アクセルファクターは面談不要で即日入金可!メリットや注意点を解説

アクセルファクターってどんなサービスなんだろう?
ファクタリングの利用には慣れてないんだけど、安心して使えるサービスなのかな?

このように気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アクセルファクターは売掛債権を最短即日で現金化できるスピード感のあるファクタリングサービスです。

手続きをすべてオンラインで行うことも可能で、審査通過率が93%と迅速かつ柔軟な対応が特徴です。

高度な専門知識を持つ専属担当者がマンツーマンで対応してくれるので、ファクタリングになじみのない方でも安心して利用できるでしょう。

【アクセルファクターについて】
運営会社 株式会社アクセルファクター
入金スピード 最短3時間、5割以上が即日入金
手数料 2~20%
調達可能金額 30万~1億円
契約方法 対面、郵送、オンライン
個人での利用 可能
備考 審査通過率は93%
お金のプロ
この記事ではアクセルファクターを利用するメリットや注意点、手続きの流れを詳しく解説していきますよ。

1.アクセルファクターとは

アクセルファクター

アクセルファクターは株式会社アクセルファクターが運営するファクタリングサービスです。

メモ
ファクタリングは売掛債権の買取サービスです。未入金の請求書などの売掛債権をファクタリング業者に売却することで、入金期日よりも早く売掛債権の額面から手数料を差し引いた金額を受け取ることができるため、短期的な資金調達方法として活用できます。

アクセルファクターは「原則即日対応」をうたっており、利用した人の半数以上に即日入金を行っています。

問い合わせから契約まで専属の担当者がやり取りを行うので、迅速かつ柔軟な対応が期待できるでしょう。

また「二者間ファクタリング」と「三者間ファクタリング」の2種類の取引方法に対応しており、ご自身に適した手続きを選ぶことができます。

二者間ファクタリングとはファクタリングサービスの利用者とファクタリング業者の二者のみで行うファクタリングのことをいいます。

【二者間ファクタリングの仕組み】
二者間ファクタリングの仕組み

二者間ファクタリングは売掛先に売掛債権を売却する旨を通知して承諾を得る必要がないので、手続きを迅速に行える上、売却した事実を知られる恐れがありません

ただし三者間ファクタリングに比べ手数料が高くなる傾向があります。

ファクタリング業者は直接売掛先から売掛金を受け取ることができず、入金日以降に利用者経由で受け取ることになるので、後述する三者間ファクタリングよりも債権を回収できないリスクが高いと考えられるためです。

一方、三者間ファクタリングはファクタリングサービスの利用者とファクタリング業者、売掛先の三者で行うファクタリングを指します。

【三者間ファクタリングの仕組み】
三者間ファクタリングの仕組み

三者間ファクタリングでは売掛先に売掛債権を売却する旨を通知して承諾を得る必要があるので、手続きに時間がかかる傾向があります。

一方で手数料は二者間ファクタリングに比べ低く設定されている傾向があります。

ファクタリング業者が直接売掛先から債権を回収できるので、債権が未収になってしまうリスクが低いと判断されるためです。

お金のプロ
二つの方法からご自身の状況に応じて選ぶことができる点は魅力ですね。

ファクタリングの仕組みや種類などについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご確認ください。

2.アクセルファクターを利用するメリット

他のサービスと比べてアクセルファクターにはどんなメリットがあるんだろう?

このようにアクセルファクターの強みが気になる方も多いのではないでしょうか。

他のファクタリングサービスと比べアクセルファクターは臨機応変な対応が特徴で、幅広いニーズに応えることのできるサービスです。

この章ではアクセルファクターを利用する際の具体的なメリットを八つ厳選して紹介します。

【アクセルファクターを利用するメリット】
アクセルファクターを利用するメリット

メリット1 93%の審査通過率

アクセルファクター審査通過率93%と非常に高く、利用しやすいサービスです。

クライアント目線に立つことを重要視しており、誠意をもって柔軟に対応してくれます。

他社のサービスを利用した場合、必要書類がそろっていないとファクタリングの利用を断られるケースが多くありますが、アクセルファクターでは代替案を提示するなどして臨機応変に取り組んでくれます。

他社のファクタリングサービスに申し込んで審査が通らなかった方もアクセルファクターであれば、利用できる可能性が高いといえます。

お金のプロ
どんな案件でもアクセルファクターではスタッフが問題解決に向けてサポートしてくれるので、気軽に相談してみましょう。

メリット2 5割以上が即日入金

アクセルファクターでは利用者の半数以上が即日入金されている点もメリットといえます。

ファクタリングサービスによっては債権や売掛先の審査に時間がかかったり、手続きのため店舗に足を運ぶ必要があったりして「資金が必要な日までに調達ができなかった……。」といった事態になる可能性があります。

しかしアクセルファクター最短3時間で入金した取引実績もあり、スピーディーな取引が期待できるでしょう。

迅速な対応を実現している理由として、以下のような要因が挙げられます。

【アクセルファクターが迅速に対応できる理由】
  • ・債権や契約内容の確認は極力簡素化し、見積もりと審査結果を同時に提示
  • ・取引が滞りなく行えるよう、専属の担当者がマンツーマンで対応
  • ・オンライン完結の手続きに対応

 

「原則即日対応」というモットーのもと、スタッフが高い意識を持って迅速かつ柔軟に対応してくれるので、早く資金調達したい方にもおすすめのファクタリングサービスです。

メリット3 オンラインで契約手続き完了

面談が必須ではなく、手続きを全てオンラインで済ませられるのもアクセルファクターの特長といえるでしょう。

申し込みや審査などはオンラインでできても、契約となると店舗に出向いたり担当者に出張してもらったりして対面で行うファクタリング業者は多くあります。

しかしアクセルファクターでは遠方に住んでいるサービス利用希望者や忙しくてなかなかファクタリングの利用ができない方でも迅速に資金調達ができるよう、契約時にも来店不要としています。

また対面や郵送での契約にも対応しているので、オンラインでの手続きが難しいという方も安心して利用できるでしょう。

必要書類を提出する際にはメールやFAX、LINEなどで手軽に行えます。

メリット4 30万~1億円まで調達可能

アクセルファクターでは30万~1億円の売掛債権に対応可能であり、幅広い金額の調達が可能な点も魅力です。

売掛債権の金額が少額であったりあまりに高額であったりすると、他社サービスのなかには債権を買い取ってくれないケースもあります。

しかしアクセルファクターでは「事業規模に関係なく、すべての利用者の経営をサポートする存在でありたい」という思いを大事にしており、利用者の幅広いニーズに対応しています。

また他社のなかには売掛債権の金額が低いほど手数料率が高くなる場合がありますが、アクセルファクターでは少額債権であっても手数料率を低く抑えて対応してくれます。

上限は1億円まで対応できるので、大口の債権をお持ちの方も安心して利用できるでしょう。

メリット5 2%~と低水準の手数料率

アクセルファクターでは手数料率が2%~と低く設定されているのもメリットの一つです。

そもそもファクタリングの手数料ってどのくらいかかるんだろう?

このように気になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ファクタリングの手数料は売掛先の信用度や売掛金が回収できなくなるリスク、売掛金の額などさまざまな要素を鑑みて決定されます。

「売掛債権の額面の〇%」という形で取引額から手数料が引かれますが、相場は二者間ファクタリングの場合で10~20%、三者間ファクタリングの場合で3~5%といわれています。

アクセルファクターでは2%~と手数料率が低めに設定されており、少額の取引の場合にも不当に高い手数料を取られることはありません

お金のプロ
薄利多売をモットーにしているアクセルファクターならファクタリングが初めてで不安な方でも安心して利用できるでしょう。

メリット6 個人事業主やフリーランスも利用可能

アクセルファクター法人だけでなく、個人事業主やフリーランスの方も利用できます

一般的に個人の利用が可能なファクタリングサービスであっても、法人に比べ個人事業主やフリーランスの方はファクタリングの利用を断られるケースが多く、通常よりも高い手数料を提示されやすい傾向があります。

法人に比べて事業規模が小さく資金不足に陥る可能性が高かったり、売掛債権の額が低かったりすることが理由として挙げられます。

しかしアクセルファクターであれば個人事業主やフリーランスの方も資金調達が可能であり、不当に高い手数料を請求される心配もありません

メモ
個人事業主やフリーランスの方はアクセルファクターの三者間ファクタリングに申し込むと良いでしょう。詳しくはメリット8で解説していますが、二者間ファクタリングは法人のみが行える「債権譲渡登記」をするケースが多いため、個人事業主やフリーランスの方が利用できない可能性があります。

メリット7 償還請求権なし(ノンリコース)

アクセルファクターでは償還請求権のないノンリコースでの契約を行う点も大きなメリットといえます。

償還請求権(リコース)とは
売掛先の倒産や廃業などにより売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング業者が債権の売却者(サービス利用者)に対し、その代金の返還請求を行える権利のことを指します。ノンリコースはその権利を持たないことを意味します。

ノンリコースの契約であれば、仮にファクタリング業者が売掛先から売掛金を受け取ることができなかったとしても、サービス利用者に未入金の代金が請求されることはありません

ファクタリングを利用する際にはノンリコースの契約であるかも確認しておきましょう。

お金のプロ
アクセルファクターはノンリコースの契約なので信頼のおけるサービスといえます。

メリット8 場合によっては債権譲渡登記不要

アクセルファクターでは場合によって債権譲渡登記が不要な点もメリットといえるでしょう。

債権譲渡登記とは
文字どおり、債権が譲り渡されたことを法務局に申請して登記することです。売掛金などの債権を譲渡した事実を公にすることで、ファクタリング業者はサービス利用者が債権を複数のファクタリング業者に譲渡し、二重に代金を得ようとする行為を防ぐことができます。

債権譲渡登記には登記費用がかかったり手続きの時間が長引いてしまったりするといった難点があります。

また債権を譲渡したことが法務局の登記簿に記載されるので、売掛先の人が登記簿を見てしまうと、債権を売却した事実を知られてしまう可能性もあります。

しかしファクタリング業者としては債権譲渡登記を行わず取引すると、別のファクタリング業者にも同じ売掛債権を譲渡されてしまうリスクがあります。

債権の所有者が誰なのか判断が難しくなると、売掛金を回収できる可能性が低くなってしまうため、ファクタリング利用の際には債権譲渡の登記が求められるケースがあります

アクセルファクターでは債権譲渡登記は必須ではなく、三者間ファクタリングの場合や審査の結果によっては登記せずに利用できます

また登記が必要な場合でも状況によっては先に入金を行い、後日に債権譲渡登記を行うといった臨機応変な対応をしてくれます。

メモ
アクセルファクターの二者間ファクタリングでは売掛先に通知せず、売掛債権を譲渡するため、万一の際の担保として債権譲渡登記を行う場合があります。

3.アクセルファクターを利用する際の注意点

どんなメリットがあるのかは分かったけど、アクセルファクターを利用する時に注意することはあるの?

利用する前に気をつけておくべきことはないか確認しておきたいですよね。

アクセルファクターを利用する際、以下の四つの注意点を押さえておけば、安心して資金調達できますよ。

【アクセルファクターを利用する際の注意点】
アクセルファクターを利用する際の注意点

注意点1 請求先が個人事業主の債権は買取不可

法人だけでなく個人も利用できるアクセルファクターですが、請求先が個人事業主の売掛債権は取り扱えないので注意しましょう。

個人事業主は法人に比べ社会的な信用が低く、売掛債権が回収できない恐れがあると判断されるためです。

法人の場合、法務局の登記簿に会社の所在地や設立年月日、資本金などの重要な情報が登記されており、公的な証明がされているので社会的な信用が高いといわれています。

一方で個人事業主は税務署に開業届を提出すればすぐに事業を始めることが可能であり、廃業届を提出すればすぐにやめることもできるので、法人に比べ社会的な信用を証明することが難しいと考えられます。

アクセルファクターに限らず、請求先が個人事業主の売掛債権の取り扱いは敬遠される傾向があるため注意しましょう。

注意点2 手数料率の幅が広い

アクセルファクター手数料率は2~20%と幅が広い点も押さえておきましょう

手数料はさまざまな要素を鑑みて決定されますが、審査が完了するまで正確な金額を知ることはできません。

「思っていた手数料とかけ離れていて、予定していた資金が調達できなかった……。」という事態にならないよう、あらかじめ手数料率の幅を認識しておきましょう。

アクセルファクターでは不当な理由で手数料が高くなることはなく、万が一納得のいかない手数料が提示された場合にも契約するか否か判断できるので安心して利用できます。

注意点3 他社との並行利用はできない

他社でファクタリングを契約している場合、アクセルファクターの利用はできないので注意しておきましょう。

そもそも既に譲渡した売掛債権を、別のファクタリング業者に売却することはできません

まだ譲渡していない売掛債権であったとしても、複数社に並行して売掛債権を売却すると偶発的に二重譲渡になってしまう危険性が高くなります。

お金のプロ
譲渡済みの債権を他社に売ってしまうと詐欺罪に問われる可能性があるので、ファクタリングを依頼する際には1社のみに売却するようにしましょう。

注意点4 即日入金されない場合もある

アクセルファクターでは原則即日対応というモットーを掲げていますが、場合によって即日に入金されないこともあるので注意が必要です。

必要書類の準備や審査に時間がかかってしまったり、申し込みが遅い時間だったりする場合、即日に入金が間に合わないケースが考えられます。

アクセルファクターだけではなく全てのファクタリングサービスにおいて共通することですが、事前に準備をしておき、できるだけ早い時間に利用するよう心がけましょう。

4.アクセルファクターを利用する流れ

アクセルファクターを利用してみたいんだけど、手続きはどういった流れなんだろう?

このように気になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

この章ではアクセルファクターを実際に利用する際の流れを以下の三つのステップに分けて紹介していきます。

【アクセルファクターを利用する流れ】
アクセルファクターを利用する流れ
お金のプロ
事前に準備しておくものや流れを押さえておけば、スムーズに資金調達できますよ。

STEP1 申し込み・必要書類の提出

まずはアクセルファクターの公式サイトにある専用フォームや電話で申し込みます。

平日の9時から19時の営業時間内であれば電話での申し込みに対応しており、早い時間帯に電話をすれば即日に入金できる可能性が高くなります

申し込みが完了すると、審査に必要な以下の3点の書類を提出します。

【アクセルファクターの審査に必要な書類】
  • ・売掛金の請求書
  • ・通帳
  • ・身分証明書
お金のプロ
必要書類はメールやFAX、LINEで手軽に提出ができますよ。

STEP2 査定

必要書類の提出が終わると、ファクタリングの利用が可能かどうか審査されます。

アクセルファクターでは約30分~1時間で審査結果と売掛債権の譲渡代金の見積もりが提示されます。

審査の過程で面談やヒアリングなどはありませんが、審査の状況によっては追加で必要書類の提出を求められる可能性があるので認識しておきましょう。

STEP3 契約・入金

見積もり内容に問題がなければ、契約手続きを行います。

契約をする際に必要な書類は以下の通りです。

【アクセルファクターの契約に必要な書類】
  • ・代表者の印鑑証明
  • ・代表者の住民票
  • ・登記簿謄本と印鑑証明(法人の場合)

 

アクセルファクターオンラインや郵送、出張での契約に対応しているので、ご自身に適した方法で手続きができます。

契約完了後はほとんどの場合、15分~1時間以内で代金が入金されますよ。

5.まとめ

ファクタリングサービスであるアクセルファクターは、スタッフ一人一人の迅速かつ柔軟な対応によって素早い資金調達を可能にしています。

原則即日対応することをモットーにしており、専属の担当者がサービス利用者に寄り添ったサポートをしてくれる点も特徴です。

事業形態に関係なく幅広い利用者の問題を解決すべく、他社で取り扱いが難しい売掛債権であっても臨機応変に対応してくれるので、利用しやすいサービスといえるでしょう。

手続きの流れも簡単でオンラインや郵送、対面などの契約に対応しているので、ファクタリングサービスになじみのない方でも安心して利用できます。

営業時間内の平日9時から19時であれば、専門知識を持った心強いスタッフに気軽に相談することもできるので、一度電話をしてみるとよいでしょう。

お金のプロ
アクセルファクターであれば、スピーディーに安心して資金調達できますよ。

【アクセルファクターについて】
運営会社 株式会社アクセルファクター
入金スピード 最短3時間、5割以上が即日入金
手数料 2~20%
調達可能金額 30万~1億円
契約方法 対面、郵送、オンライン
個人での利用 可能
備考 審査通過率は93%