1. 新着順
  2. 人気順

[相続対策50の新常識] #33 知っておきたい相続の常識【相続対策6カ条】

2021.05.06

相続対策を考える場合、所有している資産の規模にかかわらず、場当たり的な対策は避けるべきで、財産を受け継いだ後の相続人の暮らしのことも踏まえたプランニングが求められてきます。では、そういったプランを導き出すにはどうすればい […]

[相続対策50の新常識] #32 不動産投資でよくある失敗理由!【サブリース編】

2021.04.19

今回は不動産投資でよくある失敗理由!【利回り編】につづき、【サブリース】の観点から失敗理由と注意点を紹介していきたいと思います。 「家賃保証」があれば空室リスクはゼロになるということはありません。サブリースには落とし穴が […]

[相続対策50の新常識] #31 不動産投資でよくある失敗理由!【利回り編】

2021.04.09

大きな期待を抱いて不動産を購入したものの、思い描いていたような成果を得られていない人たちの失敗を教訓に、相続対策として不動産投資を成功させる秘訣について探ってみたいと思います。もちろん、ここで指す相続対策とは、節税面だけ […]

#30 コロナ禍の「在宅勤務普及」で「郊外物件に人気がシフト」は真実か?

2021.03.25

少子高齢化に伴って日本の人口はすでに減少に転じているものの、東京都の人口は今後もしばらく増加傾向を示すものと推察されています。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、その見通しに狂いが生じつつあるとの指摘も耳にする […]

#29 2021年にチョイスすべき最適な「不動産小口化商品」とは?

2021.03.10

ある意味、2021年は「不動産小口化商品」が本格普及のフェーズに入る元年と位置づけられるかもしれません。詳しくは後述しますが、法律の改正が進められてこの分野に参入する事業者が増え、投資家が選択できる商品のラインナップが充 […]

#28 元本の保全性が高い「不動産小口化商品」の条件とは?

2021.02.26

本来、家賃収入を得るために1棟ものの賃貸不動産に投資するためには、かなりのまとまった資金が必要となります。これに対し、複数の投資家が出資し合う「不動産小口化商品」は100万円といった金額から購入可能です。 ただし、一口に […]

#27「不動産小口化商品」を活用した相続対策②「公平な財産分与」

2021.02.12

とかく相続対策においては、節税ばかりに目が向けられがちです。もちろん、相続税の負担をできるだけ抑えることは重要なテーマですが、その対策が資産価値の保全に結びつき、同時に“争族”を防ぐ内容であることも見逃せないポイントとな […]

#26 「不動産小口化商品」を活用した相続対策①「生前贈与」

2021.01.28

富裕層の相続対策と言えば、不動産に対する有利な税制に着目した新築1棟マンションへの投資をすぐに連想しがちです。しかしながら、その一方で目敏い人たちは、100万円などといった比較的少額から購入できる「不動産小口化商品」も相 […]

#25 相続対策の効果を徹底比較!「不動産小口化商品」VS「区分所有マンション投資」

2021.01.15

大切な資産を守りながら円滑に次の代へと継承する相続対策を進めるうえで、資産価値の保全と相続税の節税を期待できる不動産は極めて有効な手段だと言われています。そして、1棟丸ごとのオーナーになるケースと比べて、比較的少額から取 […]

#24 「不動産小口化商品」を相続対策に選ぶ5つの理由

2021.01.05

不動産小口化商品とは、不動産特定共同事業法に基づいて組成された投資商品です。自分自身で賃貸マンション1棟を購入するケースと比べ、大幅に少額の予算で投資を実践できるのが利点の一つです。ところが、現実には資金的に余裕のあるは […]