おすすめ法人カード徹底比較!損したくない経営者・個人事業主は必見

法人を立ち上げたり、個人事業主を始めたりして、経費の決済のために「法人カード」の発行を検討しているという方も多いのではないでしょうか。

「法人カードって年会費が高いんじゃない?」

「今持っているクレジットカードで十分なんじゃない?」

といった疑問をお持ちかもしれません。

この記事では、法人カードを作るべき理由と、お得に利用できる厳選された法人カードの数々をご紹介します

税理士
早速おすすめの法人カードを見たい、という方はこちらをご覧ください。

この記事の監修税理士
監修税理士の税理士法人チェスター代表 福留正明
税理士法人チェスター代表
福留 正明
公認会計士・税理士・行政書士。富裕層の資産税コンサルティングに強みを持つ税理士法人チェスターの代表社員。 相続税申告実績は税理士業界でもトップクラスの年間1,000件以上(累計5,000件以上)を取り扱う。相続税申告サービスやオーダーメイドの生前対策、相続税還付業務等を行う。 資産税関連書籍の執筆や各種メディアから取材実績多数有り。
税理士法人チェスターは、グループ総勢190名以上の税理士事務所です

1.必見!法人カードを発行するメリット

税理士の立場から端的にお伝えすると、「会計処理のことを考えれば法人カードは作らないと損」です。

法人カードを利用することで、以下のようなメリットがありますよ。

【法人カードを発行するメリット】
  • 会計業務の手間と時間を削減することができる。
  • 貯まったポイントで経費を削減できる。
  • カードに付帯する優待・特典を受けられる
  • 1−1.会計業務の手間と時間を削減できる

    まず、法人カードを利用することで、事業に必須の会計業務を圧縮することができます。

    【法人カードを発行することで会計処理がこんなに楽に】
  • 個人の出費と事業用の経費を分けられるので何にいくら使ったのかすぐに分かる。
  • 利用代金が法人口座から引き落とされるため経費として簡単に計上できる。
  • Web明細が会計処理に特化したシステムデザインで仕訳がスムーズにできる。
  • カードによっては会計ソフトと連携し帳簿付けを自動化できる。
  • 法人カードを発行することで、煩雑な会計業務が効率化できることが分かりますね。

    業務にかかる手間や時間を減らすことで、人件費の削減にもつながるかもしれません。

    1−2.ポイント還元で経費を削減できる

    法人カードを導入すると、業務が楽になるだけではありません。

    金銭的に得することもできてしまうので要チェックです。

    クレジットカードにはポイントプログラムが設けられています。

    貯まったポイントはキャッシュバックに利用したりギフト券や各種の商品と交換したりして備品の購入や経費の支払いに利用できます。

    また、カードによってはマイルに移行して特典航空券に交換することもできます。

    つまり、法人カードを利用すれば経費の削減になるのです。

    年会費がかかるカードでも、年間の事業日決済に利用してポイント還元を受ければむしろ大きな得になります。

    この記事で紹介するクレジットカードは、特に便利なポイントプログラムで得ができるものばかりですよ。

    メモ
    ちなみに、カードの年会費は「経費」として計上できる可能性が高いといえます。

    詳しくは後述しますが、発行してメリットがあると考えられるカードであれば、年会費の高額なハイステータスカードを選ぶのも良いでしょう。

    例えば、月100万円の経費がかかっている会社が、ポイント還元率0.5%の法人カードを作るとどうなるか、みてみましょう。

    月100万円の経費がかかっている会社が、ポイント還元率0.5%の法人カードを作った場合の還元

    年会費が20,000円というハイステータスカードであっても、年間40,000円、会社の財産が増えることになりますね。

    メモ
    このモデルでは還元率が0.5%で常に一定の場合を想定して計算していますが、実際にはもっと還元率の高いカードや、利用状況によってポイントアップする場合も少なくありません。

    法人カードを使って付与されるポイントは会社の資産です。

    つまり、法人カードを作るだけで会社の資産が増えるということですね。

    経費の計算も楽になる上、持っているだけでお得になるなんて知らなかったです。
    税理士
    ポイント還元だけでなく、付帯サービスも利用すればもっとお得になりますよ。

    1−3.カードに付帯する優待・特典を受けられる

    クレジットカードには、それぞれにさまざまな優待や特典が付いています。

    例えば、
    ・空港ラウンジが無料で利用できる
    ・海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯
    ・各種サービスが優待価格で利用できる
    など

    カードを持っているだけで受けられる恩恵が多数あります。

    さらに法人カードには、一般のカードにはない優待や特典が用意されています。

    ・福利厚生を低コストかつ定額で利用できるサービス
    ・会計ソフトの利用料金割引
    ・従業員用の追加カード
    など

    法人や個人事業主に便利な優待や特典が設定されているのです。

    車での営業が多い場合、国内出張が多い場合、海外出張が多い場合、会食が多い場合……それぞれに応じたサービスもあります。

    具体的にどのようなものがあるかはこちらで後述しますが、あなたの事業内容に適した優待・特典を受けられる法人クレジットカードがきっと見つかります

    メモ
    クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険などの保険は、「自動付帯」のものと「利用付帯」のものがあります。

    自動付帯のものは、クレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。

    例えば海外旅行傷害保険が自動付帯しているクレジットカードを持っていれば、海外で病気やケガになって受診した場合、保険の引受会社に連絡するだけで保険が適用され、治療費などをカバーすることができます。

    利用付帯のものは、旅費の一部などを事前決済しておくことで保険が適用されます。

    利用付帯の保険が付いている法人カードの場合、旅費の決済が保険適用の条件となるため出張時にしか保険を利用することができません。しかし、保険が自動付帯の法人カードなら、プライベートの旅行でケガや病気になった場合にもカバーしてもらえます

    ※保険適用の詳しい条件はカードによって異なるため事前に確認しておきましょう。

    2.法人カードを賢く選ぶコツとは?

    法人カードを発行することで、大きなメリットがあることが分かりましたね。

    しかし、一口に「法人カード」といっても、各カード会社がさまざまなものを発行しています。

    数ある法人カードの中から、自分に合った1枚をどのように探せばよいのか気になりますよね。

    ずばり、法人カードを賢く選ぶコツは

    「年会費と特典のバランス」

    「ポイントの還元率と使いやすさ」

    「社員用追加カードのお得度」を見極めること

    です。

    個人用のクレジットカードを選ぶときよりも少し難しそうですね。
    税理士
    確かに法人カードは通常のクレジットカードとは違う基準で選ぶ必要があります。でも、見極めるポイントを押さえておけば簡単に比較できますよ。

    2−1.ポイントの還元率と使い道をチェック

    法人カードを使って貯まったポイントは会社の財産です。

    つまり、法人カードを利用すれば経費を計上しながら財産を殖やすことができるということです。

    通常時の還元率やポイントアップキャンペーンで貯まるポイントはカードによって大きく異なるので必ずチェックしておきたいところです。

    また、ポイントがどのように使えるかも確認しておきましょう。

    2−2.自分に便利な優待が付いているかチェック

    クレジットカードの優待は、カードによって異なります。

    さまざまなものがあるので、自分が利用したいサービスが付いたクレジットカードを選びましょう

    法人カードの優待・特典には、例えば以下のようなものがあります。

    【法人カードの優待・特典の例】

    ・会計ソフトとの連携、割引サービス
    ・優待価格で新幹線や飛行機、宿泊施設が予約できる
    ・福利厚生サービスが低コストで導入できる
    ・海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険
    ・空港ラウンジの利用権
    ・ホテル・飛行機・レストランの予約代行
    ・経営相談
    など

    法人カードにはさまざまな優待・特典があることが分かりましたね。

    魅力的に感じられるものがたくさんあるのではないでしょうか。

    メモ
    この記事でご紹介するのは年会費=コストをはるかに上回る優待を受けられるカードばかりですが、豪華な優待を受けられるカードはその分年会費も高い傾向にあります。

    カード年会費は経費として計上できる可能性が高いとはいえ、コストパフォーマンスのこともしっかり考えておきましょう

    年会費を支払ってでも使いたい、自分にとって便利な優待・特典が付いているかがカードを選ぶ際のポイントです。

    2−3.従業員向けカードやETCの年会費をチェック

    法人カードは通常法人代表者や個人事業主が持つものですが、営業や接待のため、従業員が経費の決済を頻繁に行うということもあるでしょう。

    従業員に支払ってもらって後から精算するというのは手間もかかりますし、カード決済で貯まるポイントも会社のものになりません。

    法人カードのなかには、「追加カード」などと呼ばれる従業員用のクレジットカードを発行できるものもあります。

    従業員向けカードが必要な場合は、従業員向けクレジットカードの年会費や、発行可能枚数も事前にチェックしておきましょう。

    また、車での営業・出張が多い場合は、クレジットカードと連携して発行できるETCカードも重要です。

    クレジットカードによってはETCカードを複数枚発行できたり、ETCの年会費をカード会社が負担してくれたりする場合もあるので、クレジットカードを申し込む前に確認しておくのがおすすめです。

    ポイントの還元率、優待の内容、従業員カードやETCのコストを考えればいい、ってことですね。
    税理士
    そのとおりです!

    3.決定版!税理士おすすめ法人カード10種

    実際、おすすめの法人カードにはどのようなものがあるのでしょうか?

    お金のプロである税理士が自信を持っておすすめする法人カードを10種ご紹介いたします。

    ・会計業務が楽になるカード
    ・事業費の決済でポイントがザクザク貯まるカード
    ・豪華な優待で出張や接待の際に活躍してくれるカード

    など、厳選したカードをご紹介します。

    ちなみに、法人カードを初めて発行するという方におすすめなのは、JCB法人カード(一般)です。

    【税理士おすすめ法人カード10選】

    ※横にスクロールできます
    カード名 法人代表者向き 個人事業主向き ポイント
    JCB法人カード(一般) 初めての法人カードにおすすめ!コストパフォーマンスの高いバランスの取れたカード。
    NTTファイナンスBizレギュラーカード 年会費無料の高還元率カード。
    三井住友ビジネスカードfor Owners クラシック(一般)カード 申し込みが簡単で発行も迅速な人気カード。
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード コストパフォーマンス抜群のハイステータスカード。
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 設立間もない法人や事業を始めたばかりの個人事業主でも発行できるハイステータスカード。
    楽天ビジネスカード 事業費決済でも楽天ポイントが貯まる、プライベートでもお得なカード。
    EX Gold for Biz S 使い勝手の良い個人事業主向け格安ゴールドカード。
    EX Gold for Biz M 使い勝手の良い法人代表者向け格安ゴールドカード。
    ダイナースクラブビジネスカード 接待の多い方必見のハイステータスカード。
    P-one Business Mastercard 実質年会費無料でずっと使い続けられる資金繰りの心強い味方。

    (1)JCB法人カード(一般)

    JCB法人カード(一般)
    ポイント最大20倍!初めての法人カードにイチオシ
    JCB法人カード(一般)は、初めての法人カードにおすすめの1枚です。

    法人カードに欲しい機能が十分に付帯しており、初年度は年会費無料なのでまずは使い勝手を試したい、という方にもぴったりです。

    発行会社 株式会社ジェーシービー
    初年度年会費 無料
    2年目以降年会費 1,250円(税別)
    通常還元率 0.5%
    追加カード年会費 1,250円(税別)
    ETC発行 無料
    限度額 100万円

    ポイント① 初心者に嬉しい初年度年会費無料!発行するだけでお得!

    JCB法人カード(一般)は、法人カードを発行したことがないという方にイチオシの法人カードです。

    初年度の年会費は本カード・従業員用追加カードともに無料

    しかも、発行するだけでJCBギフト券が3,000円分もらえてしまいます。

    まずは法人カードの使い心地を試したい、という方は必見です。

    ポイント② 優待価格で人気会計ソフト導入・web明細と連携もできる!

    設立して間もない法人や事業を始めたばかりの個人事業主であれば、経費はできるだけ削減したいですよね。

    会計業務の手間を大幅に削減してくれる会計ソフトは導入したいところですが、会計ソフトの導入は通常年間数万円のコストが必要となります。

    導入に二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    実は、JCB法人カード(一般)なら、人気の会計ソフトを手軽に導入することができます。

    人気の会計ソフトを手軽に導入

    弥生会計オンラインの初年度の利用料が無料、freeeなら初年度の利用料が15%オフのサービスが付帯しているのです。

    しかも、JCB法人カード(一般)web利用明細からデータを取り込んで、帳簿付けを自動で行うこともできます。

    面倒な会計業務の手間が大幅に削減されるので、業務効率の向上が期待できますね。

    ポイント③ ポイントが最大10%貯まるから2年目以降もおトク!

    「初年度なら無料とはいえ、2年目以降は年会費がかかるならやめておこうかな……」

    なんてお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

    そんな方に、JCB法人カード(一般)の魅力的なポイントプログラムをご紹介しましょう。

    JCB法人カード(一般)なら、年会費を支払った分を差し引いても大きなポイント還元を受けられます。

    JCB法人カード(一般)のポイントプログラム

    JCB法人カード(一般)の還元率は、通常時は0.5%。

    利用店舗によって、実店舗の場合は最大10倍、インターネットショッピングでは最大20倍までアップします。

    つまり、利用額の最大10%がポイントとして還元されるということです。

    例えば、以下のような店舗・ECサイトでポイントアップがありますよ。

    【JCB法人カード一般でポイントアップする店舗・ECサイトの例】
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • 小田急百貨店
  • 髙島屋
  • 京王百貨店
  • 出光昭和シェル
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • そのほかにも、さまざまなお店やECサイトでポイント還元率がアップします。

    備品購入などの際に大いに役立ちそうですよね。

    ポイント④ 出張時の飛行機やホテルを優待価格で予約!

    JCB法人カード(一般)に付帯したサービスで、JALおよびANAの法人向け出張サービスで航空券を優待価格で予約できたり、予約した便の変更をしたりすることができます。

    また、じゃらんの法人向け限定プランで、宿泊施設も優待価格で予約できます。

    出張が多い方は必見です。

    ポイント⑤ ETCカードが無料で複数枚発行可能!

    JCB法人カード(一般)なら、通常1枚あたり500〜1,000円程度年会費のかかるETCカードが無料で複数枚発行できます。

    JCBが年会費を負担してくれるのです。

    ETCカードは一般的に年間500〜1,000円のコストがかかるため、ETCを3枚発行することがあればそれだけでクレジットカード年会費の元が取れてしまいます。

    出張や営業の多い法人ならJCB法人カードで決まりですね。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • ①初心者に嬉しい初年度年会費無料!発行するだけでお得!
    • ②優待価格で人気会計ソフト導入・web明細と連携もできる!
    • ③ポイントが最大10%貯まるから2年目以降もおトク!
    • ④出張時の飛行機やホテルを優待価格で予約!
    • ⑤ETCカードが無料で複数枚発行可能!
    \ 発行するだけで得!初めての法人カードならこれ /

    (2)NTTファイナンスBizレギュラーカード

    NTTファイナンスBizカード
    年会費無料で高還元率を誇る
    NTTファイナンス Bizカードは、なんと年会費無料でポイント還元率1.0%というとてもお得な法人カード

    年会費がかかったり、ポイント還元率が低かったりするカードが多い法人カードのなかで、このお得さは見逃せません。

    発行会社 NTTファイナンス
    初年度年会費 無料
    2年目以降年会費 無料
    通常還元率 1.0%
    追加カード年会費 無料
    ETC発行 500円(税別)
    限度額 個別設定

    ポイント① コスト0で1.0%の高還元!

    NTTファイナンス Bizカードは、なんと本カード・追加カードともに年会費が無料です。

    しかも、NTTファイナンス Bizカードポイント還元率は、法人カードのなかでも高い部類の1.0%です。

    貯まったポイントは各種のギフト券やANAとの交換に利用できるだけでなく「キャッシュバック」としてカード請求金額の充当にも利用できます。

    NTTファイナンスBizレギュラーカードのキャッシュバック

    このキャッシュバックを利用すれば、実質コストゼロで全ての経費が1.0%オフになるということです。

    こんなお得なカード、見逃せませんよね。

    ポイント② 使い勝手の良いWeb明細サービス

    NTTファイナンス BizカードWeb明細サービスは、経費精算に特化したシステムデザインになっています。

    NTTファイナンスBizレギュラーカードのWeb明細サービス

    用途別に最大10分割して明細を作成できたり、費用科目を編集したり、メモを追記したりできるのです。

    後から見返した際にもいつ何に使ったのか一目瞭然なので、会計業務も楽に済ませられますね。

    ポイント③ 備品購入に便利なAmazon Businessが利用可!

    NTTファイナンス Bizカードを発行すると、Amazonの法人用サービスAmazon Businessを無料で利用できます。

    Amazonの便利さはそのままに、法人向けの割引価格や、数量割引価格で商品を購入できるのです。

    また、複数ユーザーで利用でき、誰がいつ何を購入したのか分かるので経費精算もスムーズに済ませられます。

    ポイント④ 法人・個人事業主それぞれに特化した2種類のカード

    NTTファイナンス Bizカードには、法人向けカードと、個人事業主向けの「for Owners」があります。

    個人事業主向けのfor Ownersは、インターネットからの申し込みが可能です。

    以下のカード詳細ページへのリンクをクリックし、ページ下部へスクロールすると下から申し込み用のボタンが表示されます。

    カードの詳細ページはこちら>>

    個人事業主の方は、「Bizカードレギュラー for Ownersお申し込みはこちら」という一番左のボタンをクリックしましょう。

    エントリーコードは自動的に付与されますが、もし入力されていなかった場合は「006」と入力してください。

    NTTファイナンスBizカード for Ownersの申し込み

    法人向けのBizカードは、郵送での申し込みとなります。

    一番右のボタン「法人向けBizカード 資料請求はこちら」をクリックすると、資料請求ページに行くことができます。

    NTTファイナンスBizレギュラーカード法人用の申し込み

    エントリーコードは自動的に付与されますが、もし入力されていなかった場合は「006」と入力してください。

    インターネット上で申し込みが完結しないのはやや不便に思われるかもしれませんが、年会費が無料で還元率が1.0%と他のカードと比べても高いことを考えれば、利用しない手はありません。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • ①コスト0で1.0%の高還元!
    • ②使い勝手の良いWeb明細サービス
    • ③備品購入に便利なAmazon Businessが利用可!
    • ④法人・個人事業主それぞれに特化した2種類のカード
    \ 年会費0円で1.0%の高還元 /

    (3)三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード

    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード
    申し込みが簡単!発行も迅速!
    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カードは、日本で初めてVISAカードを発行した三井住友カードの発行する法人カードです。

    年会費も安価で、安心して使い続けられるカードだといえます。

    特筆すべきは申し込みの手軽さです。

    発行会社 三井住友カード
    初年度年会費 無料
    2年目以降年会費 1,250円(税別)
    通常還元率 0.5%
    追加カード年会費 400円(税別)
    ETC発行 500円(税別)
    限度額 個別設定

    ポイント① とにかく申し込みが簡単!発行も早い!

    法人カードは、申し込みの登記簿謄本や決算書など会社の経営状況を提出しなければならないことが多く、個人カードよりも申し込みにやや手間がかかるのが難点です。

    しかし、三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カードなら、面倒な手続きは必要ありません

    登記簿謄本や決算書などの書類は不要です。

    申し込みはネット上だけで完結するので、思い立ったらすぐに申し込むことができます。

    年会費も初年度は無料、2年目以降1,250円(税別)と手頃です。

    また、発行も早く、約1週間で手元に届くのも嬉しいポイントです。

    法人カードをすぐに手に入れたいなら、三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カードで決まりです。

    ポイント② 低コストで福利厚生サービスを導入できる

    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カードを発行すると、低コストで福利厚生制度を整備することができますよ。

    社員1人あたり500〜1,000円(プランによる)の月会費を支払うだけでさまざまな福利厚生が受けられる「ベネフィットステーション」というサービスに加入できます。

    小規模の法人や個人事業主の場合、なかなか福利厚生まで手が回らないことが多いですよね。

    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カードの優待を利用して福利厚生サービスを充実させることで、人材確保や離職率の減少にもつながるかもしれません。

    ポイント③ 最大2〜5倍のポイントアップで日々ポイントが貯まる

    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カードを利用すると、通常0.5%のポイント還元があります。

    さらに、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの大手ECモールや、日頃利用するコンビニエンスストアなどでポイントが2〜5倍にアップします。

    備品購入の際にポイントアップする店舗やサイトを選べば、ポイントがザクザク貯まりますよ。

    貯まったポイントは商品券やANAのマイルなどと交換することができます。

    使い勝手の良いポイントプログラムです。

    ポイント④ 老舗の信頼感で人気のカード

    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カードの発行元の三井住友カード株式会社は、1967年に設立され日本で最初にVISAカードを発行した由緒あるカード会社です。

    長きにわたってクレジットカードを発行してきた会社の名を冠するシリーズの法人カードなので、非常に信頼性の高いカードだといえます。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • ①とにかく申し込みが簡単!発行も早い!
    • ②低コストで福利厚生サービスを導入できる
    • ③最大2〜5倍のポイントアップで日々ポイントが貯まる
    • ④老舗の信頼感で人気のカード
    \ 申し込みが簡単、約1週間で手元に届く /

    (4)セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    出張・接待が多い方必見のハイステータスカード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンカードで知られるクレディセゾンが発行する法人プラチナカードです。

    年会費はプラチナカードのなかでは安価で、各種の豪華な優待が用意されているためコストパフォーマンスは抜群です。また、JALマイルの還元率が非常に高いので、JALマイルを貯めたいという方は必見です。

    発行会社 クレディセゾン
    初年度年会費 20,000円(税別)
    2年目以降年会費 20,000円(税別)
    通常還元率 0.5%
    追加カード年会費 3,000円(税別)
    ETC発行 無料
    限度額 個別設定

    ポイント① コストパフォーマンス抜群のプラチナカード

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、コストパフォーマンス抜群のプラチナカードです。

    優待・特典の豪華さやステータス性を重視する方は必見です。

    年会費が20,000円と聞くと高額に思えるかもしれませんが、ゴールドカードよりさらにハイランクな「プラチナカード」には年会費が50,000円や100,000円を超えるものもあるため、優待・特典の内容を考えればけして高額とはいえません。

    さらに年間200万円以上利用すれば翌年の年会費が10,000円(税別)になるので、もっとお得に利用できます。

    ポイント② 世界各国の空港ラウンジが無料で利用可能など豪華優待多数

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナカードならではの優待が多数用意されています。

    具体的にどのような優待・特典があるのか、詳しく見ていきましょう。

    まず、海外によく行くという方は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに付帯する「プライオリティ・パス プレステージ」の会員権は要チェックです。

    プライオリティパス

    プライオリティ・パス プレステージの会員になれば、148以上の国や地域、600以上の都市で1,300カ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

    空港ラウンジ内では、軽食やドリンク、Wi-Fi、新聞、電源などが提供されており、搭乗前の空いた時間に喧騒を逃れ、仕事を済ませたり休んだりすることができます。

    プライオリティ・パス プレステージ会員は、通常であれば$429(約47,000円)の年会費がかかりますが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを所持していればなんと無料です。

    そのほか、保障の充実した海外旅行傷害保険が自動付帯していたり、航空券やホテル、会食などの手配をしてくれるコンシェルジュサービスが利用できたりと豪華な優待が多数付帯しています。

    持っているだけでVIP待遇になる魅力的なカードだということができますよ。

    ポイント③ 最大1.125%、JALマイルがザクザク貯まる

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、JALマイルを貯めたいという方なら必見のクレジットカードです。

    JALマイルの還元率はJALの発行するカードを超えてトップクラスの最大1.125%に設定されています。

    利用無料の「SAISON MILE CLUB」に入会することで、決済の際にJALマイルが貯まるようになります。

    出張などでJALの飛行機を利用するという方は要チェックですね。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • ①コストパフォーマンス抜群のプラチナカード
    • ②世界各国の空港ラウンジが無料で利用可能など豪華優待多数
    • ③最大1.125%、JALマイルがザクザク貯まる
    \ コストパフォーマンス抜群の法人プラチナカード /

    (5)楽天ビジネスカード

    楽天ビジネスカード
    法人カードでも楽天ポイントが貯まる!
    楽天ポイントを貯めている方なら、楽天ビジネスカードは必見です。

    楽天の発行するハイステータスカード楽天プレミアムカードの追加カードとして申し込めるカードです。

    発行会社 楽天カード株式会社
    初年度年会費 2,000+10,000円(税別)
    2年目以降年会費 2,000円+10,000円
    通常還元率 1.0%
    追加カード 発行できない
    ETC発行 1枚目は無料、2枚目以降は550円(税別)
    限度額 最高300万円

    ポイント① 楽天ポイントが貯まる!

    普段から楽天ポイントを利用しているという方は多いのではないでしょうか。

    そんな方には楽天ビジネスカードがおすすめです。

    楽天が発行している法人カードで、通常の還元率は1.0%です。

    もちろん備品を楽天市場で購入すれば還元率がアップします。

    事業費の決済の際に楽天ポイントが貯まるなんて、とても魅力的ですよね。

    ポイント② 個人・法人カードを連携・使い分けできる

    楽天ビジネスカードは通常の法人カードとは異なり、楽天プレミアムカードの追加カードとしてのみ申し込めるようになっています。

    申し込みの際には、楽天プレミアムカードと同時に申し込むことになります。

    2枚同時にカードを発行するなんて面倒、と思われるかもしれませんが、手続きは一回で済みます。

    経費はビジネスカードで、個人の買い物はプレミアムカードで、と使い分けることで経費精算が楽になりますね。

    また、楽天プレミアムカードを個人で使って貯まったポイントと、楽天ビジネスカードを経費精算に使って貯まったポイントが合算されるため、楽天ポイントがザクザク貯まります。

    楽天プレミアムカードは楽天が発行するハイステータスカードでさまざまな特典が付いているため、発行して損はありませんよ。

    もちろん、プレミアムカードを既に所持しているという方は、楽天ビジネスカードだけを追加で申し込むこともできます。

    ポイント③ コスパ最強のハイスペックカード

    楽天ビジネスカードの発行に必須の楽天プレミアムカードは、コストパフォーマンスの高さで人気のクレジットカードです。

    10,000円(税別)の年会費で、なんと年会費が$429(約47,000円)のプライオリティ・パス プレステージの会員権が無料で利用できてしまうのです。

    プライオリティ・パス プレステージの会員になれば、148以上の国と地域で1,300カ所以上の空港ラウンジを利用できます。

    また、保障内容の充実した海外旅行傷害保険も自動で付帯しています。

    カードを持っているだけで保険が付いてくるので、出張の際だけでなく、プライベートでの旅行中に何かあった場合でも安心です。

    そのほかにも、さまざまな優待が用意されていますよ。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • 楽天ポイントが貯まる!
    • 個人・法人カードを連携・使い分けできる
    • コスパ最強のハイスペックカード
    \ 事業費決済でも楽天ポイントが貯まる /

    (6)アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
    ステータス性抜群、設立間もない法人や個人事業主でも発行可!
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、いわずと知れたアメックスの法人向け個人事業主向けゴールドカードです。

    豪華な優待や高級感あふれる券面は憧れの的ですよね。

    発行会社 アメリカン・エキスプレス
    初年度年会費 31,000円(税別)
    2年目以降年会費 31,000円(税別)
    通常還元率 1.0%
    追加カード年会費 12,000円(税別)
    ETC発行 500円(税別)
    限度額 一律限度額なし

    ポイント① 設立直後の法人や個人事業主も作れるハイステータスカード

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、設立直後の法人個人事業主でも比較的審査が通りやすいといわれているハイステータスカードです。

    発行元はアメリカン・エキスプレス。

    国際ブランド(クレジットカードの決済機構)が発行するプロパーカードは信頼性が高いといわれ、特にアメックスのプロパーカードは通常のカードでさえステータス性が高いとされています。

    「アメックス・ゴールドなんて事業が安定した老舗じゃないと発行できないんじゃない?」とお思いかもしれません。

    しかし、アメックスは外資系のため国内のカード会社とは審査基準が異なり、設立間もない法人や個人事業主であっても審査が通りやすい傾向にあるといわれています。

    年会費は32,000円(税別)と高額ですが、入会1年以内に200万円の利用があれば通常利用時のポイントに加えて30,000ポイントが加算されるため実質無料で利用できます。

    ポイント② 豪華特典多数!ハイステータスカードならではのVIP待遇

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードには、ハイステータスカードならではの豪華な優待・特典が多数用意されています。

    例えば、以下のような優待がありますよ。

    【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの特典例】
    • (1)JALの国内線を法人専用運賃でオンライン予約できる
    • (2)国内外29の空港ラウンジを無料で利用できる
    • (3)空港までの無料送迎サービスを受けられる(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)
    • (4)旅行やホテルなどの予約を代行してくれるコンシェルジュサービス
    • (5)国内外の旅行時に安心の傷害保険
    • (6)接待で利用するレストランの予約代行、相談に乗ってくれる
    • (7)国際便利用の際にはスーツケース無料宅配サービスが利用可能(羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)
    • (8)提携ゴルフ場無料手配

    接待や出張が多いという方には特におすすめです。

    ポイント③ 経営者サポートのサービスも充実

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、法人カードのなかでも特に経営者サポートに特化しているといえます。

    例えば、経営コンサルタントに無料で相談できたり、カード会員同士の交流イベントが開催されたり、帝国ホテルに会員専用のサロンが用意されていたりと、経営者ならではの立場をサポートしてくれる心強い味方です。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • 設立直後の法人や個人事業主も作れるハイステータスカード
    • 豪華特典多数!ハイステータスカードならではのVIP待遇
    • 経営者サポートのサービスも充実
    \ 設立直後の法人や個人事業主も発行可能な憧れのハイステータスカード /

    (7)EX Gold for Biz S

    EX Gold for Biz
    個人事業主向け!高コスパゴールドカード
    EX Gold for Biz Sは、オリコカードで知られる株式会社オリエントコーポレーションの発行する個人事業主向けの格安ゴールドカードです。

    年会費は手頃で、便利な機能が多数付帯しているのでコストパフォーマンスの高いカードが欲しいという方は要チェックです。

    発行会社 株式会社オリエントコーポレーション
    初年度年会費 無料
    2年目以降年会費 2,000円(税別)
    通常還元率 0.5%
    追加カード年会費 無料
    ETC発行 500円(税別)
    限度額 10万〜300万円

    ポイント① 年会費格安のコスパ抜群ゴールドカード

    EX Gold for Biz Sは、ゴールドカードながら初年度は無料、2年目以降も2,000円(税別)と年会費が格安に設定されています。

    コンパクトながら便利な機能が多数付帯しており、コストパフォーマンスを重視する方にはおすすめのカードです。

    年会費はお手頃ながら、ゴールドカードとして発行されているものなので、発行元のオリエントコーポレーションが用意する優待だけでなく各国際ブランド(決済機構)が用意するゴールドカード優待特典、ビジネスカード(法人カード)優待特典も利用できます。

    ホテルやレストランの優待や、海外出張の際に便利なサービスが用意されています。

    メモ
    多くのクレジットカードはカード会社が国際ブランド(決済機構)から決済システムを借りて発行しています。

    クレジットカードの優待・特典は一般的には発行会社が提供するものですが、ゴールドカードや法人カードは、ものによって国際ブランドが用意する優待・特典を利用できます。

    ポイント② 出張の際に便利な特典多数

    EX Gold for Biz Sは、を持っているだけで、国内主要空港およびハワイ・ホノルル、韓国・仁川の空港ラウンジを無料で利用できます。

    海外旅行傷害保険も付いており、自動付帯なので出張時だけでなくプライベートの旅行時にも適用されます。

    ポイント③ 資金調達時に嬉しい金利優遇制度も!

    EX Gold for Biz Sは、の利用者は、オリココーポレーションが提供する融資制度を通常より最大2.0%低い金利で利用することができます。

    設備投資や事業拡大の際の心強い味方になってくれますよ。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • 年会費格安のコスパ抜群ゴールドカード
    • 出張の際に便利な特典多数
    • 資金調達時に嬉しい金利優遇制度も!
    \ 出張に便利な特典多数の個人事業主向け格安ゴールドカード /

    (8)EX Gold for Biz M

    EX Gold for Biz
    法人代表者向け!高コスパゴールドカード
    EX Gold for Biz Mは、はオリコカードで知られる株式会社オリエントコーポレーションが発行する法人代表者向けの格安ゴールドカードです。

    手頃な年会費で便利な機能や優待が多数付帯しています。

    発行会社 株式会社オリエントコーポレーション
    初年度年会費 無料
    2年目以降年会費 2,000円(税別)
    通常還元率 0.5%
    追加カード年会費 無料
    ETC発行 500円(税別)
    限度額 10万〜300万円

    ポイント① 追加カード発行無料の格安ゴールドカード

    EX Gold for Biz M年会費は2,000円(税別)、追加カードは発行無料です。

    しかも初年度の年会費は無料に設定されています。

    とりあえず使い勝手を確認したいという場合でも、気軽に発行できますね。

    また、会計ソフトのfreeeを3ヶ月間無料で利用することができるのも嬉しいポイントです。

    ポイント② 低コストで福利厚生も導入できる

    EX Gold for Biz Mを持っている方は、福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を優待価格で利用できます。

    子育てや介護の支援サービス、各種レジャー施設の優待、健康・医療サービスなど、約140万件の優待サービスを月会費320円〜/名の低コストで導入可能です。

    小規模の法人では、なかなか福利厚生まで手が回らないものです。

    ポイント③ 資金調達もこのカードにおまかせ!

    オリココーポレーションはカード利用者向けに、優遇金利で融資サービスも提供しています。

    EX Gold for Biz Mを所持していれば、通常よりも最大2.0%低い金利でお金を借りることができますよ。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • 追加カード発行無料の格安ゴールドカード
    • 低コストで福利厚生も導入できる
    • 資金調達もこのカードにおまかせ!
    \ 資金調達も福利厚生も大活躍の法人代表者向け格安ゴールドカード /

    (9)ダイナースクラブ ビジネスカード

    ダイナースクラブビジネスカード
    ステータス性と豪華な優待が魅力
    ダイナースクラブ ビジネスカードは、ダイナースクラブが発行するプロパーの法人カードです。

    ダイナースクラブの発行するクレジットカードは、ステータス性の高さで知られています。

    もちろん優待の豪華さも、他のクレジットカードにはなかなかないものとなっています。

    発行会社 ダイナースクラブ
    初年度年会費 27,000円(税別)
    2年目以降年会費 27,000円(税別)
    通常還元率 0.4〜1.0%
    追加カード年会費 無料
    ETC発行 無料
    限度額 一律限度額なし

    ポイント① ハイステータスカードなのに追加カード発行無料

    ダイナースクラブ ビジネスカードの年会費は27,000円(税別)。

    そう聞くと高額に思えるかもしれませんが、なんと追加カードを無料で発行することができます。

    従業員が経費を決済することの多い法人には嬉しいサービスですよね。

    また、ETCカードの発行も無料です。

    ポイント② コース料金1名分無料優待!接待時は必見!

    ダイナースクラブ ビジネスカードには、対象レストランでコース料理を注文すると、1名分(もしくは2名分)の料金が無料になる「エグゼクティブダイニング」というサービスが付帯しています。

    高級料理店のコースが無料になるというとても大きな優待は接待の際に大活躍のはずです。

    会食接待が多いという方は必見ですね。

    また、ダイナースクラブが用意する優待加盟店プログラム「ダイナースクラブ ビジネスオファー」のさまざまなサービスを利用できます。

    健康診断や法律相談、税務相談などの優待が用意されているので必見ですよ。

    ポイント③ ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジが利用できる!

    ダイナースクラブ ビジネスカードをお持ちの方は、経済誌『週刊ダイヤモンド』で知られる出版社ダイヤモンド 社が提供する経営者向けサロン「銀座サロン」を無料で利用できます。

    商談・待ち合わせの場所として利用したり、ダイヤモンド社が提供する豊富なビジネス書を閲覧できたり、経営者向けセミナーに優待価格で参加したりできますよ。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • ハイステータスカードなのに追加カード発行無料
    • コース料金1名分無料優待!接待時は必見!
    • ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジが利用できる!
    \ 接待が多い方は特に必見のハイステータスカード /

    (10)P-one Business Mastercard

    P-one Business Mastercard
    年会費実質無料、追加カードも無料で複数発行可能
    P-one Business Mastercardは、ポケットカード株式会社が発行する法人カードです。

    実質年会費無料で使い続けられ、追加カードも無料で複数枚発行することができるので低コストで追加カードを複数枚利用したいという方は必見です。

    発行会社 ポケットカード株式会社
    初年度年会費 無料
    2年目以降年会費 2,000円(税別)※前年の利用履歴があれば無料
    通常還元率 0.6%
    追加カード年会費 無料
    ETC発行 1,000円(税別)
    限度額 最高300万円

    ポイント① 年会費実質無料でずっと使える便利なカード

    P-one Business Mastercardは、年会費実質無料でずっと使える法人カードです。

    初年度の年会費は無料、2年目以降も前年のカード利用履歴があれば無料に設定されているので、使い続ければコストは一切かかりません。

    追加カードも5枚まで発行可能なので、従業員にカードを持たせたい場合でも大活躍ですよ。

    ポイント② キャッシュバックに使えるポイントがおトク

    ポイント付与率は個人向けのポケットカードの2倍に設定されています。

    貯まったポイントは引き落とし口座にキャッシュバックすることも可能です。

    無料でカードを使い続けてポイント還元も受けることができるなんてとてもお得ですよね。

    ポイントはそのほか、各種のギフト券やホテル・お食事券などの金券にも交換できます。

    ポイント③ 資金繰りの心強い味方、キャッシング機能も付帯!

    法人カードの多くはキャッシング機能が付いていませんが、P-one Business Mastercardはキャッシングも利用可能です。

    限度額の範囲であれば、いつでもキャッシングで現金を用意することができます。

    急なビジネスチャンスも逃さずに済む、資金繰りの心強い味方です。

    【まとめ】ココがおすすめ!
    • 年会費実質無料でずっと使える便利なカード
    • キャッシュバックに使えるポイントがおトク
    • 資金繰りの心強い味方、キャッシング機能も付帯!
    \ 年会費無料でずっと使えてキャッシュバックも /

    4.まとめ

    法人カードは、使うだけでお得になる経営者の味方です。

    「結局年会費を払う分損してしまうのでは……」

    という不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、カード年会費は入会キャンペーンやポイント還元などであっという間に元が取れます。

    カードを持っているだけでさまざまな優待を受けたり、ポイント還元で得したりできるので、法人カードを作らない手はありませんよ。

    むしろ法人カードを作らない方が損をしているといえるでしょう。

    ぜひ、自分に合ったサービスを提供してくれる法人カードを発行して、お得に経費を決済してくださいね。

    おすすめの法人クレジットカードはこちら>>