ファクタリングを東京で利用する際のおすすめ10選!即日対応可の業者も

東京で迅速に資金調達するにはどのファクタリング業者がいいんだろう?
東京のファクタリング業者で一番いい業者はどれかな?

東京でファクタリングを利用する際、どの会社に申し込めばいいか悩んでいるという方は多いでしょう。

スピーディーに資金調達できるか、オンラインで契約が完結できるかなど自分に合った条件の会社を見つけるのは難しいですよね。

また、利用しようとしている業者が安全なのかを自分では判断できず、困っているという方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、税理士が厳選したおすすめのファクタリング業者を紹介します。

おすすめファクタリングサービス3選 ▼
※横にスクロールできます
サービス名 即日対応 特長
OLTA 最短即日入金!手続きはオンライン完結で手数料も割安
>>公式サイトはこちら
ベストファクター 利用手数料が2%~と低水準!最短即日入金で安心
>>公式サイトはこちら
最短即日入金!柔軟な対応が魅力的
>>公式サイトはこちら

ファクタリングの仕組みや種類など、基礎知識はこちらの記事で詳しく解説しています。

1.ファクタリングを利用する流れ

急に資金が必要になった……。まずは何をすればいいんだろう?
ファクタリングを利用する前に、何か準備が必要なのかな?

このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。

一般的に、ファクタリングを利用する流れは以下のようになります。

ファクタリング利用の流れ
メモ
ファクタリングには利用者と業者の間で完結する「二者間ファクタリング」と、利用者が取引先に請求書を売却する承諾を得てから行う「三者間ファクタリング」があります。このうち一般的なのは二者間ファクタリングであり、この記事でも二者間ファクタリングに特化して説明します。二者間ファクタリングは取引先にファクタリングをしたことを知られにくいというメリットがあります。

利用の前に用意するべき書類や、申し込みの方法はサービスによって異なります。

ファクタリングの必要書類として一般的なものは本人確認書類、売却予定の債権の請求書、通帳などがあります。

お金のプロ
ここでは代表的なサービスであるOLTAベストファクタービートレーディングの3サービスを例にとってご紹介します。

【ファクタリング利用時に必要となる書類の例】
※横にスクロールできます
サービス名 必要書類
OLTA ・本人確認書類
・前年度の確定申告書B
・入出金明細(保有する全銀行口座の入出金明細直近7カ月分)
・売却予定の債権の請求書
ベストファクター ・身分証明書
・売却予定の債権の請求書
・入出金の通帳(WEB通帳可)
・見積書
ビートレーディング ・申込書
・通帳のコピー
・成因証書(売却予定の債権の請求書や注文書など)

表の中ではビートレーディングがもっとも用意するべき書類の数が少ないことが分かります。

「たくさんの書類を準備する時間的な余裕がない」という方は、必要書類が少ないサービスを利用するという手もありますよ。

また、申し込み方法はサイト上からの申し込みや電話での問い合わせが一般的です。

【申し込み方法の例】
サービス名 申し込み方法
OLTA ・サイト上から申し込み
ベストファクター ・サイト上からの申し込み
・電話での問い合わせ
ビートレーディング ・サイト上からの申し込み
・電話での問い合わせ

「そもそも、利用するサービスが全然決まらないんだけど……。」

とお困りの方もいらっしゃるかもしれませんね。

次の章でサービスを選ぶ際の決め手となるポイントを解説していきます。

2.東京でファクタリングを利用する際に気を付けるポイント

東京はサービスがたくさんあって、どれを選べばいいか分からないよ……。
サービスを選ぶときに注意するべきポイントはなんだろう?

このようなお悩み、疑問をお持ちの方は多くいらっしゃるでしょう。

ファクタリングの利用に慣れていない方にとっては、優良な業者を自分で見極めるのは難しいですよね。

ここからは、利用するサービスを決める際に気を付けるべき3つのポイントを解説します。

ポイント1 契約方法

利用したいサービスに申し込み、審査の後に提示された買い取り条件に同意すれば契約が成立となります。

この際、どのように契約を結ぶのかによって契約方法は何種類かに分かれます。

【主な契約方法】
  • ・オンライン
  • ・対面(訪問)
  • ・対面(出張)
  • ・郵送 など
注意
全ての業者がこれらの契約方法を提供しているわけではありません。業者によってオンライン契約のみを提供していたり、オンライン契約と対面契約の両方に対応していたりとさまざまです。

オンライン契約のメリットは、わざわざファクタリング業者のオフィスを訪れる時間的・金銭的なコストを削減できることです。

「期日が迫っていて、オフィスへ行く時間がない……」「わざわざ出かけるのが面倒……」という方に最適な方法といえるでしょう。

しかし、担当者の顔を見て安心したい、分からないことを相談したいという方のなかには顔が見えないオンライン契約に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

利用するファクタリング業者を訪れて対面で契約するメリットは、担当者の顔や人柄が分かり安心感を得られることです。

分からないことがあればその場で質問できるため、ファクタリングに不慣れな方には心強いですよね。

お金のプロ
対面契約を希望される方は、オフィスの所在地も確認しましょう。

自社から近い場所にあるファクタリング業者を選べば、迅速に契約できる可能性が高まります

対面で契約する方法としては、利用者がファクタリング業者を訪問する以外にスタッフが利用者のもとに出張してくれるサービスを行っているところもあります。

ただし、予約のタイミングによっては契約までに時間がかかってしまう場合があるので注意しましょう。

また、手数料に出張費などが含まれる場合もあります。

このほかに、郵送による契約に対応している業者もあります。

郵送による契約はパソコンに不慣れでオンライン契約が難しいという方におすすめの手段です。

しかし、書類を郵送する分他の契約方法よりも時間がかかってしまうというデメリットもあります。

手続きをオンラインで完結できるのは、助かるなあ。
担当者の顔を見て契約できるなら、安心だな。
お金のプロ
自分が希望する契約方法を提供しているファクタリング業者を選ぶようにしましょう。

ポイント2 手数料

「ファクタリングをしたら、高額な手数料を請求されるのでは……」

と不安にお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

ファクタリングを利用する際は、手数料は可能な限り安く抑えたいところですよね。

一般的に、二者間ファクタリングの手数料の相場は売却する債権の10~20%といわれています。

手数料を20%も取られたら苦しいなあ……。
相場よりも安い手数料でファクタリングを利用できる業者はないのかな?
お金のプロ
ご安心ください。この記事では、手数料を相場より安く抑えることができるファクタリング業者をご紹介しますよ。

例えば、大手ファクタリングサービスのOLTA」では二者間ファクタリングの手数料を「2~9%」に設定しています。

二者間ファクタリングの手数料が一桁台で抑えられるのはうれしいですよね。

手数料を低めに設定している優良なファクタリング業者はこちらで詳しくご紹介します。

ポイント3 入金スピード

「とにかく迅速に資金調達できる業者を探しているんだけど……。」

という方は、利用する業者の申し込みから入金までのスピードを確認しましょう。

即日対応をうたっている業者は少なくなく、なかには最短数時間で入金してもらえるケースもありますよ。

ただし初回の利用であったり、休日を挟んだりする場合には入金間までに時間がかかってしまう場合もあるので公式サイトの記載をしっかり確認するようにしましょう。

3.東京でファクタリングを利用する際のおすすめ業者10選

東京のファクタリング業者を調べたけど、結局どれがいいか自分では分からない……。
利用しようとしている業者が本当に安全かどうか判断できない……

とお悩みの方も多いでしょう。

ここからは、税理士が厳選した安心して利用できるおすすめの業者を10社ご紹介します。

おすすめ1 OLTA

メリット
24時間以内で審査完了、即日振込
取引額の下限設定なし
業界最大規模、大手企業とも多数提携
デメリット
売掛先が個人事業主の売掛債権は取り扱い対象外
こんな人におすすめ!
資金調達をオンラインで簡単に済ませたい方

OLTAは二者間ファクタリングに特化したファクタリングサービスです。

二者間ファクタリングの手数料の相場は10~20%といわれているのに対し、OLTAの手数料は2~9%と一桁台に収まっています。

OLTAの最大の特徴は申し込みから契約までの手続きが全てオンラインで完結することです。

わざわざオフィスを訪れるのを面倒に感じる方や、オフィスに出向く時間が取れないという方にぴったりですね。

ファクタリングサービスのなかでは大手であり、メガバンクや日本郵政のグループ会社など数々の名のある企業と取引があるため信頼性も申し分ありません

内容・実績ともにファクタリングに不慣れな方でも安心して利用できるサービスだといえるでしょう。

おすすめ2 ベストファクター

メリット
2%〜と低水準の手数料
最短24時間で資金調達可能
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
二者間ファクタリングを低い手数料率で利用したい方

ファクタリングをしたことを取引先に知られてしまうと、資金繰りが苦しいのかと疑われ、場合によっては自社の信用が傷ついてしまうかもしれません。

「ファクタリングしたことを取引先に絶対知られたくない……。」

ベストファクターはこうした利用者の願いを十分に理解し、取引先に債権譲渡を通知しない二者間ファクタリングのみを行っています。

ファクタリングをしたという事実が誰にでも確認可能になってしまう「債権譲渡登記」を行わずにファクタリングをすることも可能です。

また通常二者間ファクタリングは手数料率が高い傾向にありますが、ベストファクター2%〜と比較的低い手数料率で二者間ファクタリングを利用できます

実際どれくらいの手数料率になるかは、ベストファクターの公式サイトに設置された簡易診断シミュレータで確認することができますよ。

また以下の番号から電話での申し込みも受け付けています。

【ベストファクターの電話申し込み】

時間がないときは電話で直接申し込むのも良いでしょう。

オフィスが新宿にあるので足を運ぶ際にも比較的アクセスが良いのもうれしいですね。

ただし取引の下限額が30万円となっており売却したい債権の額が小さい方は利用できないので注意してくださいね。

おすすめ3 TRY

TRY
メリット
資金化まで最短即日
24時間年中無休で問い合わせ受け付け
デメリット
手数料率の下限がやや高め
こんな人におすすめ!
柔軟な対応を期待する方

ファクタリングのTRYは二者間ファクタリングに特化した業者です。

手数料は5%~と他社に比べてやや高めに感じられるかもしれませんが、その分質の高いサービスが期待できます。

TRYの特徴的なサービスにはコンサルティングサービスをはじめとするアフターフォローがあります。

ファクタリング利用後に資金繰りを安定させるためにはどうしたら良いかを経験豊富なスタッフが親身になって考えてくれますよ。

電話、メールのほかにLINEでも申し込みをできるため、気軽に相談できるのもうれしいですね。

また、契約方法は台東区のオフィスを訪問するか、スタッフに自社まで出張してもらうか選ぶことができます。

おすすめ4 ビートレーディング

メリット
最短即日対応
「他社より1万円でも高く買い取る」と公言
契約方法は郵送・出張・対面から選択可能
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
高額の資金調達をしたい方

ビートレーディングは「最短12時間」での資金調達を掲げており、迅速な対応が期待できます。

買取金額に下限や上限を設けておらず、「10万~7億円」の買取実績があります。

申し込みから契約までの手続きを一切対面せずに行うこともできますが、担当者の顔を見て安心感を得たいという方は港区にある東京本社を訪れることも可能です。

自分の売掛債権をいくらで売却できるのか知りたい方は、まず公式サイトに用意されている「スピード見積もり」を利用してみましょう。

おすすめ5 アクセルファクター

メリット
入金までの対応がスピーディー
デメリット
少額利用だと手数料が割高
こんな人におすすめ!
急いで資金調達をしたい方

「最短即日入金」をうたうサービスは数多くありますが、本当に即日入金が叶うのか不安ですよね。

アクセルファクター「原則即日入金」を掲げて営業しており、依頼の半数以上を即日で完遂しているという実績も提示しています。

また、売掛債権の下限額を設定していないのもうれしいポイントです。

手数料は100万円以下の売掛債権で10%~、101万~500万円で5%~、501万~1,000万円で2%~と明示されており、予想外に高い手数料を取られてしまうリスクも少ないといえるでしょう。

おすすめ6 日本中小企業金融サポート機構

メリット
一般社団法人による非営利での運営
非対面で契約を結べる
デメリット
資金調達までに時間がかかる場合がある
こんな人におすすめ!
時間的に余裕があり、信頼できる団体に資金調達を依頼したい方

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構の一番の特徴は、一般社団法人という非営利団体によって運営されている点です。

非営利団体は営利目的の活動はしてはならないとされているため、利用者に過度の負担を強いる可能性が低いと考えられます。

手数料は1.5%~と低めに設定されており、安心して利用することができそうですね。

また、一般社団法人日本中小企業金融サポート機構では郵送での契約も行っています。

スケジュールの調整が難しく訪問は難しいが、オンラインでの契約には抵抗があるという方におすすめです。

おすすめ7 FREENANCE

メリット
即日振込
1万円という少額の取引から利用可能
フリーランス向けの補償制度あり
デメリット
専用口座の利用が必須
こんな人におすすめ!
少額から利用したいフリーランス・個人事業主の方

FREENANCEは、東証一部上場企業のGMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営する、フリーランス・個人事業主を対象としたファクタリングサービスです。

取引額の下限が1万円と明示されており、少額の資金調達でも躊躇わずに利用できます

オンラインで取引が完結するので直接契約する手間をかけたくない方にぴったりのサービスですよ。

またFREENANCE独自のサービスも見逃せません。

売掛金の入金先をFREENANCEの専用口座に設定すると「フリーナンスあんしん補償」という補償が自動で付帯します。

これは業務が原因で生じた事故や、業務中の過失で生じた賠償の責任を補償してくれるというものです。

会社の保険という後ろ盾がないフリーランスや個人事業主の方には心強いサービスですよね。

おすすめ8 GMO BtoB 早払い

メリット
最短2営業日で入金可能
短い入金期間に対して高額取引が可能
インターネット事業大手のGMOグループによるサービス
デメリット
個人事業主は利用不可
少額取引はできない
こんな人におすすめ!
高額の資金調達を行いたい方

GMO BtoB早払いはGMOペイメントゲートウェイが運営する法人向けのファクタリングサービスです。

注意
GMO BtoB早払いは個人事業主の方は利用不可となっています。同じGMOインターネットグループが用意している個人事業主・フリーランス向けサービスのFREENANCEを利用しましょう。

担当営業によるしっかりとした対面サポートが受けられるため初めての方でも安心して利用できます。

また、オンラインでの対応も可能で、手数料が1.0%~と非常に低い水準で設定されているのが魅力です。

ただし買取額の下限は100万円と高額であり、少額の利用はできないことに気を付けましょう。

高額の売掛債権を低い手数料で現金化したい方におすすめです。

おすすめ9 トップ・マネジメント

メリット
銀行の営業時間外や夜間の現金受け取りが可能
顔写真付きでのスタッフ紹介があり安心して利用できる
デメリット
売掛債権の下限額が30万円で個人事業主にはやや高め
こんな人におすすめ!
とにかく迅速に現金を調達したい方

「銀行の取引時間が終わってしまったら、その日のうちに資金調達をするのは無理だよね……?」

と諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

トップ・マネジメント夜間や銀行の営業時間外でもスタッフが利用者のもとに現金を届けてくれる「キャッシュ・デリバリー」というサービスを行っています。

「なんとしてでも今日中に現金が必要」というときの強い味方ですね。

また、は公式サイトにスタッフの顔写真を掲載しており、ファクタリングに怖いイメージをお持ちの方でも安心して利用できます。

おすすめ10 K2ソリューションズ

K2ソリューションズ
メリット
最短即日で現金化できる
業種を問わず個人事業主も利用可能
デメリット
買取下限額が30万円と個人事業主には少し高め
こんな人におすすめ!
他のファクタリング業者を利用できなかった方

「業種を理由にファクタリングを断られてしまった……。」

という経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

K2ソリューションズでは30万~3,000万円まで、業種は不問でファクタリングを受け付けています。

訪問・出張のほか、電話で契約ができるのも特徴です。

4.まとめ

この記事では東京で自分に合ったファクタリング業者を探す際に気を付けるべきポイントと、おすすめのファクタリング業者をご紹介しました。

オンラインで契約を完了できるサービスなら外出のための時間的・金銭的コストを削減できるというメリットがあります。

一方、安心のために担当者と顔を合わせて話したいという方にはオフィスを訪問したりスタッフに出張してもらったりして対面で契約をするのがおすすめです。

急いで資金が必要という方は、ファクタリング業者の公式サイトで「入金までの期間」を確認しましょう。

お金のプロ
ファクタリングしたことを取引先に知られにくい二者間ファクタリングの手数料は高めであるといわれていますが、手数料を相場よりも低い水準で設定している業者もあるので安心してくださいね。

おすすめファクタリングサービス4選 ▼
※横にスクロールできます
サービス名 即日対応 特長
OLTA 最短即日入金!手続きはオンライン完結で手数料も割安
>>公式サイトはこちら
ベストファクター 利用手数料が2%~と低水準!最短即日入金で安心
>>公式サイトはこちら
最短即日入金!柔軟な対応が魅力的
>>公式サイトはこちら