「特定同族会社事業用宅地等の特例」パーフェクトガイド

company-land-perfect-guide
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

この記事を読まれている人は「特定同族会社事業用宅地等の特例」について、どういった特例なのか知りたいと思われているでしょう。

私は相続税を専門にサポートする税理士法人を運営している税理士です。累計2,000件以上の相続税の相談に対応してきました。

特定同族会社事業用宅地等の特例は名称だけを聞くと難しそうですが、内容をしっかり理解できれば、初心者の人でも適用の可否を判断できます。

この記事では特定同族会社事業用宅地等の特例について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.「特定同族会社事業用宅地等の特例」とは?

1-1.自ら経営する会社に土地を貸していた場合に適用できる

「特定同族会社事業用宅地等の特例」とは、「小規模宅地等の特例」という相続税を減税する特例の一つです。亡くなった人が個人で所有していた土地を自ら経営する会社(同族会社)に貸し出していた場合に適用できます。

会社の事業に使っていた土地のうち400㎡までの部分の評価額が80%減額できるため、相続税が節税できます。評価額が減額できるのは土地だけで、建物や構築物の評価額は減額できません。

company-land-perfect-guide1

同族会社に貸し出している土地は、多くの場合その賃貸料が相続人の生活を支えています。これらの土地に高額の相続税が課税されると、納税のために資産を売却することも考えられ、相続人の今後の生活が立ち行かなくなる恐れがあります。このような懸念から、税負担を低く抑えるための特例が設けられています。

1-2. 特定同族会社事業用宅地等の特例を使うための要件

特定同族会社事業用宅地等の特例は土地の評価額を大幅に減額できますが、この特例を使うためにはさまざまな要件を満たす必要があります。

土地に関する要件

特定同族会社事業用宅地等の特例を使うためには、土地に建物や構築物があることが必要です。アスファルト舗装や砂利敷などをしていない青空駐車場や資材置場では特例は使えません。

company-land-perfect-guide2

相続人に関する要件

土地を相続した人は、次の要件をすべて満たす必要があります。

 相続税の申告期限において、土地を貸している会社の役員であること
 相続税の申告期限において、相続した土地を保有していること

会社の役員でない場合は「貸付事業用宅地等」の特例の対象になり、特例が適用できる面積と評価額の減額割合が小さくなります(200㎡までの部分が50%減額)。

手続き上の要件

亡くなった日の翌日から10か月以内に税務署に申告書を提出することも要件の一つです。この特例を使ったことで税額が0になったとしても、申告書は提出しなければなりません。

1-3. 特定同族会社事業用宅地等の特例を使うために提出が必要な書類

特定同族会社事業用宅地等の特例を適用するには、申告書を提出する必要がありますが、あわせて次の書類が必要になります。

 特定同族会社事業用宅地等の特例を適用するために必要な書類
 会社の定款の写し
 会社の株主名簿

 相続税の申告に必要な一般的な書類
 亡くなった人の全ての相続人がわかる戸籍謄本(相続開始から10日経った日以後に発行されたもの)
 遺言書の写しまたは遺産分割協議書の写し
 相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書がある場合)

 マイナンバーに関する書類
 マイナンバーを確認できる書類(マイナンバーカードの裏面の写し、マイナンバー通知カードの写し、マイナンバーが記載されている住民票の写しなど)
 身元確認書類(マイナンバーカードの表面の写し、運転免許証の写し、パスポートの写し、健康保険の保険証の写しなど)

2.特定同族会社事業用宅地等の特例についてのQ&A

特定同族会社事業用宅地等の特例を適用するときの注意点について、Q&A形式でご紹介します。

2-1.Q 会社の事業が不動産賃貸業であっても適用できますか?

会社の事業が不動産賃貸業であれば、特定同族会社事業用宅地等の特例は適用できません。「貸付事業用宅地等の特例」の対象となり、200㎡までの部分の土地の評価額が50%減額できます。

不動産賃貸業には、賃貸住宅、賃貸事務所だけでなく、貸駐車場・駐輪場も含まれます。
company-land-perfect-guide3

2-2.Q建物を無償で会社に貸していた場合にも適用できますか?

建物を無償で会社に貸していた場合は、特定同族会社事業用宅地等の特例は適用できません。

この特例の趣旨は、生活を支えている土地に対する相続税を軽減して相続人の生活を保障することにあります。会社に無償で貸していたのであれば、その土地は相続人の生活を支えているとはいえないため、特例の対象にはなりません。

2-3.Q相場よりも低い地代で会社に貸していた場合にも適用できますか?

相場よりも低い地代で会社に貸していた場合も、特定同族会社事業用宅地等の特例は適用できません。適用できない理由は、無償で会社に貸していた場合と同じです。

2-4.Q特定同族会社の定義についてもう少し詳しく教えてください。

特定同族会社とは、被相続人が亡くなる直前の時点で被相続人とその親族等の持株割合の合計が50%を超える会社をさします。被相続人と親族等で経営の実権を握っていた会社と考えることができます。

親族等には次にあげる人も含まれます。

1. 法律上の婚姻関係にはないが事実上婚姻関係と同様の事情にある人
2. 被相続人の使用人など被相続人から金銭などを受けて生計を維持している人
3. 上記1.と2.に掲げる人の親族で同一生計にある人
4. 被相続人やその親族、上記1.~3.に掲げる人で過半数を出資する法人
5. 被相続人と上記4.の法人で過半数を出資する法人

3.まとめ

ここまでお伝えしたように、亡くなった人が同族会社に土地を貸していた場合には、特定同族会社事業用宅地等の特例で相続税の減税が受けられます。400㎡までの部分の土地の評価額が80%減額できるという大きなメリットがある一方、適用するためにはさまざまな要件を満たす必要があります。

特定同族会社事業用宅地等の特例が適用できるかできないかによって、相続税の金額が大きく変わる可能性があります。亡くなった人が同族会社に土地を貸していたのであれば、相続税に詳しい税理士に早めに相談することをおすすめします。

過去2,000名以上のお客様の満足度は96.6%
知識ゼロでも安心・安全
税理士法人チェスターの相続税申告

一般的な税理士は相続税の申告を年に1~2件、行う程度です。一方でわたしたち税理士法人チェスターは、年間700件以上の相続税申告を毎年行っています。

相続税専門だからこそ、完璧な節税と細かい部分に手の届いたサービス、低コストを実現できます。例えば、私たちはこのような結果を実現しています。

【チェスターの相続税申告の特徴】
  • 税務調査が入る確率が平均30%と言われる中、チェスターの申告書は税務調査率1%という圧倒的な数字で業界の常識を覆すほどの結果を出してきました。

  • 年間700件以上、累計2,000件以上行った相続税申告の知識と経験・専門性を生かし、あなたの税金を極限まで節税・さらに罰金にならないよう安全な申告を10か月以内に行います。

  • あなたはチェスターの指示に従って、相続した遺産を誰にどう分けるか話し合うだけ

  • 報酬の透明化を徹底し事前開示をしています。業界特有の契約後の”不当な追加報酬”は絶対にしないとお約束します。

  • 多くの税理士がその場で答えられないような質問でも相続専門でやっているので即答することが可能です。

  • 品質10年保証。申告後もあなたの申告書の管理・品質を保証します。



もし、あなたが「税理士は誰も同じに見えて迷っている」という場合は、一度、相続専門のチェスターの特徴の詳細をご覧ください。


相続”のみ”を行うからこそできる「8つ」の強みがあります。


相続専門の税理士法人 チェスターの詳細な特徴を見る

SNSで最新情報をチェック