税務署提出の前に要確認!相続税申告のためのチェックシート

tax-office-submitted-check-sheet
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

相続税申告書を税務署に提出する前に、間違いがないか、もしくは検討漏れがないかを確認するために何かよいチェックリストはないかとお探しではないでしょうか。相続税に関わるチェックリストは、税務署・国税庁が一般に公表しているものがあります。他にもチェックリストはありますが、まずはこの税務署・国税庁が公開しているチェックリストを潰せば、相続税申告に関わる多くのミスを防ぐことが期待できます。
“うっかり”や“知らなかった”を防ぐためにも、チェックリストの活用は必須です。

1.国税庁・税務署が公表している相続税申告のためのチェックシート

相続税の申告のためのチェックシート(平成27年分以降用)

こちらの記事執筆時点で最新のチェックシートは以上のリンク先のものとなります。ただ、このチェックリストは毎年更新され、以下のページで過去分と合わせて公開されています。【申告のしかた・手引きなど】→ 相続税の申告という項目を参照して下さい。

相続税・贈与税関係のチェックシート一覧|国税庁

1-1.チェックシートの使い方と税務署への提出の必要性

チェックシートの使い方ですが、基本的には自己チェック用として使用します。チェックシート内の「検討項目」「検討内容」「検討資料」を項目ごとに読んで、順番に確認を行っていきます。意味が分からないものがあれば、分からない状態で不用意にチェックマークは付けずに必ず意味を理解してからチェックマークを付けるようにして下さい。そうしないと、無意識のうちに虚偽の申告をしていることになる恐れもあります。

また、税務署が公表している「相続税申告のためのチェックシート」ですが、こちらの書面の冒頭に次のような記載があります。

“申告書作成に際して、検討の上、申告書に添付してご提出くださるようお願いいたします。“

このチェックシートを相続税申告の際に、申告書と一緒に税務署に提出する必要があるということです。
法律で決められた義務ではないので、提出することは必須ではありませんが、提出をしなければ税務署の心証は悪くなるでしょう。場合によっては、“チェックシートを提出しないこと”が税務調査への引き金になることも考えられますので、申告をする際は必ず提出されることをお勧め致します。

ちなみに、税理士法人チェスターでも、年間500件の相続税申告すべてにおいてこのチェックシートを添付して申告しています。

【コラム】平成27年度から各国税庁の様式が統一化

平成26年以前は、国税庁ごとに違った様式のチェックリストが公表されていました。そのため、国税庁によって使いやすいものや使いにくいものがあったり、どのチェックリストを使用したらよいのかが分からないといった混乱が見られました。ただ、平成27年以降はこの様式が全国で統一され非常に使いやすくなりました。

1-2.チェックシートの具体的な記載方法

相続税申告のためのチェックシートの具体的な記載方法については、記載箇所ごとに具体的に解説をしていきます。

・「検討済(レ)」の項目

こちらの項目については、検討を行った場合には、□にチェックマーク(レ)を付けてください。
基本的には、全ての項目を検討すると思いますので、全ての項目にチェックマークが付くはずです。

・「検討資料(又は写し)の添付」の項目

相続税申告書に添付して、検討資料を提出する場合にはこちらの「有」に○印をつけて資料の部数(枚数)を記載して下さい。検討資料を特に添付しない場合には、「無」に○印を付けてください。基本的には、検討資料がある場合にはすべて提出をするようにしましょう。

・「被相続人氏名・相続人代表の住所、氏名」の項目

被相続人氏名の欄には、今回亡くなった方のお名前を漢字で記載して下さい。
相続人代表の方の住所・氏名には、主に税務署との連絡窓口となる方の住所と氏名を記載して下さい。特に相続人代表者に名前を記載したからといって法的な責任が重くなるといったことはありません。なお、特にフリガナは付ける必要はありません。

・「関与税理士」の項目

関与税理士がいる場合にはその税理士が、こちらの欄に自らの情報を記載します。なお、そもそも関与税理士がいる場合にはこのチェックリストの検討自体をすべてその税理士が行い、この書類も税理士が記載することとなります。よって税理士に依頼せずにご自身で申告作業をされる場合には、この関与税理士の欄は空欄のままにして下さい。

2.税理士業界団体(税理士会等)が公表している相続税申告業務のためのチェックリスト

前述の税務署が公表しているチェックリスト以外に、税理士の業界団体である税理士会等が公表している相続税申告のチェックリストがあります。全国に税理士会は15団体あり、それぞれの税理士会が独自にチェックリストを作成しています。一般に公表している団体もあれば地域の会員限定で公開しているところもあるようです。
なお、以下に参考として近畿税理士会が公表しているチェックリストのURLを記載しておきます。

ちなみに、これらのチェックリストは税務署が公表しているよりも詳細なものとなり、税理士向け(プロ向け)となっておりますので、一般の方が使用することは想定されていませんので参考程度にして下さい。一般の方がご自身で申告書類を作成して税務署に提出する場合には前述の税務署が公表しているチェックリストのみで十分な場合がほとんどです。

▼参考:業務チェックリスト(相続税用)|近畿税理士会

3.まとめ

ここまで相続税申告に関わるチェックシートをご紹介してきました。
ただ、チェックシートはあくまで税務署側が考えた「一般に誤りやすい代表的な事項」をまとめたものにすぎません。ですので、このチェックシートを完璧に理解してこなしたからといって間違いが100%無くなるといったことは不可能です。また、チェックシートは税務側の視点で作られていますので、「節税視点」のチェック項目は存在しません。

相続税申告は、思わぬところに落とし穴が潜んでいることが良くあります。最大限の節税を行い、かつミスのない相続税の申告書を作成するのは、税務のプロである税理士であっても相続を専門としない税理士の場合は困難と言われています。そのため、一般の方がご自身で申告業務を行うことはあまりお勧めできません。相続税申告専門の税理士に相談をするようにしましょう。

過去2,000名以上のお客様の満足度は96.6%
知識ゼロでも安心・安全
税理士法人チェスターの相続税申告

一般的な税理士は相続税の申告を年に1~2件、行う程度です。一方でわたしたち税理士法人チェスターは、年間700件以上の相続税申告を毎年行っています。

相続税専門だからこそ、完璧な節税と細かい部分に手の届いたサービス、低コストを実現できます。例えば、私たちはこのような結果を実現しています。

【チェスターの相続税申告の特徴】
  • 税務調査が入る確率が平均30%と言われる中、チェスターの申告書は税務調査率1%という圧倒的な数字で業界の常識を覆すほどの結果を出してきました。

  • 年間700件以上、累計2,000件以上行った相続税申告の知識と経験・専門性を生かし、あなたの税金を極限まで節税・さらに罰金にならないよう安全な申告を10か月以内に行います。

  • あなたはチェスターの指示に従って、相続した遺産を誰にどう分けるか話し合うだけ

  • 報酬の透明化を徹底し事前開示をしています。業界特有の契約後の”不当な追加報酬”は絶対にしないとお約束します。

  • 多くの税理士がその場で答えられないような質問でも相続専門でやっているので即答することが可能です。

  • 品質10年保証。申告後もあなたの申告書の管理・品質を保証します。



もし、あなたが「税理士は誰も同じに見えて迷っている」という場合は、一度、相続専門のチェスターの特徴の詳細をご覧ください。


相続”のみ”を行うからこそできる「8つ」の強みがあります。


相続専門の税理士法人 チェスターの詳細な特徴を見る

SNSで最新情報をチェック