不動産買取とは?メリットや実際の流れ、仲介との違いを徹底解説!

「不動産を売却したいんだけど、業者に直接買い取ってもらう不動産買取って実際どういう流れで進んでいくのかな?」

「不動産売却には買取の他に仲介という方法もあるらしいけど、買取とは何が違うんだろう?」

所有する不動産を売却する方法として、不動産買取という選択肢を検討している方もいらっしゃるでしょう。

不動産買取は不動産を売却する際に直接業者に買い取ってもらう方法です。

不動産買取にはすぐに売却できるというメリットがある一方、売却金額は相場よりも低くなりやすいというデメリットがあります。

そこでこの記事では不動産買取の特徴や実際の流れについて説明した上で、不動産売却のもう一つの方法である仲介との違いについても詳しく解説します。

不動産売却のプロ
買取には現金化の早さ、仲介には売却金額の高さといったメリットがあります。自分の状況や所有している不動産に合った方法を選びましょう。
この記事の執筆者
私たちは不動産のプロフェッショナルです。
執筆者の株式会社チェスター(株)チェスター
株式会社チェスターは不動産売買や賃貸の仲介などを行う不動産会社です。特に不動産売却の取扱高は年間100億円を超え、豊富な実績があります。
以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
1分で無料査定!不動産一括査定サイト5選
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
HOME4U
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
業界をけん引する大手6社直営の査定サイト
すまいValue
大手6社直営!業界をけん引する会社に一括査定依頼
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
SUUMO
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
大手不動産情報サイト運営で信頼感が違う!
HOME'S
情報量が充実!不動産会社の雰囲気がよくわかる!
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社
SRE不動産
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社

1.不動産買取とは

不動産を売却する方法の一つに買取があるのは知っているけど、具体的にはどんなものなんだろう?

不動産買取とは不動産会社に直接不動産を買い取ってもらう方法です。

メモ
不動産の売却方法には買取の他に仲介があります。仲介は不動産会社に依頼して買い主を見つけてもらい物件を売却する方法です。買取と仲介の違いについて詳しくは4章で解説しています。

また、不動産買取には「即時買取」と「買取保証」の二つの種類があります。

それぞれ特徴が異なりますので、特徴をしっかり把握しましょう。

不動産売却のプロ
この章では不動産買取の基本的な知識から売却までの流れ、買取の種類について詳しく解説していきますよ。

1-1.業者に直接買い取ってもらう方法

物件を不動産会社に直接買い取ってもらう方法を不動産買取といいます

売り主と不動産会社の間で交渉が成立すれば不動産を最短数日から1週間程度で買い取ってもらえるため、仲介よりも短い期間で売却できます

メモ
不動産の売却期間は条件によっても異なります。仲介では通常3~6カ月程度かかりますが、買い取りでは最短数日~1週間程度で売却することも可能です。

ただし買取の場合、売却価格は仲介よりも安くなる傾向があります。

そのため早く売るより高く売りたいという方に買取はおすすめできません。

不動産売却のプロ
買取は価格よりも売却までのスピードを重視している方におすすめの方法といえるでしょう。

なお、買取のメリットについては2章、価格や注意点などについては3章で詳しく解説しています。

1-2.不動産買取には即時買取と買取保証がある

不動産買取には「即時買取」と「買取保証」の2種類があります。

即時買取は売り主が不動産会社に直接買取を依頼する方法です。

不動産売却のプロ
不動産売却において「買取」と表現されるものは、一般的に即時買取のことを指しています。

一方で買取保証は仲介のように不動産会社と「媒介契約」を結び、売却活動をした後で売れ残った場合に買取が保証される方法です。

媒介契約とは
不動産用語で仲介契約のことです。不動産業界では仲介のことを媒介と呼ぶため、仲介契約ではなく媒介契約と呼びます。

即時買取と買取保証の違いを以下の表にまとめました。

【即時買取と買取保証の違い】
即時買取 買取保証
売却価格 相場の6~7割 買い主が見つかった場合、相場に合った価格で売れる可能性がある
期間 最短数日 事前に設定した期間
(3カ月が一般的)
仲介手数料 なし 売却した場合のみ

即時買取はすぐに売却できる点、買取保証は高額で売れる可能性がある点がメリットといえるでしょう。

不動産売却のプロ
それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

1-2-1.即時買取

即時買取とは、不動産会社との価格交渉が終わり次第すぐに買い取ってもらう方法です。

買い主を探す期間がなくなるため、買取を依頼してから物件の引き渡しまでの手続きがスムーズです。

不動産売却のプロ
不動産会社にもよりますが、最短で数日、長くても1カ月程度で売却することが可能ですよ。

ちなみに、買取でも不動産の査定は行われますが、訪問査定1回で済む場合がほとんどです。

また仲介ではないため、買い主に対して内見対応をする必要もありません。

このように、売却までの手間が少ないという点も即時買取のメリットといえるでしょう。

仲介手数料がかからないから、お金をかけずに売却できるのもうれしいポイントだね。

ただし、売却価格は仲介の6~7割程度になることが多いため注意が必要です。

即時買取は、とにかく早く不動産を売却したいという人に向いているでしょう。

1-2-2.買取保証

買取保証とは一定期間仲介と同じように販売活動を行い、買い主が見つからなかった場合に不動産会社に物件を買い取ってもらう方法です。

買取保証は「即時買取と仲介を組み合わせた方法」ということかな?
不動産売却のプロ
その認識で良いでしょう。仲介の要素も含まれる買取保証は「買取保証付き仲介」といわれることもありますよ。

売却価格が相場よりも安くなりやすい即時買取とは異なり、買取保証を依頼して第三者への売却が成功した場合には相場に近い高値が付く可能性があります。

さらに期間内に買い主が見つからなかったとしても不動産会社による買取が保証されているため、指定した期限内に物件を必ず売却できます

高く売れる可能性があるなら、即時買取よりも買取保証の方が良さそうだね。

ただし即時買取よりも現金化に時間がかかる点や、第三者への売却が成功した場合には仲介手数料がかかるという点に注意が必要です。

買取保証を依頼する場合、売り主は不動産会社と「専属専任媒介契約」を結ぶのが一般的です。

専属専任媒介契約とは
仲介を依頼するときに不動産会社と交わす「媒介契約」の一種です。他社との同時契約ができず、契約を結んだ不動産会社が紹介する買い主以外との取引も禁じられています。

専属専任媒介契約の契約期間は通常3カ月となっているため、買取保証の売却活動期間も3カ月とするのが一般的です。

つまり買取保証の場合は売却までに3カ月程度かかる可能性があるのです。

なお期間内に買い主が見つからず、買取となった場合には仲介手数料は発生しません。

買取保証はなるべく高額で売却したいけれど、売却活動をする期間に期限を設けたいという人に向いているでしょう。

2.不動産買取の3つのメリット

不動産買取の基本的な特徴は分かったけれど、メリットにはどんなものがあるんだろう?

このように感じた方もいらっしゃるでしょう。

不動産売却のもう一つの方法である仲介に比べ、不動産買取には以下のようなメリットがあります。

【不動産買取のメリット】
不動産売却のプロ
この章では不動産買取のメリットを三つ解説しますよ。

メリット1 現金化が早い

買取の最大のメリットは現金化が早いという点です。

不動産会社と買い主の間で売買契約が成立すれば、最短数日で不動産を売却できます。

また確実に不動産を売却できるため、売却後の資金計画やスケジュールを立てやすくなります

不動産売却のプロ
転勤や進学に合わせて住み替えをする場合など、期限を設けて売却したい人にもおすすめですよ。

なお買取では不動産会社と売り主の間で手続きを進めるため、契約成立から引き渡しまでの期間も短く済みます

メリット2 仲介手数料がかからない

不動産買取では仲介手数料がかからないのもメリットの一つです。

仲介で不動産を売却する場合、依頼を受けた不動産会社は売り主に代わって買い主を探します。

買い主が見つかり売買契約が締結されると、売却の成功報酬として売り主は不動産会社に仲介手数料を支払います

メモ
仲介手数料には買い主を探すための経費なども含まれており、別途請求されることはありません。また、仲介手数料には、宅地建物取引業法により建物の売却価格に応じて上限が定められています。仲介手数料について詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

しかし買取の場合は、不動産会社が直接物件を買い取るため仲介手数料が発生しません

不動産売却のプロ
仲介手数料は不動産売却にかかる費用の大部分を占めているため、仲介手数料が節約できるのはうれしいポイントですよね。
注意
自社では物件を買い取らず、他の不動産会社を紹介してくる不動産会社も存在します。この場合には仲介手数料が発生してしまうので注意が必要です。

メリット3 契約不適合責任に問われることがない

不動産を買取で売却した場合、「契約不適合責任」が免除されます。

契約不適合責任とは
売買契約において売り主や請負人が買い主に引き渡した物に対し、その種類や品質、数や量について契約内容に適合していないと判断されたときに課される責任のことです。

仲介では不動産の状態を売却前に買い主に説明する義務があるため、売却後に「瑕疵(かし)」が見つかった場合には売り主が責任を負わなければなりません

瑕疵とは
土地や建物に何らかの不具合や欠陥があり、本来の役割を果たしていない状態のことです。床や壁の傷などの目に見えるものから、雨漏りやシロアリの被害など隠れているものも瑕疵に含まれます。

例えば、瑕疵があった部分の修復費用を負担したり、不動産の購入代金を減額請求されたりするケースがあります。

不動産売却のプロ
最悪の場合には契約が解除され、売却金額の返還を求められることも考えられます。

しかし、買取の場合は契約不適合責任が免除されます。

どうして買取だと契約不適合責任が免除されるのかな?

不動産会社は物件を買い取る前に物件の状態を念入りに調査します。

調査をしている際に瑕疵が発見された場合には、それを考慮した金額が買取価格として提示されます。

そのため、不動産を手放した後に不具合が発生したとしても、瑕疵を見落とした不動産会社側に責任があると見なされるので、売り主側は契約不適合責任に問われることがないのです。

買取なら売却後のトラブルを回避できるんだね。
メモ
仲介の場合でも、「既存住宅売買瑕疵保険」に加入することで、契約不適合責任の一部を回避できます。売却後に瑕疵が見つかった場合でも、補修費用などの保険金が事業者(事業者が倒産等の場合は買い主)に支払われるため、売却後のリスクに備えることができます。

3.不動産買取の3つの注意点

買取のメリットは分かったけれど、本当に買取を選んで後悔しないかな?
買取を選ぶときには、どのような点に注意すれば良いんだろう?

確かに不動産買取のメリットだけでは買取を選んで良いか分かりませんよね。

どのような点に注意すべきか分からないので不安になる方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの章では、不動産買取の注意点について以下の三つを紹介します。

不動産売却のプロ
注意点を事前に知っておくことで、後悔せずに不動産を売却することができますよ。

注意点1 売却価格は仲介の6~7割程度

不動産買取は物件の売却価格が相場よりも安くなる傾向があります。

不動産の状態や立地、築年数などによって不動産の売却価格は異なりますが、不動産買取の場合には仲介の6~7割程度になると考えておくと良いでしょう。

どうして買取は仲介より売却価格が安くなるのかな?
不動産売却のプロ
不動産会社にとって買取はいわば仕入れのようなものであるからです。

仲介の場合、不動産会社は仲介手数料から利益を得ます

仲介手数料は売却価格に応じて変動するため、より高く購入してくれる買い主を見つけた方が不動産会社の得られる利益も大きくなります。

その結果、仲介で売却すると高く売れる可能性が高くなるのです。

しかし買取の場合、不動産会社は買い取った物件を再度売却することで利益を得ます

不動産会社は利益をより多く得るために物件を安く買い取ります。

そのため、不動産買取の売却価格は仲介よりも安くなってしまうのです。

不動産売却のプロ
不動産をできるだけ高く売りたい場合は、買取はおすすめできません。

注意点2 需要がある物件は損をしてしまう

所有している不動産の状態や立地などの条件が良い場合は、買取で売却すると損をしてしまう可能性があります。

需要の高い物件は買い手が見つかりやすいため、仲介であれば好条件で売却できる可能性が高くなります。

しかし、本来ならば高額で売却できる物件でも、買取だと安くなるため損をしてしまいます。

また、需要がある物件であれば売り出してから早い段階で飼い主が見つかる可能性もあります。

そのため、需要が高そうな物件は、買取よりも仲介で売った方が大きな利益を得られる可能性が高いのです。

でも、自分が所有している物件の需要が高いかどうか分からないんだけど……。
不動産売却のプロ
以下に高く売れる不動産の特徴をまとめたので、参考にしてみてください。
【高く売れる不動産の特徴】
  • ・都市部へのアクセスが良い
  • ・利用者が多い路線が近くにある
  • ・駅から近い
  • ・住環境が良い
  • ・生活利便施設(公共施設・教育施設など)が充実している
  • ・大規模分譲地内にある物件である
  • ・大手ハウスメーカーが手掛けた物件である
  • ・一般的な間取りである
  • ・築年数が浅い(10年以下)
  • ・物件の管理状態が良い
  • ・共有施設が充実している(マンションの場合)

実際の不動産の相場を知るには査定を受ける必要がありますが、上記のような売れやすい特徴に当てはまる物件ならば仲介で売却するのがおすすめです。

一方で特殊な間取りの物件や買い手がつきにくい立地にある物件などの場合は、買取を検討しても良いでしょう。

注意点3 買い取ってもらえない可能性がある

不動産買取は、不動産であればなんでも買い取ってもらえるわけではありません

不動産会社は買い取った物件を再度売却して高値で売って利益を得るため、明らかな経年劣化が見られる、需要の低い地域にあるなどの買い手がつきにくい物件は買い取ってもらえないこともあります。

また仲介を専門としている不動産会社は、そもそも買取を受け付けていない場合もあります。

不動産売却のプロ
買取で売却する際には、買い取ってもらえないケースがあることも考慮しておきましょう。

4.買取と仲介の違いを比較!どちらを選ぶべき?

不動産買取の基本的なところは分かったけれど、結局買取と仲介のどちらを選べば良いんだろう?

ベストな不動産売却の方法は、ご自身の状況や所有している不動産によって異なります

この章では買取と仲介の違いや、買取と仲介の選び方を解説します。

不動産売却のプロ
買取と仲介で迷っている方は参考にしてくださいね。

4-1.買取と仲介の違い

まずは仲介と買取の特徴を比べてみましょう。

【買取と仲介の違い】
買取 仲介
買い主 不動産会社 主に個人
売却期間 最短数日~1週間程度 3~6カ月程度
売却価格 仲介の6~7割 相場に合った価格
仲介手数料 なし あり

注目すべきは「売却期間」と「売却価格」で、買取は売却期間が短く、仲介は売却価格が高い傾向があるのが分かります。

売却方法が変わると、売却期間と売却価格に違いが出てくるのはどうしてだろう?
不動産売却のプロ
それぞれの売却までの流れを見てみると分かりますよ。
仲介には買取にない過程がいくつかあるね。

買取は不動産会社と売買契約を結んだ直後に物件を引き渡します。

一方で仲介は、不動産会社と媒介契約を結んだ後、不動産会社が買い主を探すために売却活動を行い、見つかった買い主と売買契約を結んでから物件の引き渡しに移ります。

売却活動を行うことで、高値で購入してくれる買い主が見つかる可能性が高くなります。

しかし売却活動がスムースに進まなければ、買い主が見つかるまで時間がかかってしまう恐れもあります。

また買い主が見つかった際には内見や価格交渉などをするため、売り主側の手間も増えます。

そのため、時間的な余裕がないと仲介で売るのは難しいといえるでしょう。

不動産売却のプロ
このような理由から、買取と仲介には売却期間と売却価格に大きな差が出ると考えられます。

4-2.買取は早さ、仲介は価格を重視する人におすすめ

早く確実に売却したい方には買取が、できるだけ高い価格で売却したい方には仲介がおすすめです。

不動産売却のプロ
買取と仲介のメリットとデメリットを見比べてみるとその理由が分かりますよ。
【買取と仲介のメリットとデメリット】
買取 仲介
メリット ・現金化が早い
・仲介手数料がかからない
・契約不適合責任に問われることがない
・売却価格が高い
・需要がある物件はより高い価格で売却できる可能性がある
デメリット ・売却価格は仲介の6~7割程度
・需要がある物件は損をしてしまう
・買い取ってもらえない可能性がある
・売却までの期間が長い
・内見や価格交渉の手間がかかる
・契約不適合責任に問われる可能性がある

買取の場合は、買い主が不動産会社なので現金化までの期間が短く、売却後のトラブルも少ないため、不動産を早く手放したいという方に向いています

一方で仲介は、より好条件で取り引きできる買い主を探すことができるため、できるだけ高い価格で売却したい方に向いています

不動産売却のプロ
売却までの早さや売却価格の高さの他に、それぞれの売却方法に向いている人の条件を以下にまとめたので参考にしてくださいね。
買取に向いている人 仲介に向いている人
・早く売却したい人
・手間をかけずに売却したい人
・仲介で売れないような物件を売りたい人
・できるだけ高い価格で売却したい人
・時間的な余裕がある人
・需要が高い物件を売りたい人

上の表を参考に自身が重視しているポイントを再確認し、より適切な売却方法を選びましょう

5.時間に余裕がある場合は仲介の査定を依頼してみよう

結構築年数がたっているし駅も遠いから、買取で売ろうかな。
不動産売却のプロ
売却方法を決める前に、時間の余裕がある方は複数の不動産会社に仲介の査定を依頼してみましょう。

複数の不動産会社に査定を依頼し、結果を比較することで相場を把握できたり、信頼できる不動産会社を見つけたりすることができます

しかし、不動産会社一つ一つに物件情報を入力していく作業はかなり手間ですよね。

そこで、一度の入力で複数の不動産会社に査定が依頼できる「不動産一括査定サイト」の利用をおすすめします

不動産一括査定サイトとは
インターネット上で査定したい不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社に無料で査定が依頼できるサイトのことです。サイトには信頼できる不動産会社が掲載されているため、不動産会社選びにとても役立ちます。
不動産売却のプロ
不動産一括査定サイトについて、こちらの記事で詳しく紹介しているので気になった方は読んでみてください。

この章ではおすすめの不動産一括査定サイトを5社紹介します。

おすすめ1 HOME4U:安心安全・実績十分の老舗サービス

メリット
全国1,800社の不動産会社が参加
NTTデータグループ運営で安心
デメリット
業界最大手クラスの不動産会社は参加していない
こんな人におすすめ!
安心感のあるサービスを利用したい方
信頼できる不動産会社を探したい方
参加不動産
会社数
1,800社
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 マンション一室、一戸建て、土地、ビル一室、店舗・事務所・倉庫、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、その他
代表的な参加不動産会社 三井住友トラスト不動産、三菱UFJ不動産販売、みずほ不動産販売、京王不動産、CENTURY21など

HOME4U2001年にサービスが始まった日本で最も歴史のある不動産一括査定サイトです。

長年で培われたノウハウで厳選された、実績のある優良企業1,800社に査定が依頼できます。

大手企業だけでなく中小企業にも対応しており、都市部から地方まで幅広い地域をカバーしています。

また、官公庁や銀行などとも取引があるNTTデータグループの「NTTデータ・スマートソーシング」という企業が運営しているので、個人情報の入力も安心です。

最大6社まで一括査定が可能なので、きっと信頼できる不動産会社を見つけることができますよ。

おすすめ2 すまいValue:業界をけん引する大手6社が運営

メリット
業界トップクラスの大手に一括査定が依頼できる
他の一括査定サイトでは依頼できない大手企業が参加
デメリット
6社以外の不動産会社には査定を依頼できない
こんな人におすすめ!
業界トップの不動産会社に査定を依頼したい方
名前を知っている安心感のある会社に査定を依頼したい方
参加不動産
会社数
6社(全国900店舗)
同時査定依頼可能数 最大6社
査定可能不動産 マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、ビル一棟、アパート一棟、その他
運営不動産会社 東急リバブル、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、小田急不動産、野村不動産ソリューションズ

すまいValueは、不動産仲介を行う不動産会社のなかでも特に大手といえる企業が共同で運営を行う不動産一括査定サイトです。

運営に参加している企業は、野村の仲介+(野村不動産ソリューションズ)、三井不動産リアルティ、住友不動産販売、小田急不動産、東急リバブル、三菱地所ハウスネットの6社です。

知名度も高い企業なので、聞きなじみがある方も多いのではないでしょうか。

マンション、一戸建て住宅、土地、ビル、アパートなどさまざまな物件に対応しています。

参加不動産会社数は少ないものの、すまいValueにしか参加していない企業もあるため、利用価値が高いサイトだといえるでしょう。

大手企業ならではの安心感が欲しい方にはすまいValueがおすすめです。

おすすめ3 SUUMO:知名度ナンバーワンで安心感も抜群

メリット
大手から中小まで幅広い不動産会社が参加
参加している不動産会社の詳細な情報が確認できる
デメリット
一部地域は取扱対象外
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
都市部の不動産を売却したい方
まずは大手サービスを利用したい方
参加不動産
会社数
不明
同時査定依頼可能数 不明
査定可能不動産 マンション一室、一戸建て、土地
代表的な参加不動産会社 野村不動産ソリューションズ、大京穴吹不動産、CENTURY21、京王不動産、東宝ハウスグループなど

賃貸探しのポータルサイトというイメージが強いSUUMOですが、実は不動産一括査定サイトも運営しているのです。

大手から地域に密着した中小まで、幅広い不動産会社が参加しているので、自身に合った不動産会社が見つかりますよ。

また、路線や駅などのエリアを設定して不動産会社を絞れるなど、サイトとしての使い勝手が良く、自分の求める条件で不動産会社が探せるのもうれしいポイントです。

さらに、SUUMOに参加している不動産会社と売却契約を結ぶと、SUUMOが運営している不動産ポータルサイトに住宅情報を掲載することができます。

知名度の高いSUUMOに住宅情報を掲載することで、買い主も見つかりやすくなるでしょう。

早期売却を目指している方にはSUUMOがおすすめです。

おすすめ4 LIFULL HOME’S:参加不動産会社数最多クラス

メリット
3,522社の不動産会社が参加
総掲載物件数ナンバーワンの物件サイトが運営
デメリット
大手3社には査定依頼できない
こんな人におすすめ!
地方の物件をお持ちの方
安心感のあるサービスを利用したい方
参加不動産
会社数
3,522社
同時査定依頼可能数 最大10社
査定可能不動産 一戸建て、土地、マンション、投資用区分マンション、投資用一棟アパート・マンション、倉庫・工場
代表的な参加不動産会社 三井住友トラスト不動産、三菱UFJ不動産販売、みずほ不動産販売、京王不動産、大成有楽不動産販売など

LIFULL HOME’Sの掲載社数は3,522社と国内最大級です。

他の不動産一括査定サイトでは取り扱っていないような企業にも査定を依頼できます。

またLIFULL HOME’S独自の基準に合致した不動産会社のみ掲載しているため、安心して利用できます。

不動産会社の詳細ページでは、その会社の強みや特色が分かりやすく掲載されているため、好みの不動産会社が見つかるでしょう。

最大10社もの不動産会社に一括査定が可能なので、少しでも気になった不動産会社があればどんどん査定を依頼しましょう。

おすすめ5 おうちダイレクト:都会のマンション査定におすすめ

メリット
Yahoo!不動産に物件が掲載できる
SRE不動産への一括査定依頼も可能
デメリット
地方の物件や一軒家などは対応外の場合もある
参加不動産会社数が少ない
こんな人におすすめ!
都市部のマンションを売却したい方
参加不動産
会社数
8社
同時査定依頼可能数 最大8社
査定可能不動産 マンション、土地、一戸建て、一棟マンション・アパート、その他建物
参加不動産会社 大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、CENTURY21、ロイヤルハウジング、POLUS、オークラヤ住宅、京急不動産、SRE不動産(旧ソニー不動産)

おうちダイレクトヤフーとソニーグループが共同で運営する不動産一括査定サイトです。

おうちダイレクトは参加会社の査定と一緒にAIによる査定もできます。

AI査定とは、時期や景気、地価などさまざまな要素を考慮し、AIがリアルタイムに算出するもので、マンション名や条件を入力するだけでその場で査定額を確認できます

自身が所有するマンションがどのくらいで売れるのかすぐに知りたいときに便利です。

おうちダイレクトに掲載されている不動産会社は10社と少ないですが、都市部にあるマンションの売買に強い不動産会社が多いため、都市部のマンションを売却したい場合には頼りになるでしょう。

6.まとめ

不動産買取は仲介と比べて売却にかかる手順や日数が少なく、現金化が早いことが魅力です。

ただし、売却価格は仲介で売った場合の6~7割程度になってしまうことが一般的だといわれています。

そのため不動産を早く手放したい場合は買取を、できるだけ高く売りたい場合は仲介を選ぶと良いでしょう。

また買取と仲介のどちらの売却方法を選んでも、重要なのは不動産会社選びです。

不動産会社選びで便利なのが、一度の入力で複数の不動産会社に査定が依頼できる「不動産一括査定サイト」です。

さまざまな不動産会社の査定結果を比較することで、所有する不動産の相場が把握できるだけでなく、信頼できる不動産会社も見つかりやすくなるでしょう

不動産売却のプロ
不動産を売却しようと思ったら、まずは不動産会社に査定を依頼して信頼できる不動産会社を探しましょう。
以下のサイトならスマホからでも
1分で無料査定を依頼できます
1分で無料査定!不動産一括査定サイト5選
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
HOME4U
実績No.1!幅広い不動産会社が参加する老舗
業界をけん引する大手6社直営の査定サイト
すまいValue
大手6社直営!業界をけん引する会社に一括査定依頼
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
SUUMO
知名度No.1!大手から中小まで幅広く参加
大手不動産情報サイト運営で信頼感が違う!
HOME'S
情報量が充実!不動産会社の雰囲気がよくわかる!
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社
SRE不動産
売り主の味方・片手仲介専門の不動産会社
株式会社チェスター
株式会社チェスター税理士法人チェスターグループの不動産会社です。年間100億円以上の売却案件を取り扱っています。グループには税理士法人の他、司法書士事務所もあり、各分野の専門家と連携してスムーズに不動産売却・購入を進められます。特に相続不動産の売却や、相続対策の不動産購入に多くの実績があります。
取締役阿部 雅行
取締役阿部 雅行
宅地建物取引士二級建築士。戸建て分譲住宅の企画、不動産仲介業務、相続不動産の売買に関する業務などを経験した後、2015年に株式会社チェスターの取締役に就任。
株式会社チェスター取締役の阿部雅行