを利用する

PayPayで配布されているクーポンを活用することもお得に利用する方法の一つです。

PayPayは対象の店舗で使用できる期間限定のPayPayクーポンを多数配布しています。

タイミングによっては最大20%程度のポイントが付与されるケースもあります。

かっぱ寿司やDAISO、スターバックス、LOFT、ほっかほっか亭などの有名店のクーポンが配布されることが多いため、普段の生活でも利用しやすいといえるでしょう。

なおアプリ内にあるクーポンページで、クーポンが利用可能な近くのお店を調べることもできますよ。

3.PayPayを利用する流れ

PayPayを使ってみたいんだけど、どうやって始めればいいの?

このようにPayPayを利用したくても、始め方が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

PayPayを利用する手順は以下のとおりです。

【PayPayを利用する流れ】

PayPayを利用する流れ

この章ではPayPayの始め方を詳しく紹介します。

お金のプロ
スマホがあれば簡単に登録でき、すぐに利用することが可能です。

STEP1 アプリをインストールする

まずはお持ちのスマホにPayPayアプリをインストールします。

お金のプロ
PayPayアプリはApp StoreやGoogle Playで簡単にインストールできますよ。

STEP2 アカウントを登録する

次にアカウントを登録します。

PayPayアプリを起動して、電話番号とパスワードを設定しましょう。

登録した電話番号にSMS(メッセージ)で認証コードが届くので、アプリ内で4桁のコードを入力しましょう。

入力を終えたらアカウントの登録が完了します。

お金のプロ
登録は無料で、コストは一切かかりません。

STEP3 支払い方法を設定する

続いて以下の三つの支払い方法からお好きな方法を選んで設定します。

PayPay残高へチャージする場合、アプリ内にあるチャージ画面で「銀行口座」「PayPayカード」「セブン銀行・ローソン銀行ATMの利用」「ヤフオク!・PayPayフリマの売上金」「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」などからお好きなチャージ方法を選択しましょう。

なお銀行口座からチャージする場合には口座の情報(支店名、口座番号、口座名義など)を入力するだけでなく、本人確認を済ませておく必要があります。

PayPayあと払いや連携させたクレジットカードで支払う場合には、PayPay残高へチャージする手間がかかりません

アプリ内にあるPayPayあと払いの申し込み画面から手続きを行えば、PayPayカードの発行申し込みも同時にできますよ。

お金のプロ
一番お得にポイントが還元されるのはPayPayカードをクレジットカードとしてPayPayに連携して支払う方法です。

STEP4 支払い時に使用する

支払い方法を設定したら実際にPayPayの利用ができるようになります。

PayPayの決済方法には、アプリのホーム画面にあるバーコードをお店で読み取ってもらう方法と、お店に設置してあるPayPayのQRコードを読み取る方法があります。

【PayPayの決済方法】
PayPayの決済方法
お金のプロ
読み取り方式はお店によって異なります。

お店のQRコードを読み取る場合には、支払う金額をご自身で入力したあと必ず店員に確認してもらってから支払いをしましょう。

4.PayPayを利用する際の注意点

PayPayを利用する際に気をつけておいたほうが良いことはあるのかな?

PayPayなどのキャッシュレス決済に慣れていない場合、このような不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

PayPayの利用時には主に以下の注意点を押さえておきましょう。

お金のプロ
この三つを確認しておけば、安心してPayPayを利用できますよ。

本章ではPayPayを利用する際に気をつけるべき点をそれぞれ詳しく解説します。

注意点1 税金や公共料金の支払いはPayPay残高からのみ

PayPayアプリを使えば、コンビニに行かなくてもスマホで請求書のバーコードを読み取るだけで税金や公共料金の支払いができます。

ただし税金や公共料金の支払いができるのはPayPay残高からのみであり、PayPayあと払いやPayPayカードでの支払いは利用できないので注意しましょう。

お金のプロ
税金や公共料金などの請求書の決済をするには、PayPay残高にあらかじめチャージしておく必要があります。

またPayPayで請求書の支払いをした場合、領収書や納税証明書は発行されないことも覚えておきましょう。

なお請求書の支払いもPayPayステップなどの対象となるため、ポイント還元を受けることができますよ。

注意点2 支払い用のバーコードを共有しない

PayPayアプリにある支払い用のバーコードを第三者に共有したり、SNSなどに掲載したりしないように注意しましょう。

支払い用のバーコード画面を見せれば、誰でも支払いができてしまいます

お金のプロ
支払い用のバーコードは5分おきに新しいコードに切り替えられますが、悪用されてしまう可能性もゼロではないので気をつけましょう。

メモ
万一、スマホを失くしてしまった場合にはPayPay携帯電話紛失・盗難専用窓口に連絡をすると、アカウントを停止してもらうことができます。

注意点3 支払い方法の併用はできない

PayPayでは1回の決済で複数の方法を併用することはできないので注意しましょう。

たとえば一つの商品を購入する際にPayPay残高で半分決済し、残りをクレジットカードで決済するということはできません。

複数の商品の支払いを異なる方法で行いたい場合には、商品ごとに分けて決済する必要があります。

5.まとめ

PayPayは業界最大手のコード決済サービスであり、ポイント付与やさまざまな特典が受けられるため多くの方に利用されています。

無料で利用できるにもかかわらず、通常の支払い時でも0.5%のポイント還元があり、方法次第ではさらに何倍ものポイントや割引特典を獲得できます。

PayPayの支払い方法には「PayPay残高へチャージして支払う方法」「PayPayあと払いで支払う方法」「クレジットカードで支払う方法」の3種類があります。

特におすすめなのはPayPayカードをクレジットカードとして連携させて決済する方法です。

PayPayカードと連携させることにより、PayPayの利用分のポイントとPayPayカードの利用分のポイント、PayPayステップの特典ポイントが付与され、合わせて最大2.5%のポイントを受け取ることができますよ。

他にもPayPayで定期的に行われる「ペイペイジャンボ」や「超PayPay祭」などのキャンペーンに参加すれば、さらに多くのポイントをゲットできます。

またPayPayアプリではドラッグストアや100円均一などのお店のクーポンも発行されるので、日々のお買い物がよりお得になるでしょう。

以下のなかからご自身にできる方法を複数組み合わせれば、PayPayを最大限お得に活用することが可能です。

お金のプロ
一番お得な方法でPayPayを利用したいという方は、PayPayとPayPayカードを紐づけるのがおすすめです。